詰まった!!
僕の窮屈な頭蓋骨の中身。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ラプソディックベートーベン
今日の一日の流れ
11:30、起床
12:00、「どすぱら」に電話をかけて無線LANの不調具合を言う
12:30、PCの再インストール
14:00、昼食
14:45、アルカンの「大ソナタ」を弾く
15:45、リストの「ハンガリー狂詩曲13番」を弾く
16:00、リストの「ハンガリー狂詩曲11番」を弾く
16:20、リストの「ハンガリー狂詩曲1番」を弾く
16:50、ベートーベンの「ピアノソナタ17番(通称テンペスト)」を弾く
17:10、ベートーベンの「ピアノソナタ?番(通称悲愴)」を弾く

以下1番23番といくわけだが、よくでてくるfsをめっちゃ強く弾くようになってきて、これもハンガリー狂詩曲1番の影響なわけだが。
そして、スピードの変化までついてきて、音量の変化はだんだん激しくなってきて、カプリチオーソからラプソディーになってきて・・・、
そして、遂に音符すら楽譜どおりじゃなくなってきて・・・、
途中で疲れてやめた。
スポンサーサイト
苦手なんだけどね
昨日更新しなかったのは、
18:30~25:20まで出かけていたため。
町内会の忘年会とかで、印西市まで行ってきて、夕食とったあと、二次会に直行。
二次会がカラオケなわけですけど、歌える曲なんて一曲もねぇよ、という状態で行くのはつらい。
ま、聴くこと専門でしょ、見たいな感じなわけですが。

なんか異常に歌が上手な人(17歳女性)がいて、ちょっと感動。震えた。

ま、後の人はそんなにうまくないんだけどね。
あ、でも、結構いい声出してる人(40代?男性)いたな。
私の親(51&52歳)はあまり上手じゃない、ってか下手。
姉(20歳女性)は、ちょっとした技術を見せてくれた。
あと、見た目は小さい人(14歳?女性)は声も小さかった。うん。この人、小学3~5年かな、、と思ったら中二だとさ。びっくりした。失礼かな。
あと居た人では、
中二の人の親(50前後女性)はよく通る声だったが、謎の歌しか歌わない。
あと、私の父の隣に居た人(40代前半?男性)歌ってないような・・・。

私は・・・、気にしない気にしない。
飲んだドリンク=梅ジュース×2+梅ソーダ
ってあたりでなんか間違ってるしね。

以上。昨日の報告でした。

あと、一昨日の発表会は・・・、
直前に30分の練習により、なんとか暗譜に成功した。
が、本番で致命的なミスを一回してしまった。
あとスピーチ?にも失敗したし。
出場者は7人。
6人はYAMAHAの生徒。残る一人はゲスト(=私)
1人目、3曲くらい弾いてた。「金の唄」みたいな題名だったな。小学1年生くらいだろうか。2年生かも。女性。
2人目、「6つのプレリュード」とか言ってたな。ロシア人っぽい名前の作曲者だった気がする。小学3年生?女性。
3人目、何弾いてたっけ・・・、忘れた。でもこれとは別の発表会で弾いていない曲だとか・・・。小学4年?女性。
4人目、「ノクターン(2番)」ショパン作曲。これは有名すぎますね。ノーミスで最後まで弾いてた。8連符のトリルが10回くらい鳴ってたような気もするけど。小学5年か6年。女性。
5人目、「ソナタ(2楽章のみ)」ベートーベン作曲の通称「悲愴」。すこしミスが目立ったが、別に悪くはなかった。中学2年生。男性。
6人目、「ハンガリー狂詩曲(13番)」リスト作曲のマイナー曲。ミスが多かった。高校1年生。男性。
7人目、「ワルツ(1番)」ショパン作曲の通称「華麗なる大円舞曲」。装飾音符に切れ味が少なかった気がするが、あえてそういう弾き方をしたのかも。もう少し力があればいいのに。高校2年生。女性。

ただ、アップライトピアノというのは、どうも・・・。
連打音がうまくならない性質があった気がするので、連打の場所はゆっくりと。
そのあと片付け。これが面倒くさい。椅子を運べってだけの話なんだけど。

ああ、あとそれから7人目の人に一目惚れしたのは秘密だから。うん。
copyright © 2005 詰まった!! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。