詰まった!!
僕の窮屈な頭蓋骨の中身。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Op.63 No.10
アルカンの49曲からなる、小曲集、Op.63、エスキス全集。
長調と短調を二週して、ハ長調に戻ってきて終わり。

曲の正確は多種多様で、バロック音楽から、ロマン派の音楽、古典派、どれにもあてはまらない、現代音楽っぽいのも混ざってます。

で、昨日、そのなかの、一フレーズがずっと頭の中に流れていたのですが、どの曲だかわからず。

そして、全曲聴いてみようと思ったら、10曲目にありました。

Op.63,No.10,非難(叱責)
この曲はいきなり変な和音(分散してる)が飛び出てきてびっくりします。
その曲のコーダの部分がずっと頭のなかに流れていたわけです。
スポンサーサイト
火曜日に
火曜日にもなると、ネタが尽きてくるな。

今日は、、、特になにもない普通の日でした。

2次元×2次元=4平方次元

とかいうネタを飛ばして終了した。
にわにはにわ
にわとりがうらにわにわにはにわにはにわにはにわにわにわにわにはにわにはにわにはにわにわにわにはにわにはにわにわにはにわにはにわにわにはにわにわにわにはにわにはにわにはにわにはにわにはにわにわにはにわにわにわとりがいた

鶏が裏庭に鰐埴輪には二羽に埴輪二羽、庭に鰐埴輪には二羽に埴輪二羽。庭に埴輪には二羽に、鰐埴輪に埴輪二羽、煮埴輪庭に鰐埴輪には二羽に埴輪には二羽、煮埴輪に鰐、埴輪、二羽鶏がいた。

48回並べてみた。
意味は適当。
煮埴輪=煮た埴輪
鰐埴輪=鰐の埴輪
埴輪二羽=鶏の埴輪が二つ
ふざけんな
なんだ?すごい熱をいれて巨大数の解説をしたのに、全部ふっとんだぞ?
どういうことだ!!

ああああああ~~!!

発狂寸前だぁ

つまり、
a→b→c→d
a→b→(a→b→c-1)→d-1
ってことだよ!

つまり、
3→3→3→3
=3→3→(3→3→(3→3→2)-1)→1
=3→3→(3→3→7625597484986)
ってことだ!

ちなみに
a→b→c→1=a→b→c
だからな!

グラハム数は、
3→3→[3→3→{3→3→(3→3・・(64回)・・)}]ってことだ!
PCの画面はぶっこわれるし、
IEの調子はおかしいし・・・!

そんな少ない文字で巨大な数表したいなら、
9→9$→9$→9$
とかやれば10文字でやばい数字になるぞ!

学校へ行った意味は一体・・・
今日は、6時15分に家を出て、学校に8時18分に着き、
9時15分に授業が終わり、9時30分に学校を出て、11時30分に家に着きました。
授業中は今週中ずっと読んでる漫画を繰り返し読んでました。

・・・?

5時間15分はどこへ?
携帯電話
さすがに音楽のテストの伴奏中、携帯電話が鳴って、一時中断を先生がやるとかありえないでしょう。
さすがに。

そりゃあ、4時間目(英語)の授業が始まった後に、学校の外でその授業の先生と会うとかいうのもひどいが・・・。

うちの学校は自由な校風だから・・・。


でも、生徒より先生の方が自由じゃないか?
木曜日
昨日の二回目の更新は最初は丁寧語だったのに、最後になるにつれて、がさつになってきましたね。

あー、日本語は苦手だ。


木曜日~金曜日にかけて人格崩壊します。
人格崩壊というか、精神崩壊に近いです。
月火水とまでは、それなりに普通なのに。
と思ったのだがあまり普通じゃないかも。
確かに学校で奇怪な行動とることもある。
しかし、自分で制御はかけられるんです。
酔ったような状態に非常に近い感じです。
木から金は例えれば泥酔という感じです。
自分の意思が、無くなってしまうのです。
態度も発言も、常軌を逸してしまいます。
海のように広い心で見逃して欲しいです。
まあ、迷惑はかけないように頑張ります。
それにしても十九文字だけはつらいです。
文字数の調整が非常に大変なものですよ。
ひとつ上の文とか、滅茶苦茶苦しいです。
句読点が入っても、美しくなくなります。
そろそろ十九行になるのでお別れですね。
十九かける十九といえば、碁盤ですよね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
アルカンの論文
口コミで名前が伝わるといううわさの森下唯さんっていうピアニストがいます。

