詰まった!!
僕の窮屈な頭蓋骨の中身。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あと1時間?なんだ、まだ8760分の1も残ってるじゃないか
さあ、一年の8760分の8759がすぎたところですが。
今年はだいぶ早かったですね。
で、今回詰将棋にはじまり、ばか詰を経由して、音楽関係が多くなってきた感じなので、音楽関係で終わらせる予定です。

ということで、今回買ったCDを以下に。
①Alkan 演奏者:Mark-Andre Hamelin
②リスト、ハンガリー狂詩曲全集 演奏者:シドン
の二枚
①に関しては、ちょっと特殊な事情で手に入ったんですけど。
そろそろ廃盤になるかも、みたいな危機感すら漂わせるマイナーな曲ばっかり。内容はすばらしいのに。
②は、続きに詳しく書く予定。

今年(Pfで)弾いた曲は以下に。
ツェルニー40番全般
ショパンエチュードop12:9,op25:7
リストハンガリー狂詩曲:2番,6番,13番
リストスペイン狂詩曲
アルカン大ソナタ

習ったのはこれくらい。なんかやけに偏ってる気もする。
スペイン狂詩曲は、3日前から弾きはじめただけ。

大ソナタは、普通に近所迷惑。さすがにちょっと気がひける。
今日防音装置?がついた。

ちなみに、今年は連打音をだいぶ練習した。
リストには必須だ。


///////////////ちょっと休憩////////////////////
将棋部崩壊寸前物語
①部長のやる気のなさが半端ない
途中で、もう将棋部に行かない宣言まであった、危機的状況。
今は戻っているが、それでも、仕事を全くこなさない危うさ。
②部員の気力の低下が半端ない。
私の棋力は今、将棋会館で2~3級ってところでしょうか。
もしかしたら4級程度になってたりして。
一時期は初段にも余裕で勝ってた時が・・・。
これは当然他の部員でにも言えることで・・・。麻雀打ちすぎ。
③とにかく下品
これに関しては書く必要なし。部員はこれが普通だと思いすぎ。
④二次元が・・・
もはや論外。
⑤会計が将棋部脱出事件
もはや幽霊部員。

ほかにも賭け事がやばい、等の問題があって、あと3ヶ月もつだろうか。いや、8ヶ月か。
//////////////////////////////////////////////////
で、弾くのはおいといて、作曲のほう。
ポーカーにはまってた時期とかは、ポーカーのテーマやらを作ったり、
テスト中は鬱病のための狂詩曲とか作ったり。
とちゅうで、減2度(半音)にはまって、連発してたりした。
MIDIで作れ、といわれているが、無視し続けた。

CD作るらしいね。そのころにはMIDI化されてるとおもうから載せると思う。
にしてもリストの影響受けすぎだな。
ちなみに全部Pf曲。

////////////ちょっと休憩//////////////////////
詰将棋はどうなったか。
解く力はそんなに落ちてないと思うんだけど、最近勘が鈍くて作れない。
ばか詰とかFMに頼りすぎだし・・・。
/////////////////////////////////////////////


~~~~~~~~~宣伝~~~~~~~~~~~~~
はぁ。リストのハンガリー狂詩曲集を続きに載せときます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

昨日あたり、フセイン元大統領の死刑が執行されたようですね。
死刑制度はだめだよ、やっぱり。
昔もこんなこと書いたっけな。
フセインを終身刑にするならともかく、死刑とかテロ増やすだけでしょ。
そもそも命の尊厳が失われるよ。
1人殺したために、2000人が死ぬのは意味がわからない。
そもそも何百人殺した罪は1人の死によって償われるわけが無いでしょう。

以上。
[あと1時間?なんだ、まだ8760分の1も残ってるじゃないか]の続きを読む
スポンサーサイト
1年を振り返れ
今年を振り返ろうの会。案外昔は覚えてないものだ。
1月→まったく覚えとらん。将棋部の部室でポーカーばかりやってた気が。ブログはじめたのこのとき。
2月→同上
3月→同上
4月→賭け事がバーストしてた時期だな。
5月→なにごとも不調だったっけか
6月→なんか借金地獄に陥ってたような。
7月→3年ぶりの赤点回避の通知表だっけか。まだまだ借金地獄。祖父が亡くなった。
8月→借金が夏休み中になくなるんだよな・・・。
9月→一番長く感じた月だった。日本銀行に行ったり。
10月→また(以下略
11月→選挙で熱くなってたっけな。
12月→まだ終わってない。読書にはまった時期でもある。

以上。
寒っ!!
なんか今日は異常に寒いっていうか、これが普通か。
風が冷たいよ。

でもって、、、何書くか・・・。

書きたいことが無い。(以下愚痴)

そもそも日記を他人に見てもらうっていうのがおかしいわけで・・・。
で、なんで、こんなに流行るンだ?
