詰まった!!
僕の窮屈な頭蓋骨の中身。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久しぶりの出題に。
人をはめることばかりことばかり考えてると余詰なんてどうでも良いように感じてしまうこの頃。
そんな中作った詰将棋。
21手

そこまで人をはめる気はない、つもり・・・。21手

私の作図力の無さを克服するため・・・
榎○のばか詰強化計画


ためしに貼ってみた→banner2.gif
スポンサーサイト
異常な夢を見た
ハっと気がつけば、牛丼屋?お好み焼き屋?ラーメン屋?といった感じの店に居た。
私は10人位が座っているカウンター席(席は20~30あった)に座っていた。
知っている人は誰も居ない。しかし、みんな妙に親しい空気が流れている。カウンターの中に居る人は35歳くらいのおじさんで、おにぎりをにぎっている。カウンターの席の後ろは畳がしいてあり、そこには階段があって、地下にいけるようだった。店の広さは20畳くらいの相当な広さで、長細い形をしている。ここはどこだかわからない。とりあえず隣の人がラーメンを食べていて、逆の隣の人はお好み焼きを食べている。私もそれにならってお好み焼きを食べた。すると、隣の人がデザートを頼んだ。私は何の違和感も感じなかったが、今考えてみると相当おかしなことを言っている。
「ミクロコスモスください」
そしてでてきたのは超巨大なデザート。
はっきり覚えている。
まず60cm×20cmの広さに高さ15cm位の水槽のようなものにケーキが入っている。
まず、下にスポンジがあってその上に、薄いピンクのクリームがあり、そのうえに大量のイチゴがある。その上にまたスポンジがあり・・・そして一番上は生クリームがしいてある。そして、右側にはブドウとサクランボ、木苺が並んでいる。ブドウはそのまま一つ乗っている。その奥には巨峰があったかな。そして反対側は私から遠いところだったのでよく見えなかったが、メロンが乗っていたような気がする。
印象的だったのは、真ん中に、二つ、コーンつきのアイスクリームが乗っていることだ(乗っているというよりも、生クリームにささっている感じである)。それもちょっと大きい感じがした。そして、果物とが乗っていない余白部分には、生クリームのデコレーションが少しだけあった。そしてついてきたスプーンは非常に巨大だったが、小さいのもあった。実際は50~60人くらいもしかしたら100人級のパーティーにあるケーキのようだ。だが、一人で食べていた。
ところで値段が気になるところであるが、値段はいたって普通。
もちろん
1525円である。
税込み価格だった。
異常な安さだが、私には高く感じた。私はラーメンやらお好み焼きやらを食べた。おそらく30皿は食べたと思われる。
そして最後にミクロコスモスを頼んだ瞬間

目が覚めた。

なんの夢だったんだろう。
ひさしぶりの更新に・・・。
最近思ったことがひとつあります。
それは、なぜ私がHNを使っているのか・・・。
自分でチャモという名前を使っているのが、
訳わからなくなってきて
もはや本名のほうがいいんじゃない?みたいな空気に・・・。
という自己勝手なことですが、
私は今日から、本名で通していこうかと。
もちろんこれが本当の名前なのかは想像に任せますが、
私のもっているHPにも書いてある通り、
私の名前は「榎 政則」なので、
まあ苗字だけでいきましょう。名前もいれるとちょっとバランスがあれなのでね。
たまに初めて会った人にこういわれます。
「榎木」さんじゃないんですか。
違います。私は一文字で「えのき」と読むので
「榎」でいいんです。
ちなみに「榎」という木を見たければ、
有栖川公園にでも行ってください。
それから木の下にきのこが生えるのは自然の摂理です。
エノキダケはきっと榎という木の下に生えていたキノコだったんでしょう。
エノキダケを見たければ八百屋さんやスーパーマーケットに行ってください。
多分見ることができます。
まあどうでもいいことですね。

というわけで私はこれからネット上でも榎で通していきます。
よろしく。
なんかね~
余詰発見本当面倒臭いから!!
なんか絶対完全作だと思ったら変な追い方があって余詰あるし・・・。
で、何とか完成したと思われる図。
馬金詰