主な演奏会で弾いた曲で一番多いのがアルカンっていう、ちょっと特殊な人で、HPでも{HP→http://www.morishitayui.jp/}アルカンの解説をしていたりします。
2月7日に修士論文がアップロードされたそうですが、PC不調のため、そのようなことを知らず、今日、3時間かけて、アルカンを聞きながら、その論文を読んでました。

とりあえず、私はアルカンのCD8枚、楽譜は56曲分ほど持っているので、データに困ることはなく、理解しながら読むことができました。

とりあえず、
Op.39短調の12の練習曲の、4-7(交響曲)と、8-10(協奏曲)
Op.63エスキス全集
の解説はすごい。
とくに協奏曲の方は、世界で一番詳しいと書いてあるほどのことはあり、恐ろしく詳しい。
No.8、協奏曲一楽章は生を意味し、
No.9、協奏曲二楽章は死を意味し、
No.10、協奏曲三楽章は理を意味する
というところには納得した。
一楽章はあまりに長く、普通は解説する気も起きなくなるものだが、1小節ずつ、はっきり見ていってることがわかる。
さらに、主題部と展開部の関係、カデンツァの意味づけなど、私にとって新しい見方を教えてくれた。
そして、3楽章すべてを関連付けた説明もあり、共感し、納得するところが多かった。

エスキス全集の解説は、私が持っている解説より、数段細かく書かれてあり、ところどころに楽譜も掲載してあって見やすい。
エスキス全集の曲を聴きながら解説を読み、エスキス全集は相当深いものであることがわかった。
49曲の小品集であり、No.23「木靴を履いた男」、No.45「腕白小僧たち(小悪魔たち)」など、限られたものしか面白くないものだと思っていたが、よく集中して聞けば、それは味わい深いものであった。

曲の解説が中心となっている論文ですが、私にとってアルカンをさらに理解する、非常に有意義な論文でした。


これを読んで、アルカン独自の世界というものがあり、古典派とロマン派とアルカン派ができてもいいのではないかという気がしてきた。

アルカンの謎加減は、25の前奏曲(No.2、No.3等)を聴けば一発でわかる。
Op.32、25の前奏曲のほとんどはまだ録音されていない曲なので、ピアニストの理解の仕方が聞けなくて残念だ。
2013年になれば、アルカン生誕200周年だ。
そのときに、アルカン全集でも録音されることを望む。


アルカンの個性が出ている作品を下に挙げる。
Op.15 No.2[「風」想い出:悲愴な様式による3つの作品]☆☆
Op.15 No.3[「死せる女」想い出:悲愴な様式による3つの作品]☆
Op.27b  [鉄道]☆☆☆
Op.31 No.2[25の前奏曲]
Op.32 No.1[「愛らしく」幻想曲集第1巻]
Op.32 No.3[「モレスカ風幻想曲」幻想曲集第1巻]☆
Op.33 [「4つの時代」大ソナタ]☆☆
Op.35 No.5[「アレグロ・バルバロ」長調の12の練習曲]☆
Op.35 No.7[「隣村の火事」長調の12の練習曲]
Op.39 No.1[「風のように」短調の12の練習曲]☆☆
Op.39 No.3[「悪魔のスケルッツォ」短調の12の練習曲]☆
Op.39 No.5[「葬送行進曲(交響曲2楽章)」短調の12の練習曲]
Op.39 No.7[「交響曲4楽章」短調の12の練習曲]
Op.39 No.12[「イソップの饗宴」短調の12の練習曲]☆☆☆☆
Op.61 [ソナチネ]
Op.63 No.10[「非難」エスキス全集]
Op.63 No.23[「木靴を履いた男」エスキス全集]☆
Op.63 No.45[「腕白小僧たち」エスキス全集]

☆の数は私が勝手につけたおすすめ度
Op.27b
アルカンの練習曲の技巧の高さには驚かされますが、
異常に難しく、すごい表現のできている練習曲があります。
Op.27bの鉄道です。