という波に乗せられて書いてからいままで続けてきたけど・・・。
今日で194回目。もう少しで200回だな。。。
はじめたのは1月3日だけど、計画したのは1月1日だから、
とりあえず1月1日にはじめたと計算。
明日明後日と二日分しかないから・・・、一周年で200回ってのは、無理だな。いや、無理やり2日間で5回更新するか・・・。それもありか。

さて、あと二日くらいで詰将棋を完成させなきゃ。

あとばか詰は間に合った。良かった。
真夏日和
え~と、今日は暑くて、風が吹くと涼しいですね、、、
って本来この季節なら、今日は暖かくて風が冷たいですね、と言いたいのに・・・。
今日は暑くて、風がさわやかな感じでした。はい。
で、発狂寸前なのが、以下の理由。
昨日ばか詰投稿したところ、今日という締め切り当日に、
なんと類似作だという知らせが。
で、作り直しにはいってるのだが、あと時間は2時間半、もう5つの没を出しながら奮闘中、なのにもかかわらず、FMはあざ笑うように余詰を169個も306個も出しやがる。作為27手なのに、11手でこんなことになってるんじゃもう駄目だ。
小春日和
今日は本当に暖かい。
というか暑い、と感じるときさえあった。
風がさわやかで・・・、春ですか?といった感じ。
昨日はあんなに寒かったのに。
で、こういう日を小春日和というんだな、と納得。

で、異常気象だな、ということにも納得。
しかし、すでに異常気象といわれて3年くらい、もう異常が常になってきてるから異常ではないな、と思ったり。

で、春は眠いと決まってるもので、今日は一日眠かった。

なんか意外とやるきのない冬休みになってるなあ。
あと4日で年が明ける。
う、、、時間が経つの早すぎ・・・。
やけにひどい雨と寒さで外に出たくないのに、明日、明々後日、明々々後日と出かけなきゃならん。

あ~寒い。
今年も終わる
今年も今日を含めて7日で終わるとか。
一年の始まりを決めたのはどうせ人間だから、自然にはなんの影響もないんだろうけどね。

いつもなら年賀詰をつくるところですが、なにせ現在喪中なので、年賀詰というわけにはいきませんな。
なんで喪中だと、年賀状だしちゃいけないの。。。といいたいところですが、習慣だから仕方ないですね。
で、しかたないから寒中詰将棋でも作るのか、と思ったり。
でも暑中作ってないのに、なんかいやだなぁと。
というわけで、年賀詰じゃなくて新年詰とでも名前を変えますか。
あと1週間の猶予があるんで、ま、今から作ったら間に合うでしょう。
といってもネタがないけど・・・。
ラプソディックベートーベン
今日の一日の流れ
11:30、起床
12:00、「どすぱら」に電話をかけて無線LANの不調具合を言う
12:30、PCの再インストール
14:00、昼食
14:45、アルカンの「大ソナタ」を弾く
15:45、リストの「ハンガリー狂詩曲13番」を弾く
16:00、リストの「ハンガリー狂詩曲11番」を弾く
16:20、リストの「ハンガリー狂詩曲1番」を弾く
16:50、ベートーベンの「ピアノソナタ17番(通称テンペスト)」を弾く
17:10、ベートーベンの「ピアノソナタ?番(通称悲愴)」を弾く

以下1番23番といくわけだが、よくでてくるfsをめっちゃ強く弾くようになってきて、これもハンガリー狂詩曲1番の影響なわけだが。
そして、スピードの変化までついてきて、音量の変化はだんだん激しくなってきて、カプリチオーソからラプソディーになってきて・・・、
そして、遂に音符すら楽譜どおりじゃなくなってきて・・・、
途中で疲れてやめた。
苦手なんだけどね
昨日更新しなかったのは、
18:30~25:20まで出かけていたため。
町内会の忘年会とかで、印西市まで行ってきて、夕食とったあと、二次会に直行。
二次会がカラオケなわけですけど、歌える曲なんて一曲もねぇよ、という状態で行くのはつらい。
ま、聴くこと専門でしょ、見たいな感じなわけですが。

なんか異常に歌が上手な人(17歳女性)がいて、ちょっと感動。震えた。

ま、後の人はそんなにうまくないんだけどね。
あ、でも、結構いい声出してる人(40代?男性)いたな。
私の親(51&52歳)はあまり上手じゃない、ってか下手。
姉(20歳女性)は、ちょっとした技術を見せてくれた。
あと、見た目は小さい人(14歳?女性)は声も小さかった。うん。この人、小学3~5年かな、、と思ったら中二だとさ。びっくりした。失礼かな。
あと居た人では、
中二の人の親(50前後女性)はよく通る声だったが、謎の歌しか歌わない。
あと、私の父の隣に居た人(40代前半?男性)歌ってないような・・・。

私は・・・、気にしない気にしない。
飲んだドリンク=梅ジュース×2+梅ソーダ
ってあたりでなんか間違ってるしね。

以上。昨日の報告でした。

あと、一昨日の発表会は・・・、
直前に30分の練習により、なんとか暗譜に成功した。
が、本番で致命的なミスを一回してしまった。
あとスピーチ?にも失敗したし。
出場者は7人。
6人はYAMAHAの生徒。残る一人はゲスト(=私)
1人目、3曲くらい弾いてた。「金の唄」みたいな題名だったな。小学1年生くらいだろうか。2年生かも。女性。
2人目、「6つのプレリュード」とか言ってたな。ロシア人っぽい名前の作曲者だった気がする。小学3年生?女性。
3人目、何弾いてたっけ・・・、忘れた。でもこれとは別の発表会で弾いていない曲だとか・・・。小学4年?女性。
4人目、「ノクターン(2番)」ショパン作曲。これは有名すぎますね。ノーミスで最後まで弾いてた。8連符のトリルが10回くらい鳴ってたような気もするけど。小学5年か6年。女性。
5人目、「ソナタ(2楽章のみ)」ベートーベン作曲の通称「悲愴」。すこしミスが目立ったが、別に悪くはなかった。中学2年生。男性。
6人目、「ハンガリー狂詩曲(13番)」リスト作曲のマイナー曲。ミスが多かった。高校1年生。男性。
7人目、「ワルツ(1番)」ショパン作曲の通称「華麗なる大円舞曲」。装飾音符に切れ味が少なかった気がするが、あえてそういう弾き方をしたのかも。もう少し力があればいいのに。高校2年生。女性。

ただ、アップライトピアノというのは、どうも・・・。
連打音がうまくならない性質があった気がするので、連打の場所はゆっくりと。
そのあと片付け。これが面倒くさい。椅子を運べってだけの話なんだけど。

ああ、あとそれから7人目の人に一目惚れしたのは秘密だから。うん。
発表会?
