詰まった!!
僕の窮屈な頭蓋骨の中身。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
性質かな。
自分のことですが・・・
私は結構ものごとに感動しやすい性質かもしれませんね。
関心が無いものはめったに触れることはないですが、
たまたま接触するとのめりこんでしまうことが結構あります。

出会ってきたものの中にくだらないものが無いのかもしれません。
でもまさかそんな幸運が続くのも変ですしね。


で、今日愕然としたんだが、
普通練習3日しなかっただけでイソップあんなに弾けなくなるか?普通。
他の曲は弾いてたし、指はいつも慣らしてるはずなのに・・・。
大練習曲がいい曲すぎて、どうも鉄道にいれる気合がそがれる。
鉄道も大練習曲も、名前は練習曲なんだが、練習的価値、音楽的価値、両方とも大練習曲のほうが上な気がするんだな。
もちろん鉄道はアルカンの価値をさげるもんじゃないし、そこまで悪い曲じゃないんだけど。

やはり、標題音楽はいまいちのめり込みにくいな。

大練習曲のほうは、絶対的に絶対音楽ですね。
あの音楽のすばらしさは響きにあると思います。
両手ユニゾンでありながら、ちゃんと右手は旋律、左手は伴奏という形式をとっていて、今までに無いような響きを作り出してるのはすごい。
連続5度は、聞いててあきらかに違和感があるので、避けられます(現代音楽では強調するほうが多い?)が連続8度は目立つってだけで禁則になってるだけですからね。
あの独特な響きの応用はすごいです。

ちなみに、大練習曲ってよく言ってますけど、これは全部3番の話。
1番と2番は恐ろしいほど跳躍がいっぱい出てくる。
その跳躍は半端じゃなく、オクターブがオクターブで飛び回るような内容。
この技術は結構役に立ちます。
命中率が上がります。

クラシック音楽に左手の跳躍は多いですからね。
いろんなところで役に立ちますよ。
右手の跳躍はいまのところアルカンの曲と即興演奏以外には役に立ってませんけど。
スポンサーサイト
ヴェクサシオン
夏休みの一日を犠牲にしてサティのヴェクサシオンを演奏しようかと思ったんです。
でも、やめました。
問題は、ヴェクサシオンの曲の中身にあります。
1小節目はとくに問題ありません。
2小節目、8拍目が問題です。
2小節と4小節は8拍目をのぞいて、全て減3和音になっています。
エンハーモニックは多用していますが、響きは全部減3和音です。
ただ、8拍目だけは減3和音になっていません。
4小節目は、5拍目減3和音以外の音が出てきますが、
おそらくナチュラルの付け忘れでしょう。
それがサティのミスなのか、楽譜のミスなのかが分かりませんが。
理由は、この曲の一貫性を見れば分かることです。
1小節目の旋律が4小節目まですべてなぞられているのですから。

ちなみに、ためしに演奏してみたところ、
VerySlowという表示はとりあえず無視して、4小節1分、
ということは、14時間で演奏できることになりますね。
14時間ということは、朝7時から夜9時まで、というのが妥当な線でしょう。
まあ、可能な範囲ですね。

カウントが大変、時間内に弾くにはVerySlowの表示を無視しなければならない、時間の無駄、弾いて得るものは何もない、
などの理由もありますが、一番弾く気がうせたのは、
減3の和音の連続でない、ということです。
copyright © 2005 詰まった!! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。