詰まった!!
僕の窮屈な頭蓋骨の中身。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
何この雷雨。
今日、ちょっと出かけた。まさに波乱の一日だった。
まず、自転車で家を出発。体感温度は35~40度くらい。
直射日光をあびながら、途中コンビニで氷系のアイスを買って、体を冷やすことに。
自転車の前かごにアイスが入っているが、それにしても暑い。しかし、氷はそう簡単には溶けんよ・・・。と思っていたが・・・。
5分後、信号が赤なので、その中をみる。普通は、黒砂糖くらいの大きさの氷が入っているはずなのだが・・・、なぜか巨大な一つの氷になっている。すこしやわらかい。嫌な予感がした。
20分後、また赤だったので、氷を見てみると、なぜか泡が立っていて、氷などどこにも見えない。それでも飲んでみると、氷水だった。
25分後、自転車駐輪場に自転車を預ける。その際飲んでみると、ぬるい。約25℃位のぬるま湯になっているではないか!!
まずくて飲めず、そのままゴミ箱へ。
そして、麻布近辺をうろうろしていたが、なにしろ暑い。
昼食とって、6時50分から津田沼に用事があるので、3時30分、茅場町から東西線にのる。がたごとゆれながら、「大道詰将棋の正体」を読んで、西船橋で寝た。八千代緑が丘で時間をつぶしてから北習志野へ行って新津田沼に行こうかなあ、と思っていると、寝過ごしました。
一駅隣の八千代中央へ。
しかし、空模様があやしい。異常に暗い。駅に入っても暗い。駅のホームから反対側へ移るときには、真っ暗だった。停電である。
なぜ?と思いつつも反対側のホームに立って、しばらくすると、、、
バリガリドシャーンboooo
と鳴り、火柱が立った。壮大な火柱だった。そして、何度もその轟音(160ホン位)が鳴り、子供が泣き出した。
はっきり言って私も相当怖かった。そして・・・、雨が・・・。
駅にはちゃんと屋根がついている。駅のホームの幅は約15mである。
しかし・・・。屋根の下でなぜか水を感じる。振り返れば、なんと煙が立ち恐ろしい音を立てながら全てを浸食するような雨!!
恐らく時間100mmはあるだろう、恐ろしい雨である。
いや、時間100mmどころではない。試験管を外に置いたら一瞬にして満杯になるだろう。そして、雷は鳴り続け2度停電。命の危険すら感じたが、電車がやってきて、ちょっと安心。扉が開き、乗ろうと(雨に濡れたくなかったので)走って電車の中に。
雨にひどく当たる長さは30cm~50cmであり、あたる時間は恐らく0.5秒位の一瞬である。しかし、

服がすけました。暑いので、Tシャツ一枚、びしょぬれに。
そして、電車の中に、大量の雨が振り込んできて、緊急で扉が閉められ、1時間待たされて復旧。3分寝過ごしただけで1時間30分はまたされました。

大変だった。
スポンサーサイト
copyright © 2005 詰まった!! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。