今日ピアノの発表会やるらしいです。
でも、あまり練習してないです。
というか暗譜もしてないです。
というかまだ弾けない部分あります。
まだ思いっきり練習中です。
楽譜に誤植があって、気付いたのは昨日です。
ちゃんと楽譜みたのは昨日です。
というリスト作曲「ハンガリー狂詩曲13番」でした。

わははははー、しかもアップライトピアノらしいぜ~。
終わったな。
ちょっとマテや
何故昨日23時56分に更新したブログが抹消されてるんだ。
1日も休むことなく更新しようとして、10分前に気付いて携帯電話で滑り込むように書き込みしたのに。
ひどい・・・。
マウスが動かない!!
マウスが動かない。
これでは不便だ。
しかし、仕方がない。再起動すれば直るとしたものだが直すのもめんどくさい。

というわけで、キーボードだけの操作。
慣れると実はマウスより楽だったりする。
でもネットサーフィンには向いてないな。

こういうときはおとなしく動画を見てるに限る。
記憶が危ない
TVや新聞などで初めてみる記事。
そのときは新鮮に感じました。
しかし、30分~1時間経ってからそのことを思い直すと、あれ、前にも聞いたことがある気がするなあ、ということがよくあります。
ある人に聞くと、これは既視感というものらしいです。
まあ、最近これがひどすぎる、ってわけなんですが。
あらゆることが、知っていた気になる、っていう感じ。

自分が勝手に記憶操作してるらしくて、もうだめだぁ。
うわぁ~
またPCがネットに接続できなくなった。
今度は無線ランがいかれたようだ。
最近つくづく運がないな。

つくづく、ってこれであってるのかな?
つくずく、でもこれは不恰好だな。

でもって、家に帰ってきたわけですが、
なんか、アルカンの大ソナタの3楽章(40代:幸福な夫婦)にそうとうはまって。
1楽章のはやさもすごいし、2楽章の華やかさもすごいけど、
3楽章にすごい魅力を感じた。

なぜかな?
127枚
今日、中野にいるんですが、14時から18時まで散歩してました。
その時に、抽選で10円玉掴み取りというのが当たった人がいて1270円獲得してた。どういうルールでどういう手の大きさだったのかしらないが127枚はすごすぎでしょう。
671.5グラムです。さすがに多過ぎ(計算は暗算+αなので間違ってるかも。αがなにかは教えないけど)。
抽選引こうかと思ったけど混んでるのでやめた。
掴み取り見たかったな。
携帯更新、速さが劣って打ち込むの面倒なのでここまで。
朝更新
めったに午前中に更新することなんてありませんけどね。
でもやっぱり携帯電話よりPCのほうが打ちやすいわけです。

といって書く内容がないのも困りもの。
さてどうしようか。目の前にコンビニなどにあるアイスを買ったときに付属してくるスプーンがあります。
この不安定な形、短い長さ、なんとなく、不安定でどっちを持っていいのかわからないような形。食べてる途中に指についてしまうこともあるような短さ、どうせなら上下対称にすればいいのに、わざと崩してある形。といって折れないような短さ、何の形?といわれても喩えがない形。この長さが意外に適切かも、とも思わせる短さ、やっぱり不安定な・・・・・・・・・・・・・・・。

はい。無駄なこと並べてしまいました。
だって書くことないから。

木材で作られてて、紙で包装されている。
この不思議な物体はなぜ私の部屋に転がってるのか。

それ自体も不安定である。

不安定なアイスのスプーン。

ストレスがたまると噛んだり折ったりするようなスプーン。

適度に折れてくれて、けっこうすっきりするスプーン。

割れたところは、とげとげになって、やっぱり不安定になるスプーン。

実は意外に気にかけることのないスプーン。

環境破壊を感じさせるスプーン。

悪意は感じられないスプーン。

こんなけスプーンを並べると、スプーンって何だっけ、って思ってしまう。

だから今日はここまで。
明後日はいません。
今日二度目の更新となりました。
明日は親戚の家に泊まるので、明後日、家にいません。
でもブログは携帯電話から更新しようかな。

今日は、3時に出かけて11時に帰ってきました。
いった場所は東京芸術劇場。
中国の女性にピアニスト、チェン・サって人が演奏、
演奏した曲は以下のとおり
ベートーベンピアノソナタ23番(通称:熱情)
ショパンの幻想ポロネーズ
ショパンのワルツ全19曲

技術的に飛びぬけて難しい曲ではないため、逆に実力差がでやすい曲が多いですね。
ベートーベンのピアノソナタは、私が想定していた完成図とはちょっと違っていましたが、まったく癖はなく、聞きやすかった。
3楽章でリピートがなかったのが残念。
幻想ポロネーズは初めて(じゃないかな?)聞いたので、なんとも言えませんが、音が響きすぎてるような・・・。会場の問題だと思いますが。
ワルツは知っている曲が9曲位だったので、半分は知らなかったわけです。おかげで、次の曲にいつ行ったのかわからなくなったり。
つなぎやすい曲は、1秒の休憩もとらずそのまま次の曲にいってしまったりして、混乱したりする。
でも、その順番に違和感はなく、順番の組み方はすばらしいと思った。
弾き方は、優しく弾いてる感じがした。でも癖はない。

震える曲が3曲あった。
ピアノソナタと、幻想ポロネーズと、ワルツのイ短調。
イ短調といっても絞りきれないかな?
