詰まった!!
僕の窮屈な頭蓋骨の中身。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
残された時間
われわれが地球に住めるのはあと何年くらいだろうか。
いくら地球の環境を守っていったところで、いずれ太陽が死ぬだろう。
太陽系からの脱出はすでに不可能ではなくなっている。
まだ10億年程度は自由な期間としてのこされているので、太陽が無くなるのを絶望視する必要はないだろう。
だが、この宇宙に住めるのは、おそらく、あと100億年~300億年が限界だ。
われわれはこの宇宙から抜け出すことはできるのだろうか。
新しい宇宙を作るのか、別の宇宙に移動するのか、可能性はよくわからないが、100億年程度でこの宇宙から抜け出すのはなかなか難しい。
今から100億年たっても、物理法則や数学の世界は全て解明されることはないだろう。
しかし、100億年後、人類が生き残り(進化&退化によって、人間の姿をしているとは思えないが)、物理法則を全て解明できたとしても、
その答えは絶望になるに違いない。
われわれの存在意義は、時間軸をただたんに移動しているのにすぎないのだろうか。

そして、もし、宇宙の外側まで人間がすべて支配したとして何になるのだろうか。
究極の存在意義がみつかるのだろうか。
スポンサーサイト
テスト中の落書き
テスト中の落書きを載せていこう。
全部載せたいところだが、絵もあったりするので、文字だけで勘弁

化学

変わらない真実
32歳の人達よ
立ち上がれ!そし
て踏みにじれ
あなた達はあなた
達の兄弟のために
共に戦い、殺
すしかないのだ


地理

中学だっていいじゃない
AHO
~ハオ
全てはことしの世の中のために。
sinπ
esinθ+sinθ
いつかきっと鳥になれる
↑烏だったらやだな・・・
カサルイ
AKASURI
アカスリ
奇点0
2013年
何かが
シSi起
ンNき
ブBuる
ンN
シSi
iSNUBNis
ポンポコポン
ポッポコポーン
1×2+3×4+5×6+7×8=100

喫茶店
るびじうむ
技術
ITって何?
インフォメーション
テクノロジー
略してITです。日本語で
いえば情報技術ですね
41×35=1435
AB×CD=BACD
冷静になろうぜ皆
あせったって
だんいならわ変
成敗いたす
223
1+2×3

手に汗を握る喜び!?
最強のsinwave
国歌
日本国歌の変奏曲を即興演奏しました。
実はもうひとつあるのですが、そっちはCDに載せる予定。

国歌変奏曲


とにかく長いです。
19:23あります。

日本国歌愛用者には申し訳ない編曲の仕方かもしれないです。

なお、CDには、いまのところ、、
25の前奏曲全曲
短調による恐ろしく難しい練習曲全曲
即興演奏2曲
日本国歌の変奏曲

を予定しています。
うむ・・・。
大変だ。
明日から中間テストだ・・・。
今回は本気でヤバイぞ?
これはありえない。
まともに授業受けた記憶が3~4回しかない。
授業でなかった記憶は4~5回ある。

ぐにゃ~!

というか政経の範囲だれか教えてくれんのかね?