はじめから終わりまでVivacissimamenteで突っ走ります。
楽譜自体は約20pと、長いほうですが、演奏時間は大体5分くらいがbestです。

左手の規則的な動きは、車輪を見事に表現していますし、右手の恐ろしく早い旋律は、汽車の外観から周りの風景などを、巧妙に表現しています。

5分の1も進んだところで、がらっと曲想が変わります。
左手の規則的な動きは消えますが、まったく気になりません。
右手にしっかりとした旋律ができます。

そして、すぐに、新しい形式になって、左手に3連符が出てきますが、まさに鉄道です。
5分の2も進めば、汽笛がなります。

そして、今までの部分を繰り返したところで、調が半音上がり、クライマックスとなります。

そして、遅くなっていって終わるのですが、記号で遅くしているのではなく、音符で遅くしていきます。
それが、車輪の表現として、ぴったりです。

最後に汽笛を鳴らして終わります。

終わり方は、いつもはアルカンの欠点になっている部分ですが、今回はまったく違和感がありません。


この曲はあまりにも難しいことを除けば、名曲です。
鉄道をここまで表現できるのは、人間業とは思えないほどです。

クラシックが苦手な人でも、こんな曲を聞けば、ピアノのもつ表現力と、作曲家の偉大さがわかるのではないでしょうか?


なお、Op.27bとなっているのは、もうひとつOp.27があるので、こうしているだけです。
Op.27aは、(3+3)+(3+3)拍子だったり、(2+2+2)+3拍子だったりして、オクターブが大量に出てくる、よくわからない音楽で、楽譜を見ただけでは想像できません。(♯もたくさんついているので)
でもおそらく派手な曲だと思います。
女性
こんな変な事を書くのもおかしいですけど、
とりあえず、書いちゃいます。

私が学校であんなふうになったのは、生活の周りに女性がいないからですよ。少ししか。
挙げてみれば、母、姉、祖母二人、だけ、ということになります。
女性と男性の違いがはっきりでるのは、10歳~60歳くらいまでなので、結局、祖母二人は除かれるようなものなので、二人ということになります。
その二人も家族であって、血が繋がってないわけじゃないです。

つまり、私は心の中(底)で、望んでいたんですよ、血の繋がってない女性を。

う~ん、、言葉で説明するのは難しいなぁ。


んでもって、今日は、ノートを持っていくのを忘れたせいで、漫画漬けになってしまったわけで、明日からはちゃんとノート持っていこう。
高一もそろそろ終わってしまう。

んで、今日、学校でCD二枚借りてきた。
が、なんと一枚はケースが壊れかかっている、というか、思いっきり破損しているではないか・・・。
中身は聞けたけど。
毒された。。。
今日二度目の更新。

学校にいって、授業が始まってから終わるまで、(朝礼は無いに等しい)6時間25分あるわけですが、そのうちの3時間半くらいは、ずっと同じ漫画読んでます。もうだめだ。

同じっていっても4巻あるわけで、量は結構あるんだけど、もう7周くらいはしてるっぽい。

自分でも飽きないのは不思議だと思う。
直った
PCが直りました!(治る?)
原因は不明です。(壊れた原因はわかるが、治った原因はわからん)
今日の朝見た夢でも治ってました!
ということは、今回の地学のテストはきっと8枚の問題かな?

と、それはともかく、モレスカ風幻想曲について調べているうちに、
モレスカ風幻想曲は、Op.32a,No.3で、Op.32b,No.3とは違う?
よくわかりませんが、CDか、私の調べたサイトのどちらかが間違っているのでしょう。
で、Op.32bの方は、なんと恐ろしいことに、No.1,No.2,No.3は五拍子、そして、その次の曲は七拍子になっています。
わざと作ったらしいですね。
ちなみに、No.1もいい曲です。
No.2は聞いたことないからなんともいえませんが。

では。
寝ないはずだったのに
モレスカのことについて、検索してみましたが、簡単には何のことか分かりそうに無かったので、あきらめました。

昨日、6時から9時まで寝たんです。徹夜or早起きをするために。
で、夜になったら、24時から12時まで寝てました。
その間、夢を4回くらい見ました。
そのなかで、地学のテストをやってる夢を見て、
枚数八枚、解答用紙なし(自分で紙を持ってきて、そこに答えを書く)、時間30分という、謎のテストでした。
始めのほうはなんとなく解けていたのですが、3枚目くらいから頭が混乱してきて、5枚目くらいに移るときに時間切れでした。
しかし、7枚目が異常に簡単だとか、、、