非常に簡単な曲なんですけど、ちょっと思い入れがあったりして、感動した。
思い入れがなかったら、ただ単にやりすごしていたかもしれないけど。
でも感動した。

以上。
書くこと決めてたんだけど
書くこと決めてたんだけど、何書こうとしていたのか忘れた。
昨日は諸事情により、2万円と4時間が無駄になるという事件がおきた。
私にとって、2万円はともかく、4時間というのがいたいので。
でも冬休み期間中の4時間よりは2万円のほうが価値がたかいか・・・。

何書こうとしていたのか、だいぶ思い出してきた。
たしか3つの中のどれがいい?みたいな話題だったんだけど。

あ、思いだした。

でも書いたところでねたが続ききらないと思うので、今日は書かなくていいや。

12月14日、もう一年の24分の23が経とうとしている。
今年は早かった。
ちなみに誕生日まで39日。
計算方法が微妙でちょっと計算に時間がかかった。

誕生日=1月22日
12月31日から1月1日まで1日

12月31日から1月x日までx日

12月31日から1月22日まで22日

12月14日から12月15日まで1日

12月a日から12月b日までb-a日

12月14日から12月31日まで17日

12月a日から1月b日まで31-a+b日

12月14日から1月22日まで31-14+22日

12月14日から1月22日まで39日

頭の中でこの思考プロセスを通るのに約10秒
この量を10秒でこなせたのはいいが、答えが出るまで10秒かかったというのではだめだ。

植木算らしきものは、考えれば簡単だが、なにせ直感ででないから・・・。

暗算といえば、6の6乗を暗算で計算してください、という問題。
小学生にはちょっときついかも。
6×6×6×6×6×6
まず、このようにしてから、
6×6×6=216
216×216
ここまでは誰でもできるんですけどね。
そこから先、がんばってください。

































































答え
216×216
=(200+16)(200+16)
=200×200+200×16×2+16×16
=40000+6400+256
=46656

これが一番楽だと思う。

ほかには
216×216
=216×6+216×10+216×200
=1296+2160+43200
=1296+45360
=46656
っていうのもありますが、これは記憶する数が多すぎてちょっと難しい。

そろばんやってる人はこういうのも簡単らしいですけどね。
権力
あなたが今一番欲しいものは何ですか、と聞いたとする。
小学生あたりでは、一番多い答えは「お金」はないか。
少なくともそう答える人は多いはずである。
中学生あたりでは、いろいろばらつきが出てくると思うが、
「時間」「彼氏(彼女)」「友達」(←悲しいか)
など。
ほかに固有名詞としてでてくるのではないか。
iPodだとかPS3だとかwiiだとかパソコンだとか・・・。
私はまだ大人になってないのでなんともいえないが、
おそらく、この質問によって導き出すことは恐らく不可能なもの。
それでも誰もが欲しいと思っているもの。
それは権力だとおもう。
権力とはなにか。
人の上に立つことができることだろうか。
人を命令して使うことが出来る、こういうのが権力だろうか。
とりあえず辞書を引いてみた。

けん・りょく
【権力】
[漢書(賈誼伝)]他人をおさえつけ支配する力。支配者が被支配者に加える強制力。「―の座につく」「―を振るう」「―権力者」
(広辞苑より)

なんかあまりいいイメージがないように書かれている。
このなかで、一番多い単語である支配という言葉。
支え配るとかいて支配と読むが、どうも支えるというイメージはない。

し・はい
【支配】
①仕事を配分し、指図し、とりしまること。古今著聞集(13)「宇治のおとど、成佐が弟子どもに―して、一日に三尺の地蔵菩薩の像を図得し」
②物を分け与えること。分配すること。<日葡>
③統治すること。
④ある者が自分の意思・命令で他の人の思考・行為に規定・束縛を加えること。そのものの在り方を左右するほどの、強い影響力を持つこと。「感情に―される」「―的に思潮」
(広辞苑より)

さて、こうみると、支配するのは大変だ。
なのに、なぜ人は権力を持ちたがるのか。

けんりょく・いし
【権力意志】
(wille zur machtドイツ)ニーチェ哲学の基本概念。他を征服し同化し、一層強大になろうとする意欲。ニーチェはこの意欲が単なる生存闘争ではなくて、存在の最奥の本質であり、生の根本衝動であると説く。
(広辞苑より)

なんだ、この哲学は・・・。
存在することは強大になろうとすることだ、ということか。

強大になるということは、大きくなるということで、内部が薄くなってしまう。そのために大きくなることは派閥や内乱を誘発してしまう。
これはどこでも同じことである。それなのに権力を欲しがるものなのか。
単なる生存闘争としての強大になろうとする意欲があるというならばわかる。それがないと生きていくことはできない。
ただし、生きることは、強大になろうとすることだということはどうも理解できない。ただ、そういう思想もある、ということか。

権力を握ったら何がおもしろいのか。
これはわかりやすいこと。自分の思い通りにいくのである。
自分の考えが通せる。そういう利点がある。
だが、権欲が征服欲にかわるとどうなるのか。
征服というと、いわゆるナチスドイツみたいなものを想像しがちだが、
辞書に書いてある内容はそっけない。

せい・ふく
【征服】
①征伐して服従させること。
②転じて、困難なことをなしとげること。「冬山を―する」
(広辞苑より)

では服従とは?

ふく・じゅう
【服従】
他の命令または意思に従うこと。「上司に―する」

つまり、征服欲というのは、他人を自分の意思どおりに動かしたいということだ。これを突き詰めればやはり自分のやりたいことを成し遂げるためなのではないか。
しかし、権力を得るということの根本は優越感に浸ることだとおもう。
自分が他人より優れていると思うと快感である。
これはなぜか。
はっきりいってわからないが、自慢したりするあたり、優越感というものはすばらしい快感なのであろう。
それに、その逆である劣等感は、非常に人は嫌う。
自分が劣っていることは駄目なことだと思う。
実際人の下に立つということは気分がいいものではない。
しかし、なぜ人は優越感に浸るのか、これは私はいくら考えても答えがでてこないが、それでも私は人より優れていたいものである。

結局パッとした答えは出てこなかった。

欲望はいくらでも大きくなる。それによって破滅していく人たちがいるというのに、なぜ生物には欲望という感覚があるのか。
不思議である。
殺すということ
よくある、「何故人を殺してはいけないの」という疑問。
今回はこれについて検討してみる。
さいきん自分の思想ばっか載せてる感じのブログになってきた。
まあいろいろ思うところはあるわけです。
ここで、よくある、やっぱり人を殺してはいけなかった、という答えを安直に出すのはつまらないし、かといって人を殺してもいいという結論にあたるのも微妙。さて、結論はどうなるのか。

まず、人を殺しても法律に引っかからない場合を考えてみる。
①戦争中
②死刑
③正当防衛
④安楽死&尊厳死(これは微妙か?)

