詰まった!!
僕の窮屈な頭蓋骨の中身。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
戦争なんて大っ嫌いだ!
ある王国の話である。その王子はあまりにもアホで、良くわからない行動を取りまくる人だった。

ある日、王様からつけてはいけないとかたく禁じられていた松明に火をつける。

その瞬間、城壁の全ての松明に火がつき、それは隣国との戦争を許可したことを意味した。

隣の国のほうが圧倒的に強く、戦争を待ち望んでいたので、これとばかりに一気に突進してくる。

仕方ないので門をしめて、兵士達が必死に守るが、門が破られるのも時間の問題である。

そこで、僕達も招集された。


僕達は木の槍を持って、敵が侵入してきたときに戦うことになったが、まず侵入されたら絶対に負けるであろう戦いだ。

しかし、門はすでに限界だった。

門の隙間から槍を投げてくる敵もいて、だんだん味方の被害も出てきた。

そこで、僕は逆に隙間から槍をついた。

50歳くらいの男性の頭に突き刺さり、そのまま気分が悪そうな顔をしたかと思うと、倒れてしまった。

しかし、その直後、門が突破される。

僕はとりあえずなりふりかまわず門の左側の小部屋に逃げ込んだ。

そこには5人くらいの人達がいたが、みんな戦いたくはなさそうだった。

一人、とても怖がっているKさんがいたので、まずは落ち着かせてから、脱出する試みを企てることにした。

そこで、4人、僕とKさん、Oさん、Aさんで行動することにした。

そして、階段を下りていくと、ある一人に出会った。

「おい、お前ら!」

とその瞬間、僕はそいつの胸を蹴って下に蹴落とした。3階分くらいの高さだ。

そして、そこから様子を見る。

落ちた人は意識を失っている。

周りには、裏門を家の屋根の上から見張っている人が一人。しかし、見つからずに裏門から逃げ出せる算段は無理だ。

しかし、とりあえず学校は抜け出さなければならない。

まずは、一緒に裏門を突破しよう、ということで、見つかっても良いからそのまま突破した。

「おい!止まれ!」

と屋根の上の人がいう。しかし無視した。

いつもの道を通ってはならない、として、いつもなら左にまがる道をまっすぐ進み、路地に入っていく。

ついてきている人はすでにKさん一人で、もうばらばらである。

すると、そこには地下に進む道がって、おおきなドアが。なんだかよくわからないが、もうダメでもともとで入る。

すると、そこはスーパーマーケットだった。

そこに、学校の先生がいたので、会わないようにするが、見つかる。無視して、エレベータが見つかったので、乗る。

まずは二階に行きたいところだが、Kさんが来ない。

もう時間がないので、無視して、エレベータのボタンを押す。

すると、すぐに閉まり、なんとどこまでも上がっていくではないか。

いつ止まるんだ?と思いつつ、上がっていく。

上の表示を見ると、3階の部分が光っている。なんと3階まで上がるらしい。

あわてて2階もボタンを押すが効果なし。

そして、3階に着いたら、そこは駅のホームだった。

ホームでOさんに会い、これからの計画を立てることにした

・・・覚えていれば続く。
面白いが・・・
最近のテストは全て学校で今まで学んだこととか学園生活について書けとかそんなんばっかりだ。

いや、面白いんだが・・・、細かいところは書けないないから(時間的にも余白的にも)、学問についての総括ばっかり書いているような状況だ。

とりあえず、思考の停止をなくそうということを一番前に出して書いてます。

あー、自分も無意識に思考の停止をしてそうで怖いが。
弱音・・・
最近、広告がひどくて、広告にしか載らないであろう言葉、少なくとも書かれたら不愉快な単語などを規制しまくっているのだが、いい加減に疲れる。
これだからFC2はだめなのだ、と言いたいところだが、移転する気はない。

単語規制を一回解いてみて、どの程度の効果が上がっているかを確かめることにした。

もしかしたら、閲覧者の皆さんに大変な迷惑をかけることになるかもしれないが、もしこれで効果があがっていないのであれば、http://を規制することまで考えなければならない。
ま・さ・か
まさか風邪ひいたなんてことはあるまい。

ただたんにいつもより鼻水がひどくて頭痛がして、寒気がするに過ぎない。ちょっと悪いだけさ。健康だ。

といっても、ひどいのは頭痛だけだし、パソコンの画面(ブラウン管)の見過ぎという説も十分にあるところだ。

最近視力の低下が本当に気になってきた。そろそろ日常生活に支障をきたすレベル。
チャイコフスキー週間
ニーチェの「ツラトゥストラはこう語った」を読んでいる。

これがまた、プラトンや聖書を痛烈に痛烈に批判(他にも批判してるものがあるかもしれないけど、よくわからない。明らかになにかのネタの引用だろ、と思われる箇所はあるのだが・・・)

そして、リヒャルト・シュトラウスの「ツラトゥストラはこう語った」の冒頭を聞いてみる。

そう、今日友達から有名な冒頭だよ、と聞いたので。

なんと!!こりゃ誰でも知ってるわ。この曲。はー、そうだったのか。いや、言われてみればツラトゥストラっぽいデンパな音楽だなあ。


昨日、モーツァルトの交響曲7曲買ったりしたが、ついでにチャイコフスキーの交響曲も買った。

というわけで、今日からチャイコフスキー週間!

グリーグ週間はとても面白かった。グリーグは大衆的な曲が本当に多いけど、前にも言ったように歌曲が秀逸だから。弦楽四重奏とかはどうでもいい感じしかしなかったが。
おと・・・
2310年の出来事である。

私の祖父は、世界中の音を取り締まる会社を設立した。

そして、弟が一人いる。

父さんが今社長をやっているが、もちろん、跡継ぎは私になるだろうと思っていた。

だが、あろうことか、父さんは弟に音を取り締まる会社の一部を渡し、私にはまったく連絡がなかった。

私は怒り狂った。

そして、ついに、仲間達とともに、音を取り締まる会社への攻撃が始まった。

さすがに世界的企業である。なかなか収集がつかない。だが、ついに、内部から崩壊させ、父さんたちを倒産させるに至った。

「お父と弟をとうとう倒産させたぞ!」

そして、音を取り締まる会社を吸収し、屈辱を晴らした。

そして、その仲間達9人に会社を分け与え、10の会社として分け、連帯企業の形をとった。

だが、父さんと弟の反撃劇は始まった。

そんなこととは露知らず、私は海外に旅行に行って、2ヶ月ほどの長期休暇を取っていた。

ある日、急に仲間たちから電話がかかってきて、なんのことかと思って受話器を取ると、

「あなたの父君と弟様がついに我らの会社を六つ倒産させました」

「何?あと4つは?」

「なんとか耐えている状況です。至急お戻りを!」

私は急いで帰った。

だが、間に合わず、全て倒産してしまった。

「何!?お父と弟、音をとうとう十倒産させたと!?」

めでたしめでたし。
昼食
最近、昼食代を500円しかもらってないのに、余裕で毎日800円から1000円で突っ走ってるので、財政がやばい。

今日から12月。12月は結構楽しみなことも多いな。

まず期末試験。やはりスリルは重要である>英語総合34点

うーっと、いろいろすっとばして、

大晦日、ベートーベン弦楽四重奏8曲演奏(7時間)とか。

いやー、体は寒いが、心は暖かいぜ!
copyright © 2005 詰まった!! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。