詰まった!!
僕の窮屈な頭蓋骨の中身。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
文系?理系?そんなものは。
昨日、家に帰ってくるなり倒れこんで、気づいたら、今日の3時。3時といっても午前。
基本的にこのブログは24時制であらわしてますから。

しかし、風呂に入っても無く、夕食も食べてなくて、着替えてもいません。ひどい状況です。


話は変わって。

日本なら殆どの高校でそうだと思いますが、理系と文系ってわかれてますよね。
大学だとさらに細分化されて、まあ、それはいいですが。

文系って、全くと言っていいほど、数学や物理や化学などの探求をしなくなる。
もちろん、勉強はする人も多いでしょうが、結局は、大学受験のためだとか、試験のためだとか、そんなわけであります。

それが良いことなのか悪いことなのかは置いといて、
学問の探求をやめる理由が、文系だから、とか理系だから、とかそんな理由でやめるのはおかしい。

学問は、何を目指しているのかと言えば、それは、人間の未知なる部分を解き明かし、人間全体の知識として確立されることでしょう。
学問の究極は、すべての問いに答えられるようになることだと思います。
それを目指しているはずなのに、文系だから、積分についてはよくわかりません、とかいうのは、そもそも理由になっていません。

こう答えるなら理由になります。
私には、積分には全く興味ありませんから、知りません。
私の仕事には、積分は全く必要ありませんから知りません。

前者の興味がないというのは、つまり、学問の探求への無関心です。
つまり、その人の目的というものが、自分の安定した生活の確立なのでしょう。
もっとも、孤児たちを救いたいんです、なんて人もいるかもしれませんが、結局、それは誰かの利害に関係するものを目指していることになります。

学問は、誰かの利害なんかを目的としていない。
また、当然、高校で習うことの大半もそうでしょう。

日本の教育制度では、そのように、高校で学問の探求を目的としたことを教えているようにみせかけながら、理系文系と分けることによって、専門外の思考を停止させることを余儀なくさせています。

このパラドクスをどう説明するつもりですか。
スポンサーサイト
不安ごと。
昨日、学校の図書館から借りたCDが、無くなった。

2枚借りていて、1枚だけ無くなったというのは、非常におかしいことである。

曲目は、たしかドヴォルザークあたりだった。ブラームスだったかもしれん。

よく覚えてない。問い合わせればわかるであろうが。


無くした可能性のある場所
図書館内
:鉛筆を落として僕のかばんの中に入ったから探してくれ、という事件があって、そのときに、取り出して、忘れたのかも。
:受け取り忘れ

高3-5
:僕のかばんをあさっていた人がいたし、そのときに何かあったか?
:教室の後ろのほうで、かばんを開けっ放しだったかも。

卓球場
:ケージのCDを渡すために、かばんを開いたが、関係ないと思う。

イオン緑ヶ丘店
:昼食をとったが、たしかに帰るとき後を見なかった。と言って、落ちていることは無いと思うが。


最悪のパターン
:イオンで紛失
:電車で紛失
:教室のものが文化祭中に紛失

図書館に落ちてればいいんだけどなぁ。
copyright © 2005 詰まった!! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。