思いつくのはこれくらい。
このなかの殆どは、当然警察沙汰とか裁判沙汰とかになるでしょうけど、とりあえず実刑が打たれなければ法律に引っかかるとはいわないでしょう。
では何故上記の場合は人を殺してもいいのか。
①戦争中
国家のためだから?敵国を倒さなければ自国が滅んでしまうから?
敵国を倒して、自国を豊かにしたいから?報復?
いろいろあるでしょうが、そのすべてに国家が絡んできて、
国民達の一人単位が小さくなってしまうから、何十人殺そうと、功あれど罪はなし、と。
国民が国家の細胞となって少し死んだくらいでは痛手ではないと。
よくわからない。
②死刑
死刑が実行される国は、日本、中国、アメリカ、トルコ、このくらい?
意外と少ない。おそらく(いや絶対)上記の国意外にも死刑制度がある国はあると思うけど、EU加盟国とかは死刑制度があってはいけなかったりするので。(だからトルコもそのうち廃止とか。もう廃止されたっけ?)
何故死刑を実行していいのかというと、その人間は明らかに社会にとって価値がないから。居たところで害があるから。
というのが根本的な理由でしょう。
もちろん、TVとかでは何人殺したとか、反省してないとか詳しい内容が流れるでしょうが。
人ごとに、死に対する価値は違うとおもうので、15年の懲役よりは死刑のほうがまし、とか思う人もいるかもしれないので、刑としてあるのはどうかと思います。それに、死刑は冤罪の対処が絶対に出来ない刑であり、懲役は、人生において大切な時間を相当無駄に浪費して、精神的にもくるということがあり、修復は厳しいとはいえまうが、はっきりいってお金による対処が不可能なわけではない。そういう点でも死刑はだめですね。
③正当防衛
自分が殺されるから相手を殺す。何が悪い。
この一見正論にきこえる理論。しかしそれが成り立つ場合は本当に少ない。
なぜ自分が殺されるくらい相手を怒らせたのか。
なぜ相手を殺せるだけの用意をしていたのか。
強盗などの防衛により人を殺した、などということは、確かに許せることではあるかも知れませんが、なぜ人を殺せる準備をもとからしてたの?と聞きたくなります。
でも首を絞めて殺すことは可能かもしれないので、ここには余り突っ込まなくていいでしょう。
問題は、相手が明らかな殺意を持って攻撃してきたことの反撃の正当防衛。これはたしかに相手が殺してきたのだからその人に罪があるのは当然。しかし、いわゆる喧嘩両成敗の考えで、正当防衛側にも罪はあるはず。
④安楽死&尊厳死
もう病気であと何日も命が持たない。苦しいのを見るのは嫌だし、本人に意識がなければ、費用もかさんで、だめ、こういうときに安楽死や尊厳死が登場します。
これに対して、倫理的な問題が絡むのは当然です。
たとえ、安楽死を家族が認め、医師も治すのが不可能だとしても、命を絶つという行為にはかわりない。
しかし、私が思うに、安楽死は認められるべきだとおもいます。
もちろん、本人が望み、家族も承諾し、医師も治す見込みが無いと判断したときに限りますけど。
まあ、これにたいしては良いとして、本人に意識がないときが問題。
こういう場合、家族の判断と医師の判断さえあれば安楽死はあってもよいわけで、ほかの人が人道に反するとして出てくるのは何かおかしい。
反していたところで、誰がそのせいで損をしたり苦しんだりするのか?
家族は了承済み、本人はもう思考できない。むしろ死んだほうが楽になれる(死んだあとのことは経験したことないんで本当に楽になるのか知りませんが)。これは問題ないでしょう。

というわけで、①②③は何かしら問題がある。
しかし、これは人を殺してはいけないという前提で成り立つ問題。
人以外に目を向けてみます。
たいていの哺乳類は共食いをすることはすくない。
仲間意識というものかな。
つまり、簡単に共食いが起こってしまうと、そのグループの命の重さがなくなってしまうということ。それはグループの崩壊を招くのは当然。
お互いに助けあっていかなければ、生きていくことは不可能なのだから、互いを殺したりは絶対にしない。
もし殺すことがあったとすれば、その存在が圧倒的に邪魔だった、殺さないと生きていくことが不可能だった、ということでしょう。

これは地球規模でもおこっていることです。
だから、食物連鎖があるんです。

と、案外簡単に結論がでました。

人を殺してもいいとなると、人の価値が薄れていき、国家の崩壊、人間という人種の崩壊を招く。
これを阻止するために、人を殺してはいけないんです。自殺も同様です。
命は重いものでなければいけません。これは人間の文明が続くための絶対条件なんです。
殺させないために、道徳で縛り、法律でも決めてあるのはこういうことなのですね。

どこかの宗教が言ってるように、人を愛しましょうというのは、憎しみを実行させることは、人間の崩壊を招くから。
だから、人を殺してはいけない。
戦争はもちろんだめだし、死刑は駄目。命が軽い国だと思われる。正当防衛はなんとも言いようが無いが・・・。
安楽死に限っては、命は重い。しかし、その重さに耐え切れないための行為。しかし、自然に人が死ぬもので、それを抑えるのもまたおかしなはなし。殺すというよりは生を終えさせるといったほうが正確でしょう。死ぬものをとめる必要はありません。

殺すことがないほどの連帯感、愛情がなければ、人間という存在は崩壊してしまうということです。

以上。
書くことないから・・・
書くことないから、変な話します。

え~と、友達の範囲を超えた関係で、それが異性なら、まあよくあるわかりやすいやつですが、同性の場合って?