なんの予知夢?だろう。
アルカンのOp.35,No.12、Op.31,No13、Op.32,No3は全て5拍子(5連符)です。
実は5拍子好きのアルカンです。

まず、Op.35,No.12、これは、長調の12の練習曲、ラストを飾るホ長調の練習曲です。(2+3)×2拍子の形式を最後まで続けています。しかし違和感な全くない明るい曲です。途中で低音にうつりますがそこの表現はさすがアルカンです。

次はOp.31,No.13
25の前奏曲の有名な方です。題名は、[私は眠っているが心臓は起きている]です。
{(3+2)/10}×2拍子の形式をとっています。非常に繊細な曲です。
Op.32,No.3
これは、即興曲集第1巻、3番の[モレスカ風幻想曲]です。
楽譜を見たことが無いのでなんともいえないですが恐らく(2+3)×2拍子だと思います。
非常に活発で元気な曲です。楽しくなります。
イメージとして、草原を走る汽車みたいな感じがします。しかし、モレスカが何か分からないので、アルカンが何を表現しようとしたのかは分かりません。

他にも5拍子はあると思いますが、いま思い付くのはこれだけです。
五度
お詫び
昨日、連弾の曲のこと書きましたが、Op.41ではなく、Op.40でした。

で、ある授業中、音楽で、連続五度(和声で絶対禁止とされている)を使いまくる、という発想が出来て、作ろうとしたのですが、
拍子を22/7とかいうわけわからんことして、当然のように失敗しました。
で、後ろの人が、それでカノン作っていて、それが結構すごかった。
しかし、連続五度だけを使う曲っていうと、ちょっと重い、不安定な曲しか作れないものだと思います。
しっくりくる曲を作れる可能性はあまりに低いかと。
だからこそ、変な曲になって神秘性がわいておもしろい。
いろいろ書く
まずは、近況報告。
アフリカの民族音楽聞いてます。ヨーデルとかすごいと思う。

バレンタインデーは結局二つ。同級生と近所の女子から。

アルカンのOp.41(うろ覚え)の4手ピアノの連弾曲、これめっちゃいい。1楽章と2楽章の区別はあまりないが、快活でいい曲です。3楽章まであります。
特別企画、2度更新
いや、今日学校から大分早く帰ってきたから、時間はあるし、地雷に付き合ってもいいかな、と。

1.今、どこに居る?

 リビング。パソコンの前。今自分のは壊れてるからしかたないね。

2.今、一番近くに誰が居る?

 ・・・いない。と思ったら来た。ばあさん(母方)だ。

3.今、どんな服装?

  帰ってきてから着替えてない。だからコート着てる。

4.今、何食べたい?

 霞

5.今、何飲みたい?

 生クリーム

6.今、真後ろには何がある?

 洗濯物が干してある。

7.今、まわりを見渡して、いちばん目についたものは?
 
 自分の腕時計かな。机、リモコン、テレビ、ピアノ等等・・・

8.今、誰に会いたい?

 ・・・好きな人?

9.その人に今伝えたいことは?

 この熱い気持ちを、、、いや冗談。

10.今一番歌いたい曲は?

 弾きたい曲ならあるけど、歌は嫌い。

11.今頭の中でパッと思い浮かんだ言葉もしくは台詞は?

 新約聖書を本当に理解するにはユダヤ人でなければいけないと思ったのです。

12.今の体調は?

 すこしつらい。だるい。でもってなぜか緊張気味。

13.今どんな気持ち?