それはともかく、政経って”まさつね”って読めるよな、とか思った。
予定ずれ
ここに昨日の回答を載せるつもりだったが、変な強烈な夢をみたのでそっち優先。

私は、学校にいた。この時点で、朝の9時。
私は、正午には、友達の家に行く予定だった。(誰の家かは不明)
そして、友達の家に行くために壮大な冒険にでることになる。

まず、学校から駅に行く。友達の家までの経路を調べると、1時間ほどでつくということなので、
とりあえず、家に帰ってから、友達の家に行こうと思い、帰宅する。この時点で10:30
私は、自転車で、駅に向かおうとしたが、母親が駅まで送ってくれると言う。
私は、喜んで、頼んだ。そして、母親が車に乗り込むと、私が乗る前に発車しようとしてしまった。
私は動いている車にいそいで駆け乗り、なんとか車のなかについた。
母親は、駅に行く途中、財布を忘れた、とか言って、私をそこに降ろし、家に戻っていった。この時点で、11:00
私は少々焦り気味になりながらも、待ち続ける。そして11:20
母親が来る・・・。
しかし、自動車ではなく、歩いて来ていたのだ!
私はなぜかを問うと、
母親が
「あんたなんか送るわけないじゃない」
と足を組んで偉そうに言ってきた。
私はイラッときた。
「家に帰って、出直しな」
この時点で12:00、もう間に合わない。
怒りと焦りが合わさって、殺意に変わった。
私は、近くにあった瓦をとり、無防備な母親に殴りかかろうとした!

・・・私は心のなかで、自分の声を聞いた。
(ここで冷静にならずにどうする、これから生きていけるのか?)
私は、思いとどまった。
その様子を見ていた母親は不思議そうにこう言った。

「人間はそこでやめれるほどリッチじゃないのよ」


・・・ここで目が覚めた。

・・・・リッチって何だろう?金持ち・・・?
数の大きさ比べ
突然ですが、右と左、どちらが大きいでしょう。(直感だけで)

47+65 ~~ 53+58


6*9 ~~ 4*13


76+57+94 ~~ 11*21


12^3 ~~ 5^3+7^3+10^3


(6^3)*5 ~~ (5^3)*8


2^30 ~~ 10^9


10! ~~ 16!! (16!!=2*4*6*8*10*12*14*16)


9の3乗根 ~~ 17の4乗根


人間の最長寿命 ~~ 50000日


脊椎動物の最長寿命 ~~ 100000日
体中がボロボロ
なぜか今日家についたときは、全身疲労だった。
風邪気味でもあるし・・・。

上から順番に症状
アレルギー性鼻炎、風邪による鼻炎、鼻水に血液混じり、味覚が敏感になりすぎ、喉のいたみ、肩の骨の痛み、腹痛、足の疲労。

これはひどい。
そして、恐ろしい眠気に襲われる。
も~だめだ~ぁ・・・。
表現力はすごいな
ジェフスキーの北アメリカのバラード第四番、「ウインズボロ製綿工場のブルース」

この曲は、10分強と長い曲で、うるさい。
聞く人にとっては、ただうるさいだけ。

しかし、工場の音を完璧に表現した音楽で、なかなか楽しい。

まさにピアノにしか出せない音なのに、ピアノのような音がならない。

現代音楽もなかなかいいですな。
また夢か!
もう、最近夢のことしか書くこと無くなってきた。

今日の昼寝の時間で、夢を見ました。

とりあえず、友人のNが出現して、以降いろんな人が登場。
なんと、今の流行は指を切ることらしい。
私も早速中指を切ってみた。
切り落とされた中指はNに回収され、そして、1分後には中指は再生した。
私は調子にのって薬指と中指を切り落とした。
中指は再生したのだが、薬指はどうにも再生しない。
深く切りすぎたらしい。
「骨は少しのこさなきゃだめだよ」
と、事後に注意されたが、もはや遅い。私の指は深く切りすぎてしまったのだ。
私は、Nに回収された薬指を取り返したかったが、どうも返してくれないらしい。
私は途方にくれてしまった。
こころなしか、薬指は2mmくらい回復したようにも見えたが、おそらく希望ゆえの錯覚だ。
私はふかい絶望感に突き落とされた。
そして、20分後(なぜだかしらないが、正確に20分後)薬指のあった場所に異変を感じた。
そして、薬指におそろしい快感が走った。
そして、だんだん再生していく。
私は安堵した。
薬指はどんどん再生されてくる。そして、薬指の長さが中指を超えてしまった。
これもありだろう、と思って、目が覚めた。
あまりに激しい夢をみた
あまりに激しい夢をみた。
3部にわかれていたが、第一部と第二部はあえて省略する。