世の中の10人に一人は同性愛者なわけですが、同性愛ってどっからなんでしょう?
まあ、私は女性ではないので、男性の立場から話しますけど。

普通、同性同士のほうが、仲の良い人が多いはずです。
中には深い絆で結ばれている、いわゆる「親友」(ジャイアン風に言えば心の友とか)とか言いますね。
こういう関係の人達を同性愛とはいわないでしょう。
(そういう意味ではない愛情はあるかもしれませんが・・・)
じゃあ、同性愛ってどこから?
考えるに、同性の人を異性の人に愛情を持つのとおなじ感覚に見てしまうとか、そういうことでしょうか。
とすると、見つめあったりして、ドキドキしたり?
手をつないでみたり?
・・・どこまでもエスカレートしそうなものですが、果たして10人に一人もそんな人いるのか?
まあ、どうせ同性愛なんて片思いしかいないだろうけど・・・。
私の話では、いくら同性で仲の良い人と一緒に居たって、そういう状況にはなったことないから、深くは突っ込みませんけど、
ここで言いたいのは、相当同性で仲がいい人を見ても、同性愛者と決め付けるな、と。
別に私が言われたわけではありませんけどね。
といって、同性愛者を差別する気はまったくありませんけど。

ところで、アメリカ合衆国あたりで、同性の結婚が認められるか否か、という問題が挙がってますが、
これはありえないでしょう。
そんなに結婚したいんだったら、二人で契りでも結んで同居すればいい。
結婚はありえない。
そもそも結婚の本質から外れてる気がするし。
しかも結婚式に参加する人たちの気まずさがやばそう・・・。特に親戚達とか・・・。
しかしこういう問題が挙がってる以上、同性愛は問題?
でも、流石に人間以外と結婚したいって言ってる話は聞いたことがありませんね。

で、私の学校には、男子が約1800人居るわけですが、
統計上は、180人が同性愛?
ってことは、その中の一人が10分の1の確立でヒットするってことは、
18人がヒット?
9組できる?
いやいや、、まさか・・・。
いや、わからんぞ、案外変人多いからわからんぞ。
いや、落ち着け、どうせいわゆるオタクが多いんだ、もうちょっと同性愛者の確立は低いだろ、、、
うん?いわゆる二次元好きって同性愛よりひどくないか?
しかし、比率的には、そっちのほうが多い・・・。
う~ん、、、人間は謎だ。
ってか、そういう人達が集まるような入試をつくる先生方はすごい。
すごいっていうか、怪しい・・・。
普通に考えてそういう愛情持つなら、異性の人に対して持て、と。
何人にも持つのはアレですけど。

・・・本当に差別しないようにこういう記事を書くのは大変だ。
まあ、普通の人と違う人を差別するんだったら私もされてるけど。

そういえば男女の差別用語としていろいろ言葉が消えていってるけど、
やりすぎでしょう。
伝統的な名前まで消去されるでしょう。
そういう、多少の差別は残っても、文化は大切なんじゃないか?
まあ、歴史にこだわりすぎるのもよくないとは思うけど・・・。
女性と男性はあきらかに違うんだから、多少の区別はのこっていいでしょう。
だいたい看護婦っていっちゃいけないってのが本当に理解できない。
そんなこと言うんだったら、彼と彼女っていうのも差別になっちゃうじゃん・・・。


・・・変な話をして、すみません。
いや、最近このブログを作った目的の詰将棋が全く無いなァと。
でも、これが作ろうという気が起きないんだな。
やはり喪中で年賀状が出せないってのが一つの原因だな・・・。

あぁ・・・。
PCを買ってみる
PCを買ってみる。といっても買ってもらっただけ。
無線LANをつけるとフリーズする。
どうも相性が悪いらしい。

う~ん・・・。

とりあずオフラインで使ってみる。
ソフトの少なさを別にすれば、そうとう早いな。
いや、このPCが遅いだけか。

さて・・・、なんか重大なことを忘れているような・・・。
今日からね。
今日から冬休み。
なんといっても早い。
今日のテスト、
英語も古文も明らかに間違ってる解答はしたけど、そこまでネタじゃないのでここでは割愛。

さて、この冬休みは地味に忙しいのです・・・。
ま~、なんというか、今年の冬の目標は「学習」でいきます。
湿度
なんか、最近ブログの湿度が上昇してきたので(60%くらい?)、
20%以下に引き戻しましょう。
まあ、湿度というのは湿っぽさで、、、まあどうでもいいや。
今回のテスト、分からないところはふざけて書いてます。

数学b→時間ないのでふざける余裕なし。
漢文→【雖】という字(だったと思う)の読み方を書けという設問で「くちむしおおとり」とかね
地学→「山賀」(内輪ネタですみません)

物理→「公式忘れました、すみません」
現代Ⅰ→指定語句があるのに「(指定語句)の意味は判らないが」
家庭科→「塩でも入れるんじゃね?」

数a→ふざける解答欄が無かった(全部埋まった)
英語Ⅰ→和訳問題で英語をカタカナに直して書いただけ。
現代Ⅲ→「早い者勝ち」という条約

現代文→作者名:「アダム=スミス」題名「国富論」、etc...
現代Ⅱ→あれ?ふざけるの忘れた
化学→裏に周期表書いといた。

明日は英語Ⅱと古文だぁ。
できることならふざける空欄が無いことがベストだが・・・。
もう一週間経ってるのか・・・。
12月がはじまってもう一週間。
まだ2日くらいしか経ってない気分なのに。

最近感じる時間が2~3年前にくらべて3倍くらい早くなってる気がする。ちょっと気を抜いていたら30分経つとかいうのもよくある。

楽しい事をするときは時間が早く過ぎて、嫌なことをするときは時間が遅くなる、みたいなことはよく言われますが、
最近は嫌なことをするときでさえ早く感じるんだから異常。

この一年はめっちゃ早かったし、おそらく来年もだろうか?