 感動的です。

14.今すぐこのバトンやってもらいたい人

 体の中に、10kg以上炭素原子を含んでる人。



何?もう終わり?つまんね。
風・・・。
今日の風は多少強いですが、何かしら感動的です。
何故でしょう・・・。
多分、こんな風に感動する人は少ないと思いますが・・・。

でもこういう感動する心っていいですよね。

そろそろ春がやってくるのかな。
Op.35,No5
アルカンの傑作集、短調の12の練習曲と双璧をなす、長調の12の練習曲があります。
長調の12の練習曲はOp.35です。
その中で特にいいのがNo.5、へ長調です。
アレグロバルバロともいいます。
野蛮に、という意味です。
特徴は
・白鍵しかつかっていない 
・オクターブの嵐
・ABACADAという形式
・ペダルは最後を除いてつかわない
こんなところか。
Dの部分以外はそれほど難しくないので、持久力があればそれなりに弾けると思います。

ピアニストの録音率No.1
Op.39,No12
アルカン最高峰の作品集、Op.39(短調の12の練習曲)の巻末を飾る、「イソップの饗宴」
この曲は、少し不気味でリズミカルな主題を25(32)回変奏します。
牛タンをいろいろな調理法で出していることを示しているそうです。
変奏は華やかであり感動的でありますがなんといっても主題が素晴らしい。頭からはなれなくなります。
抜け出せない
PCがセーフモードから抜け出せないんですよ。
msconfigからセーフモードに変えてあれこれやってるうちに、
セーフモードが変なことになって、
抜け出せない。

どのような手段をとっても抜け出せなくて困ってます。
で、今PCを使うことができません。

困った・・・。
Op.39 No.1
アルカンの短調のための12の練習曲、1番(Op.39 No.1)にはまった。
どこらへんがいいかっていうと、すべてがいい。終わり方は微妙だが。
どんな感じの曲かっていうと、とにかく速い。
常に左手か右手(あるいは両方)が走り回っている。
そして、余った手は、よく理解できない和音を奏でる。

とくにいいところは第2主題かな?、ハ長調になって、左手が走ってるところ。
とにかく早い。

ただ、ピアノ曲として成り立ってないような気がする(速すぎて)。
でもそれもいい。
天才ってなによ?
「あんた天才だな」
とかよく聞くけど天才がそんなにいてたまるもんかい。
天才っていうのは、その分野において、1世紀に一人いるかいないか、というレベルの巨人だと思ってます。
天才なんて、変人で下品で馬鹿で意味不明理解不能奇想天外摩訶不思議、前人未到の野を駆け空前絶後の天変地異が起きながら品行方正、矛盾すら捻り潰す問題児くらいなもんだ!
めんどー
PSP更新、めっちゃ面倒。
PC早くなおさなきゃ・・・。
ぐにゃぁゃゃゃ
???
もはやわからないことだらけ。
たすけてくれぇ
昨日の答え?
昨日の記事にコメントが二つもあってビックリ。

一つ目は水中花さんですね。

>最後に生き残ってたほう。

>ちょっと軍事的に言うなら戦略目標を達成したほう。

いわゆる勝てば官軍的な考えですね。
一番現実的だと思います。
でも、日本の教育って、なんかいじめられてるほうが正しいみたいな方針ですよね。あれも謎ですけど。

次は17cmさんですね。敬称をつけてもいいのかな、この名前。

>こういうの好きだな・・・
>一つ目の話って宇宙人弱かったんじゃなかったのか・・・?
>この話を道徳的善悪で語るってことは、道徳の定義をどう設定するかによって結論がいくらでも変わるんだよね。
>例えば自分の自由を擁護しながらも相手側の自由も尊重した上でと協調することが善悪の境界線なら、この話喧嘩両成敗的にどっちも悪になったり。別に自分達の生物種を守るのが正義だってことになったら勝った方が正義とも捉えられるし、又自分達の種を守ろうとした両方が正義だとも考えられる・・・
>結局は人の思想によってこの問題の答えはいくらでも変わるし正しい答えも無い。
>ある意味不毛だが、こんな問題には世の中にも溢れてる、というか人の思想に関わる問題は大抵不毛だって法則が・・・
>でもだからこそ面白いんだが。

不毛な論議は承知の上です。
とらえ方によっては、どちらも悪になるし、どちらも正しくなるってことですね。

、、、あと、宇宙人弱いんじゃなかったのか、っていうのは、もともと弱かったけど、窮鼠猫を噛むみたいな感じで、まあ、共同の敵が出来たら団結力が高くなって強くなる、ってこともあるし。