(前略)
3回目の攻撃は、自爆だった。
飛行機がそのまま相手の町に突撃する。
そして、それがうまく成功したときだった。
(説明略)
私の机の上に小さな人がたくさんいた。
うじゃうじゃいた。
あまりに気持ち悪かった。
私は、ティッシュの上にその人たちをあつめ、ゴミ箱に入れていく作業をはじめた。
人はどんどんちらばり、机からはみ出し、いすの上、ベッドの上にまで侵入してきた。
私はとにかく、人をゴミ箱にいれていった。
私はその作業がわずらわしくなり、勢いあまって人を殺してしまった。
ティッシュの上からどんどん殺していった。
そして、こんどからは、見つけ次第に殺していった。
たちまち、机の上は血まみれ、死体だらけになってしまった。
(後略)
不幸の手紙の変奏曲
テーマ
・この文章を読んだ人は7日以内に死にます。助かりたければ、この文章を5人の人に送ってください。

第一変奏
・この文章を読んだ人は7日以内に死にます。助かりたければ、この文章を5人の人に送ってください。私の友人は、この文章が送られて、5日で死にました。信じる信じないはあなたの自由です。

第二変奏
・この文章を読んだ人は7日以内に死にます。助かりたければ、この文章を5箇所の掲示板に貼り付けてください。

第三変奏
・もしあなたが不幸に見舞われているのであれば、この文章を5人の人に送ってください。幸運が訪れます。

第四変奏
・この文章を読んだ人は7日以内に殺されます。助かりたいのであれば、18人の人にこの文章を送りつけてください。

第五変奏
・私の彼氏は死にました。不幸の手紙が送られてきたのに、無視していたら、道端で殺されてしまったのです。その恨みは私がはらします。
この文章を5人の人に送れば助けますが、しなかった場合は、私があなたを殺しに行きます。

第六変奏
・この文章を読んだ人は7日以内に死ぬ。助かりたければ、5箇所の掲示板にコピペしなければならない。

第七変奏(長調に転調)
・この文章を読んだ人は70年以内に死ぬ。この文章を5人の人に送りつければ、あなたは70年以内には何をしても死ねない。

第八変奏
・あなたには幸運が訪れます。ただし、幸運は、この文章を5人に送り付けなければいけません。

第九変奏
・あなたの知らないような未開発の国では、あなたが感じている不幸よりも残酷な不幸が襲い掛かっています。あなたは幸せなのです。
この文章を5人に送ることによって、幸せを分け合いましょう。

第十変奏(短調にもどる)
・あなたには幸福が訪れます。しかし、この文章を5人に送らなければ、あなたは、その幸福を感じることなく、7日以内に死んでしまうことでしょう。

第十一変奏
・私は、親を殺されてしまいました。その犯人はいまだ捕まっていません。その人を探すために、国中の人にこのメールを回しています。もし、このメールを他の5人に回さなければ、あなたを犯人と断定し、私が殺しにいきます。

第十二変奏
・あなたは7日以内に死にます。しかし、あなたがこの文章を見たことはまことに幸運です。この文章を5人に回せば、あなたが7日以内に死ぬことはなくなるから・・・。

第十三変奏
・あなたがこの手紙を他の5人にまわさなければ不幸が訪れるでしょう。

第十四変奏(長調風)
・あなたがこの手紙を他の5人にまわさなければ棒が訪れるでしょう

コーダ
・私と死ぬ人を募集しています。もし、私と死にたいのなら、メールをまわさないでください。死にたくないのであれば、5人の人にメールを回してください。


・・・ほとんど思いつきで書いてみたけど、コーダがぬるいなぁ。
目が・・・。
5月5日に自転車で転んで目をやられて以降まだ完治してません。
でもだんだんよくなってるので、めいちゃさんにはいかないです。

榎○というネームにセンスがないといわれたので、
新しいネームをつけようと考えています。
なかなか思いつかないのですが、誰かいい案ないですかね?
フモリスケ?
シチェドリンのフモリスケ、あれ、案外いい曲だね。
よく分からん曲だ。