今私は15歳なわけですが、あと1ヶ月と15日で16歳になるわけですね。
まあ、小学生のころとかは憧れていた16歳なわけですけど、
今思えば早すぎると。

医学が無ければ、人間は、役割を終えた時点で死ぬはずですから、
14~18+10(子供を2~3人作る年齢+子供が自立できるまでの年数)で24~28歳の時に本来の寿命がやってくるはずなんですよね。
まあ、現在は70越え、80越えが普通になってますけど。
そう考えたときに、既に半分越えていると・・・。

何考えても、時間の進みが遅く感じることはないので、
今を楽しめばいいってことですかね。

そもそも近代社会なんてどうせ1000年も持たないのに、なんでこう発展をしつづけるんでしょう?
なぜ、自分は死ぬのに歴史に名前をのこそうとするのでしょう?
遠い遠い未来では、宇宙が崩壊するのに、なぜ私達は生きてるのでしょう?

科学的に言えば人間原理なのかな・・・。
すでに神が存在することはないと、証明寸前(もうされてるのかな)というところで、
では何故宇宙が存在するのか、という疑問に対し、
私(人間)に確認させるため?
みたいな。(説明が下手すぎて訳がわからん)

そう考えたら、私が死んだ時点で宇宙の役目は終わるのだぁ~

・・・ま、そんなことは私には確認できませんな。

読み返してみると何が言いたかったのかわからん。

とりあえず時間はええよ。遅くなってくれ。
(遅くなったところで、すべてが遅くなるから感じる速さは変らないということに気付いたのはずいぶん前だ)
スキップ
今気付いた、、、ここ4年くらいスキップ走行?をしていない!!
スキップを覚えたのが小学2年生のころでしょうか?
それから最後にスキップしたのは小学生のころだとは思いますが、正確な時期は覚えてない・・・。
ウノのスキップなら1年くらい前にもやってるけど。

ここで、スキップのことについて調べる。
■飛び跳ねながら歩く動作のこと。
■スキップ (情報番組)は、北海道テレビ放送の情報番組。
■カーリングの主将を指す語。
■北村薫の小説作品。
■コンピュータゲーム会社ラブデリックから分裂した会社の1つ。SKIP
■HDDレコーダー等のデジタル機器で、録画映像を飛ばして観る機能。
(wikipediaより)
う~む、なんというか、名詞が多いな。

スキップ【スキップ】
[意]左右数歩ずつかわるがわるに片足で軽く飛びながら進むこと。
(携帯電話の辞書より)
おいおい、飛んでどうする、普通跳ぶだろ、、、

とぶ【飛ぶ】
[意]地面を離れて空中を進む。はねて空中にあがる。切られてなくなる。切れてなくなる。急いで行く。すみやかに伝わる。
[例]空を飛ぶ・アフリカに飛ぶ・首が飛ぶ・うわさが飛ぶ。
(携帯電話の辞書より)
首が飛ぶ、とかうわさが飛ぶとかは別にして、滞空時間があるみたい。
やはり、スキップは跳ぶが適切ですね。

いや、話題がそれた。なんでスキップの話題になったかというと、
駅から出て、歩いているときに、スキップしている少年を発見、ああ、そんな歩き方もあったなあ、あれ?最近スキップしてないぞ、
と思ったことが発端。
スキップといえば、やはり嬉しい時、有頂天なときにする、というイメージがありますね。細かいスキップを利用すれば、人ごみの中を駆け抜けるのに便利ですけど、とりあえず、嬉しい時にスキップをする、ということでしょう。

ということは、最近嬉しいことがないのか?
いや、高校生がスキップする、ってほうがおかしいのか?
それとも、体が重くなって、体力がないのか?

う~む、、、

すべて該当するような気が・・・。
体重は52kgと、相当軽いほうですが、
筋肉ないので・・・。
小学生はよくスキップするところ見かけるけど、中学高校大学の人たちはがスキップするところは見かけないなあ。

と、無駄に結構長い文章になってしまったので、ここでやめておきます。
おい、、、飛び込み自殺はやめてくれ(事故かもしれないけど)
今朝、東西線が止まりました。
その経緯を載せていきます。

八千代緑が丘到着
7時45分の電車に乗る予定だったので、7時40分に自転車で到着。
なんか放送が流れてるけど、きっと選挙の放送だろう。

八千代緑が丘駅到着
放送は駅で流れているようだ。なにか言ってるが、どうせ女性専用車のことであろう。

八千代緑が丘駅ホーム到着
やけに人がいるなあ。電光掲示板の様子がおかしい。どうかしたのか?
