詰まった!!
僕の窮屈な頭蓋骨の中身。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どか~ん
5月になったことなんて知らん。
5月に変わるときには病院にいたからな。

というのも4月30日、午後8時、急に腹痛に襲われる。
なんとか我慢して午後9時、薬漬けでとめようとするが無理。
→病院に直行。

ここで、脳内でアルカンのOp.25「アレルヤ」を連続再生。ちょっとは気がまぎれる。

行った病院は、東京女子医科八千代医療センターとかいう場所。
創設時にはけっこう黒い噂が流れた。
それはともかく、私は一歩も歩けない状況、車椅子で移動。
受付でだいぶ待たされたが、なんとか診察を受ける。
そしてベッドへ直行。
点滴を打たれて、鎮痛剤を打たれて、採血される。
しかし、注射なんてまったく痛くないほど腹痛がひどい。

そして、40分後、鎮痛剤が効いて、だいぶ収まる。
そして、医師の話すところによると、盲腸の可能性があるので、CTによる検査を受けたほうがいいと。
1000人~4000人に一人アレルギー反応起こすし、10万人に一人死亡するリスクがあるけど受けたほうがいーよ、とか言ってた。
アレルギーの可能性が、(ポーカーで)ストレート勝負くらいの可能性だな~とか思ったけど、とりあえず受けることになった。
んで、CTで撮影するとき、造影剤たるものを体内に入れるらしいのだが、とりあえず、これが気持ち悪いのなんのって。
点滴から入れるんだが、とりあえず、瞬間的に体中が熱くなる。
そして、指の先まで熱くなる。そして、多少の吐き気もする。
そして、撮影が終わると、医師が様子を見に来るのだが、普通にアレルギー反応が出てたらしい。なお、別に盲腸ではなかったようです。
アレルギー沈静の処置をとられて、そのまま一晩病院で過ごすことに。

そして、次の日、親が迎えにくる。
そして、診療の値段、
保険無しで50000円、保険あるので、16000円、そのうち10000円はCTだとか。
市民からこんなに金とるんかい、とか思いながらも、どうやら市民割引はないらしい。どうも理不尽だな、とか思いながら、家につく。

なんと疲れたことよ。
スポンサーサイト
copyright © 2005 詰まった!! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。