9手詰

久留島喜内作橘仙貼璧百十五番にちょっと感動しました。
ああ、将棋妙案にもあるのね。
とにかくあの捨て駒の意味が好き。あんな問題作りたい。

何この雷雨。
今日、ちょっと出かけた。まさに波乱の一日だった。
まず、自転車で家を出発。体感温度は35~40度くらい。
直射日光をあびながら、途中コンビニで氷系のアイスを買って、体を冷やすことに。
自転車の前かごにアイスが入っているが、それにしても暑い。しかし、氷はそう簡単には溶けんよ・・・。と思っていたが・・・。
5分後、信号が赤なので、その中をみる。普通は、黒砂糖くらいの大きさの氷が入っているはずなのだが・・・、なぜか巨大な一つの氷になっている。すこしやわらかい。嫌な予感がした。
20分後、また赤だったので、氷を見てみると、なぜか泡が立っていて、氷などどこにも見えない。それでも飲んでみると、氷水だった。
25分後、自転車駐輪場に自転車を預ける。その際飲んでみると、ぬるい。約25℃位のぬるま湯になっているではないか!!
まずくて飲めず、そのままゴミ箱へ。
そして、麻布近辺をうろうろしていたが、なにしろ暑い。
昼食とって、6時50分から津田沼に用事があるので、3時30分、茅場町から東西線にのる。がたごとゆれながら、「大道詰将棋の正体」を読んで、西船橋で寝た。八千代緑が丘で時間をつぶしてから北習志野へ行って新津田沼に行こうかなあ、と思っていると、寝過ごしました。
一駅隣の八千代中央へ。
しかし、空模様があやしい。異常に暗い。駅に入っても暗い。駅のホームから反対側へ移るときには、真っ暗だった。停電である。
なぜ?と思いつつも反対側のホームに立って、しばらくすると、、、
バリガリドシャーンboooo
と鳴り、火柱が立った。壮大な火柱だった。そして、何度もその轟音(160ホン位)が鳴り、子供が泣き出した。
はっきり言って私も相当怖かった。そして・・・、雨が・・・。
駅にはちゃんと屋根がついている。駅のホームの幅は約15mである。
しかし・・・。屋根の下でなぜか水を感じる。振り返れば、なんと煙が立ち恐ろしい音を立てながら全てを浸食するような雨!!
恐らく時間100mmはあるだろう、恐ろしい雨である。
いや、時間100mmどころではない。試験管を外に置いたら一瞬にして満杯になるだろう。そして、雷は鳴り続け2度停電。命の危険すら感じたが、電車がやってきて、ちょっと安心。扉が開き、乗ろうと(雨に濡れたくなかったので)走って電車の中に。
雨にひどく当たる長さは30cm~50cmであり、あたる時間は恐らく0.5秒位の一瞬である。しかし、

服がすけました。暑いので、Tシャツ一枚、びしょぬれに。
そして、電車の中に、大量の雨が振り込んできて、緊急で扉が閉められ、1時間待たされて復旧。3分寝過ごしただけで1時間30分はまたされました。

大変だった。
いろいろ・・・。
期末テストやら葬式やらなんやらでこの一週間全く暇が無かった。
というわけで、ここんところ、全然詰将棋にさわってなかった。(それでも麻雀は打ってた)
よってネタなし。
火星は何日で・・・
T先生「火星は何日で公転しますか~?」
TA君「・・・。」
IN君「TA君が3日で公転すると言ってます。」
TS君「すごい速さになるぞ(笑)」
私「計算してみよう」
TS君「火星と太陽の距離までの平均は228000000(2.28×10^8)だよ」
私「よし」

とまあ、ただの冗談ですが、ここからが冗談ではすまない。

私「火星が太陽を一周する距離は(2.28×10^8)^2 π(違)だね。」
TS君(無視)
私(このまま計算)
結果、約65000000km/sという結果に!!
なんと光速を軽く越える!!
まあ、当然円の周の長さはr^2πではなく2rπですね。
そして、もう一度計算すると・・・
約5600km/sになった。
光速の約1.5~2.0%という速さでやはり速いがこれは殆ど正確。
ちなみに太陽の脱出速度を8倍も越えているので、実際にこの速度で回転したら、どっかいっちゃいます。
ちなみに冥王星が3日で公転すると・・・、光速の45%くらいの速さになった気が
注)光速は299792.458km/s

ちなみに2の立方根(どうでもいい)は約1.25992104989です。
計算はしたものの使い道があるかどうかは微妙。
体積が2cm^3の一辺の長さは1.26cm位だあ、とはいえるけどね。
copyright © 2005 詰まった!! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。