あれ?放送が大手町で人身事故といっておる。めんどくさいなあ。

電車到着
ふ~む、いつもならすわれるはずの電車が混んでいる。すわれないなあ。

電車に乗る
まあ、やけにひとが多くて迷惑だ・・・。

船橋日大前到着
うん?同級生が待っておる。あいつはたしか7時30分頃の電車にいつも乗ってたなあ。
それにしても人がおおいのう。

北習志野到着
うえ、人がたくさん乗ってきた。だいぶ体が接触するなあ。
降りる人もたくさんいるなあ。

飯山満到着
いつもがらんとしている飯山満になんでこんなに人が居るんじゃあ。
圧力が無い状態で飽和状態に。

東海神到着
うわ~結構降りるよ~。いつもここで降りる人すくないのに~。

西船橋到着
だんだん圧力がかかってくる。内ポケットに入ってるPSP大丈夫かなあ。

原木中山到着
何人か乗ってたようだ。

行徳?南行徳?浦安到着(駅名覚えてない)
ぐぇぐぇ、、、約30kg位の圧力がかかる。

発車
なんですか、この慣性の法則。約50kg位圧力かかってますよ。
苦しい・・・。

東砂町?到着
なんかお姉さん(25歳くらい)が乗ってきて、バッグがドアにはさまれてるよ。駅の従業員がそのバッグを押し込んでいる。

その次到着
6人くらいの女子(15歳くらい)が乗ってきて、悲鳴を上げながら、一旦外に出ようよ、とかいいながら降りようとするが、バッグが引っかかって降りれない人が一人。10秒くらいの戦闘のち降りることに成功したようだ。そして、僕の目の前にはおじいさん(60代かな?)がいて、ちょっと怖い感じだった。

その電車の中
なんかおじいさん(60代かな?)が睨みつけてくる・・・。怖い。
とか思ってたら、優しい人だった。
なんでやさしい人なのか分かったのかは秘密だ。

次の駅到着
降りようとした人が、「降りる」と言って、(ちょっと怒り気味に)無理やり出ようとしてくる。「お前ら全員電車から降りろ」見たいな事言って、はあ?見たいな感じだった。いや、まあドアの前に居る人は降りたほうがいいと思うけど、全員ってなんじゃ。

電車の中
携帯電話でニュースを見る。
やはり人身事故のことは書いてあったようだ。

東陽町到着
まあ、ちょっときついラッシュみたいな感じであとは普通ですな。

茅場町到着
簡単に降りれた。

茅場町乗換え
人が多い・・・。なかなか先にすすめず・・・。

日比谷線に乗る
ふう、ようやく座れた・・・。

霞ヶ関到着
「終点です」な、、、なに~~

霞ヶ関
霞ヶ関行きって(茅場町で)7時58分くらいにしかないんじゃないの?とか思いつつ、次の電車を待つ

日比谷線に再度乗る
疲れた・・・。

広尾到着
う~む、、8時10分、まあ、あまり被害は無いかな・・・。

麻布学園到着
ああ、チャイムが鳴っておる・・・。

高1の3到着
なんということであろー、まったくやってない物理のテストが始まった。

物理の試験
公式忘れた。

世界史の試験
なんで1分前にみたノートの内容を覚えられん。

家庭科の試験
記述多すぎ。ほぼ書き続けていたのに、書ききれなかった。

体育の試験
待ち時間長すぎ。

帰り
12:00過ぎちまった!!なんてことだ!!

家到着
ふう。

昼食作り
ラーメン作って、じゅうたんの上にこぼして手を火傷。今日は厄日か?

ブログ書く
これがまためんどくさい。なんてことだ。

ピアノ弾く
まあ、未来のことですけど。

夕食
まあ、未来のことですけど

勉強
まあ、予定未来のことですけど。

寝る
まあ未来のことですけど

起きる
まあ未来のことですけど

明日の試験
ぐにゃ~、まったくわかんねえ

・・・・ということで、飛び込みはやめましょう。
飛び込むなら、ローカルな線路でに飛び込んでくれ。
とくにテスト期間中とか、賠償金請求するぞ、、みたいな。

疲れた・・・。
おもしろい記号があるものだ
さてさて、、、非常いに大きい数を表したいとき、10進法ではおいつかなくなってしまうことがあります。

そこで、大きい数の表し方として、たどってみた。
小学1年で、1~10までを習います。
小学2年で、1~1000までを習います。
小学3~4年で、1~1000000000000(1兆)までを習います。
ここまでが小学生の範囲といったところでしょうか。あと、掛け算で、わかりやすくあらわすなんてこともしますかね。
中学生で、n乗というものを習います。
これによって飛躍的に大きい数字をあらわすことも出来るようになりました。
さらに高校生になれば、対数を習います。
これで、簡単に大きい数字をあらわすことができるようになりました。
ただ単に大きい数字を示すだけなら、階乗というのもあります。
10!=3628800と、飛躍的に大きい数字をあらわせました。
ここからは、習わないのかな、、、
超階乗というものがあります。
3$=3!^3!^3!^3!^3!^3!というものです。
つまり、n$は、n!をn!回n!乗します。
これで、恐ろしく大きい数をあらわせます。
ほかに、1googol=10^100というのもあります。
しかしそれでも追いつかない数を表したいとき、

という記号があります。
3↑4=3^4
3↑↑4=3↑↑(3↑↑3)=3↑↑(3↑(3↑↑2))=3↑↑(3↑(3↑3))=3↑↑(3↑27)=3↑↑3^27=3↑↑(3^(3^27-1))=3↑3↑(3^(3^27-1))-1
=3^3^[{3^(3^27-1)}-1]
と、一瞬にして莫大な数になります。
さらに。。。
G(x)というすごいのがあって、
G(6)=3↑↑↑↑↑↑3
G(8)=3↑↑↑↑↑↑↑↑3
ちなみに、G(4)で、恐らく宇宙に原子を詰め込んでもあまる数だと思います。G(3)でも埋まっちゃうかも。

恐ろしい・・・。
明日から一週間
明日から一週間、月火水金土、と2学期末試験があります。
さて、明日は、地学、漢文、数b
今回は全く危機感がないのはなぜだろう。
数bについて少しやっておけばいいかな・・・、と。
という数bは数列。
まあ、いくらでも難しくなる題材なだけに、高得点はきついと思うけど。
教師の評価だとぅ
なんか自殺対策だか、いじめ対策だか知らんが、教師の評価をする政策をとるのはだめだろ。
許しがたいものがある。
そもそも、それいじめ対策になってないし。
親は面談の時にしか教師に会えないのに、それを評価するのもよくわからんし。

教師の立場からみても、精神的に重荷になるだろうし・・・。

評価しろなんて紙が配られたら私はその場で破り捨てちゃうよ、本当に。
copyright © 2005 詰まった!! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。