私は、もはや道徳もなにも、宇宙の運命に従って動いているから悪も正もない、と感じるようになってきました。
果たして運命は決まっているのかな・・・。

運命を決める神はいないって誰かが証明してたような気もしたけど。
矛盾
これから、ある二つの物語の要約を話します。

地球の人口が増えすぎて、人間を、別の星に移動させようという計画がたちあがりました。
状況は切羽詰っていて、目的の星に探査機を送り込んで、その様子を見るには、時間が足りなさ過ぎます。
ある、決死隊ともいえる、6人の人がロケットに乗りこんで、別の恒星系に旅立ちました。
・・・
3日ほど、飛んでいたら、ある恒星系の惑星にたどりつきました。6人達は、そこが、奇跡的にも人間が住むにふさわしい環境であることがわかりました。
早速、地球に電波を送信して、人々を呼び寄せました。
宇宙服を着なくても、外に出られる、まさに地球と同じような環境でしたが、地球より、広いようでした。
6人の人達は、地面に植物が生えているのをみつけました。
それは、食用にもなるようで、地球の植物とよく似ていました。
そして、5日も経った頃続々と人々が到着しました。
人々はそこに集落を作り、新しい星での生活を始めました。
・・・
ところが、ある日、10人くらいの、地球人ではない人達がやってきました。
地球人は、用心して、武器を持ちながら、その人たちと相対しました。
宇宙人もそうとう警戒しているようです。話が通じるわけもなく、身振りで示そうとしましたが、通じませんでした。
はじめ、地球人は宇宙人を怖がっていましたが、宇宙人がおとなしく、力もあまりないことを知ると、奴隷として使うようになりました。
宇宙人は、逆らうことができずに、奴隷となりましたが、だんだんと、反乱の兆しがでてきました。
・・・
そして、宇宙人の怒りはついに爆発し、人間たちを襲うようになりました。
ある一人の人間が宇宙人に対し、土地を少し分けて欲しいというのと、人間たちを襲わないように、宇宙人と話し合いに向かいましたが、宇宙人の気は立っていて、話合いに応じようとせず、殺そうとしました。
なんとか、逃れてきたその人は、この星の開拓責任者に向かって、宇宙人を奴隷として使うのをやめさせるよう、説得しました。
しかし、応じません。そこで、その人は、仲間を募って、責任者を捕らえ、宇宙人を開放し、また、話合いにのぞみました。
しかし、宇宙人は、奴隷たちを救ってくれたから、殺そうとはしなかったものの、やはり、反乱するという決心は変えませんでした。
そして、とうとう、宇宙人が攻めてきました。人間たちは、必死に抵抗しましたが、宇宙人たちは相当強く、もう少しで全滅しそうになりました。
しかし、地球人たちの最後の砦はなかなか落ちませんでした。
宇宙人は、その砦の中の人達にむかって、この星から出て行くように言いました。
しかし、地球人は当然受け入れられません。
宇宙人はとうとう、原子爆弾を、砦に落とし、地球人を全員殺してしまいました。



地球上で大戦争がおこりました。
地球人の99.9%は死に絶え、残ったのは500万人程度でした。
その人たちは、必死に地球を再建しようとしました。
ある日、突然、宇宙船が降ってきました。
おそるおそる覗いてみると、中には宇宙人が入っていました。
地球人は恐ろしくなって、逃げ出してしまいました。
宇宙人たちは次から次へとやってきて、地球の土地を占領しはじめました。
宇宙人は獰猛で、地球人をどんどん殺していきます。
地球人たちは、宇宙人に立ち向かおうとして、何度か、攻撃を仕掛けましたが、宇宙人たちは強く、返り討ちにあうばかりです。
そして、地球人たちは、ついに、宇宙へ逃げ出さなければならなくなりました。
しかし、別の住める星があるかどうかもわからず、とりあえず、地球の軌道上を回り続けました。
そして、宇宙人を倒す方法をがんばって考えました。
そして、地球人は、原子爆弾を落とすことによって、宇宙人を一掃し、放射能が消えるのを待って、地球にもどりました。








