詰まった!!
僕の窮屈な頭蓋骨の中身。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夏ばて
最近、疑問に思ってることがある。

なんで体調崩さないんだろ・・・。

一日1~4食、寝る時間は毎日3時を過ぎ、起きる時間は5時~14時の間、
2度寝3度寝は平気でするし、運動もしない。
たまに外出するときは、直射日光の攻撃をくらい、家ではクーラーに当たっている。
間食は何度もしているし、おきているときも大体ベッドの上かパソコンの前。
糖分、脂質は異常にとってるくせに、塩分、ビタミンは少ない。

はて・・・・?

ちなみに、今日は塩分を8g位摂ったが、そのほとんどはマクドナルドに依存。

これでなぜ病気にならない?
夏ばてしない?
不思議である。

最近、外傷はあっても病気はあまりしない。
もはや、病気になる気力もないのではないかと思うほどだ。
スポンサーサイト
数字じゃない数字
あるところに、りんごとみかんと桃がありました。
おじいさんは、
りんごとみかんならみかんを選びます。
みかんと桃なら桃を選びます。
桃とりんごならりんごを選びます。
このおじいさんにとっての果物の価値を数値化してみましょう。

わかりやすく、りんごを+1の価値とします。
みかんはそれに劣るので、-1の価値とします。(0より小さいからといって無いより良いというわけではないのに注意)
はたして桃の価値はいかに?

桃の価値は、実数や複素数では表すことができません。
複素数になると、数の大小が比較できなくなってしまうからです。
そこで、新たに記号を作ります。
+1>-1
-1>#1
#1>+1
このとき、#の記号は仮においただけです。形は気にしないでください。
#は、+や-と同等の価値、使い方をする、新しい記号だと考えてください。
(+1)+(-1)=0
(-1)+(#1)=0
(#1)+(+1)=0
とします。
この理由は、#と-と+が同じ価値というのは、絶対値は記号を取ることによってあらわすことができると解釈したためです。
│-1│=1
│+1│=1
│#1│=1
であり、-1より#1は小さいが、同じ大きさであるため、-の中の-のように捕らえるのです。(謎)

この記号#は、
足される数が+だと、-のような働きをして、
足される数が-だと、+のような働きをします。


3+(#2)=1
このとき、#は+や-と同じ使い方をするため、
3#2=1とおくことができます。

-3#4=1
これは足される数が-なので、#はあたかも+のような働きをします。

2#3≠3#2
なので、交換法則は成立しません。

問題は0#1のときの処理です。
これは、
0+(#1)
と変形できるので、
答えは#1になります。

(#4)-(#3)は?
4-3=1
(-4)-(-3)=-1
から、
(#4)-(#3)=#1
と想像できます。

おなじように、#3+#4=7と想像できます。

では、#3*5は。
#3+#3+#3+#3+#3=#15
なので、#15になります。

5*(#3)は。
5*3=15
5*(-3)=-15
から、
5*(#3)=#15だと想像できます。
掛け算の交換法則は成立するようです。

(#3)*(#3)は。
3*3=9
(-3)*(-3)=9
から、
(#3)*(#3)=9だと想像できます。

想像できるものは全て正しいことだとしちゃいます。
なにしろ私が作った記号だから。

#3^3
=#3*#3*#3
=9*#3
=#27
と、ここらへんまでは軽く拡張できます。

3^#3はどうなるのでしょう。
3^3=27
3^(-3)=1/27
となって、全く想像ができません。
無理せず、1^(#1)から考えていきます。
1は何乗しても1になりますから、
1^(#1)=1
は間違いなさそうです。
2^1=2
2^(-1)=1/2
これでは想像できませんね。
これでは拡張できないかと思います。
実際無理なので、足し算の考えを拝借します。
乗せられる数(?・・・表現が)が+なら、乗せる(・・・)数が-
乗せられる数が-なら、乗せる数が+
の働きをする。
これなら、なんの矛盾もなく、成立させることができます。
2^(#2)=1/4
-2^(#2)=4
-3^(#3)=-27
3^(#3)=1/27

(#3)^(#3)は。
ab^c=(a^c)*(b^c)より
{3^(#3)}*{(#1)^(#3)}
と変形できます。
3^(#3)=1/27
絶対値が1の場合、何乗しても絶対値は1
正の数^正の数=正の数
負の数^負の数=負の数
より、
(#1)^(#3)=#1と想像できます。
よって、(#3)^(#3)=#1/27
で、問題ないようです。

さて、ここで問題
1#1+1=?
四則演算は同等の記号である場合左から計算する規則がありますから、
(1#1)+1=1
と計算できます。

まあ、こんな感じで、
{(#2)*(#3)}/{3+(4#)^(2#)}
=6/(3+1#/16)
=6/(47/48)
=288/47
とめでたく計算できます・・・。


ということを電車の中で考えてた。
なんかいろいろ間違ってる気がするけど、
じゃんけん強さの数値化とかできないかな・・・。
なんか矛盾がでるんだよな。
そもそもが矛盾してるんで、いまさら矛盾がでても仕方ないけど・・・。
copyright © 2005 詰まった!! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。