音楽の真価はマイナーな作曲家のなかにもあると思うんだ。

もっとマイナーな曲を探しにいこう・・・。
震えた。
何年ぶりだろうか。
体中が震えを覚えるような曲と出合った。

作曲者・フレデリック・ジェフスキー
曲名・不屈の民(36の変奏曲)

とりあえず、曲全体を通して、異常な技巧の連続である。
時には、曲であることを捨てても、技巧に走っているような部分もある。
普通なら、駄目な曲になりさがってしまうのだが、
この曲に至っては、その曲の崩れが、逆に引き立てている。

まず、感動的な主題。
そして、変奏が始まれば、その主題はすっかり分からなくなってしまう。
意識して聞けば、確かに主題らしい気もするのだが、とりあえず、主題とは離れる。

そして、変奏がすべて終わったあとの、主題の再開。

ここで懐かしいメロディーに引き合わせられ、感動の極みとなる。


素直に感動できます。
強風
今日、東西線で、強風で、75分の遅れ。
これは激痛だった。

なんといっても、足怪我してるのに、ずっと立たされた上、
(ラッシュがひどくなっての)恐ろしい圧力との戦い。

慣性を計算して、体勢を立てないと、すぐに危機におちいります。
こんな体験もういやだ・・・。
復帰
久々の更新となりました。
最近夜がくるとすぐ眠くなって。
更新なんてする気力もおきませんでした。
本来なら復帰を記念して長文でも書くところですが、
そんな体力ないので書かないです。書きたくないです、

では・・・。
体力が・・・
すべてのことに体力が持ちません。比喩じゃなく。
食べるのにも寝るのにも体力がもたない。
助けてくれ~
どか~ん
5月になったことなんて知らん。
5月に変わるときには病院にいたからな。

というのも4月30日、午後8時、急に腹痛に襲われる。
なんとか我慢して午後9時、薬漬けでとめようとするが無理。
→病院に直行。

ここで、脳内でアルカンのOp.25「アレルヤ」を連続再生。ちょっとは気がまぎれる。

行った病院は、東京女子医科八千代医療センターとかいう場所。
創設時にはけっこう黒い噂が流れた。
それはともかく、私は一歩も歩けない状況、車椅子で移動。
受付でだいぶ待たされたが、なんとか診察を受ける。
そしてベッドへ直行。
点滴を打たれて、鎮痛剤を打たれて、採血される。
しかし、注射なんてまったく痛くないほど腹痛がひどい。

そして、40分後、鎮痛剤が効いて、だいぶ収まる。
そして、医師の話すところによると、盲腸の可能性があるので、CTによる検査を受けたほうがいいと。
1000人~4000人に一人アレルギー反応起こすし、10万人に一人死亡するリスクがあるけど受けたほうがいーよ、とか言ってた。
アレルギーの可能性が、(ポーカーで)ストレート勝負くらいの可能性だな~とか思ったけど、とりあえず受けることになった。
んで、CTで撮影するとき、造影剤たるものを体内に入れるらしいのだが、とりあえず、これが気持ち悪いのなんのって。
点滴から入れるんだが、とりあえず、瞬間的に体中が熱くなる。
そして、指の先まで熱くなる。そして、多少の吐き気もする。
そして、撮影が終わると、医師が様子を見に来るのだが、普通にアレルギー反応が出てたらしい。なお、別に盲腸ではなかったようです。
アレルギー沈静の処置をとられて、そのまま一晩病院で過ごすことに。

そして、次の日、親が迎えにくる。
そして、診療の値段、
保険無しで50000円、保険あるので、16000円、そのうち10000円はCTだとか。
市民からこんなに金とるんかい、とか思いながらも、どうやら市民割引はないらしい。どうも理不尽だな、とか思いながら、家につく。

なんと疲れたことよ。
copyright © 2005 詰まった!! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。