・・・・・・・・正義の味方はそれぞれどっち?
寝てた
寝てた。
結構寝てた。
疲れて寝てた。
3時まで寝てた。
いつまでも寝てた。
暇だったから寝てた。
起きた後もまた寝てた。
起きられないから寝てた。
どうする事もできず寝てた。
起きようと思いもせず寝てた。
起きる要因なかったから寝てた。
起こす人がいなかったから寝てた。
最後には寝るのに飽きてたが寝てた。
一文字ずつ増やすのは大変だが寝てた。
そろそろネタ切れ模様になったが寝てた。
そろそろ終わりにすると思いながら寝てた。
全部読む人がいるのかどうか疑問だが終わり。
話題
今日、つくば(筑波ともいう)に行ってきた。
その流れをかいてもつまらないので、話題を載せる。

①秋葉原にて
「つくばエクスプレスの乗車賃高くね?」
「一駅あたり100円ずつくらい増えてるし」
「乗る人が少ないから、多く取らないとやっていけないんだろう」

②TX内にて
「つくばエクスプレスって無線LAN通ってるらしいね」
「ノーパ持ってくりゃよかった」
「PSPでつないでみる」
「だめだ、つくばエクスプレスのHPから抜け出せない」

③TX内にて
「田舎の風景隠すために、地下にもぐってるのかな」
「途中で開き直るぜ」

④TX内にて
「(ほかの線路をみて)満州鉄道じゃね?」
「たしかに風景満州に似てるかもな」
「満州はもっと荒地」
「日本まで来てるとしたら、海底通ってるのかな」
「地震がきたらパイプが壊れそう」
「電車に潜水機能つければよくね?」
「じゃあパイプつけずに潜水艇にしろ」

⑤TX内にて
「ツクバ ト アキバ」

⑥つくば駅にて
「地図を持っている」
「道が省略されてるよね、歩くのか?」

⑦つくば駅にて
「高エネ研遠いね」
「バス代は400円以上だそうだ」
「やめるか」
「計画ちゃんと立てろ」

⑧つくば駅周辺にて
「バス乗る?」
「歩いていこうぜ」
「バス乗ろうよ」
「もう過ぎたから遅い」

⑨道にて
「筑波にマックないの?」
「ツクバーガー食べたい(注:実在しないと思う)」
「お、ここにマックの看板が(掲示板の裏に大きくMって書かれてた)」

⑩宇宙研究センターの周辺にて
「遠回りしてるよね」
「正門は反対側」
「宇宙人いないかな~」

⑪宇宙研究センターにて
「昼食はどこで摂るんだ?」
「ここらへん店あるのかな」
「つくばの人たちは、研究結果をおかずに食べてるから、何もないよ」

⑫宇宙研究センターにて
「昼食まだ~」
「AランチとBランチ(だけ)がある食堂ならあるよ」

⑬地質研究所にて
「一昔前の施設みたいだね」
「岩石萌えるわ~」

⑭宇宙研究センターにて
「宇宙食買って地雷ゲームしよう」
(大学いも、プリン、アイスクリーム、杏仁豆腐を購入)

⑮つくば駅周辺にて
「ブーメラン投げられないの?」

⑯TX内にて
「さて、地雷ゲーム開始だ」
「まず、杏仁豆腐、、しょっぱい」
「次プリン、これ、うまい」
「大学いも。普通の大学いもよりおいしくないか?」
「アイスクリーム、ねちゃねちゃする~」
「アイスでもないし、クリームでもないし・・・」

⑰TX内にて
「あの人の死刑ってまだ執行されてないんだっけ」
「弁護士ががんばってるらしいよ」
「あの人立候補したことあるんだよね」
「当選したら問題だな」
「当選したら、国民全員、例の宗教に入らなきゃいけないの?って聞いたら、そんなことはないって、笑ってた」
「そりゃ、入らなきゃいけないなんて、言えないだろ」

⑱TX内にて
「女性は子供を産む機械っていった人、辞任しないの?」
「男性は燃料」
「↑なこと言ったら、学校で前の人に思いっきり変な目でみられた」
「でも燃料いれないと、機械動かないよね~」

⑲秋葉原にて
「秋葉原散策していこうぜ」
「秋葉原行ったことまだ一度もないんだけど」
「混沌としてるかと思ったけど、そうでもないな」

⑳秋葉原にて
「店内で財布を出したら、その時点で人生が終了する気がする」


ほかにもいろいろ話はあったんですけどね。

ま、以上です。
copyright © 2005 詰まった!! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。