詰まった!!
僕の窮屈な頭蓋骨の中身。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
戦争なんて大っ嫌い!完結編
Oさんとどうするか打ち合わせをしたが、とりあえず、AさんとKさんに連絡を取ることにした。

Aさんにメールを打とうとするが、あせってなかなか文字が打てない。なんとか駅にいるということを打つ。

そして、Kさんに電話する。

・・・

「はい、なんでしょう」

Kさんは女性だが、ここで出てきた声は男の声だった。何も言わずに切る。不安が胸をよぎる。

そうこうしている間に電車が行ってしまった。次の電車が来るまで20分、追手が来ないことを祈る。

とりあえず、Oさんとホームの先端まで行き、最悪の場合は、線路を走って逃げられるようにする。

20分経って、電車が来る。Aさんが来ないかどうか見ていたが、あきらめ、電車に乗る。

この電車は終電であった。

そして、電車を降りると、自転車で、小学校のほうに走っていく。途中の道はグアムから持ってきた木を植えていて、森っぽくなっていた。

そのまま森の中に逃げ込む。

すると、父親が車で迎えにきてくれた。Oさんと一緒に乗り込むと、父親は家のほうに向かって走っていった。

家にいると余計危なそうな気がしていたが・・・。

家の手前の交差点に、人が立っている。あわてて顔を隠し、車は急カーブして、道を変える。

そして、家に何とかたどり着くと、台所に隠れていることになった。

そこに人がやってくる。

「ここからこの家を調べる。5分調べて何もなかったら出て行くから」

そして、台所をついに調べられるときがきたが、入り口の死角部分に隠れていると、案外やりすごせた。

ついに5分たつ。そこで、僕が出て行くと、

「あっ、見つけた、ついてこい!」

というので、とっさにその人に体当たりして、気絶させる。

これで、家の中を安全地帯として、一件落着である・・・。

が、他の人の安否も気になっていた。

ここでこの物語は終わるが、Kさんの安全は確認されました。
スポンサーサイト
戦争なんて大っ嫌いだ!
ある王国の話である。その王子はあまりにもアホで、良くわからない行動を取りまくる人だった。

ある日、王様からつけてはいけないとかたく禁じられていた松明に火をつける。

その瞬間、城壁の全ての松明に火がつき、それは隣国との戦争を許可したことを意味した。

隣の国のほうが圧倒的に強く、戦争を待ち望んでいたので、これとばかりに一気に突進してくる。

仕方ないので門をしめて、兵士達が必死に守るが、門が破られるのも時間の問題である。

そこで、僕達も招集された。


僕達は木の槍を持って、敵が侵入してきたときに戦うことになったが、まず侵入されたら絶対に負けるであろう戦いだ。

しかし、門はすでに限界だった。

門の隙間から槍を投げてくる敵もいて、だんだん味方の被害も出てきた。

そこで、僕は逆に隙間から槍をついた。

50歳くらいの男性の頭に突き刺さり、そのまま気分が悪そうな顔をしたかと思うと、倒れてしまった。

しかし、その直後、門が突破される。

僕はとりあえずなりふりかまわず門の左側の小部屋に逃げ込んだ。

そこには5人くらいの人達がいたが、みんな戦いたくはなさそうだった。

一人、とても怖がっているKさんがいたので、まずは落ち着かせてから、脱出する試みを企てることにした。

そこで、4人、僕とKさん、Oさん、Aさんで行動することにした。

そして、階段を下りていくと、ある一人に出会った。

「おい、お前ら!」

とその瞬間、僕はそいつの胸を蹴って下に蹴落とした。3階分くらいの高さだ。

そして、そこから様子を見る。

落ちた人は意識を失っている。

周りには、裏門を家の屋根の上から見張っている人が一人。しかし、見つからずに裏門から逃げ出せる算段は無理だ。

しかし、とりあえず学校は抜け出さなければならない。

まずは、一緒に裏門を突破しよう、ということで、見つかっても良いからそのまま突破した。

「おい!止まれ!」

と屋根の上の人がいう。しかし無視した。

いつもの道を通ってはならない、として、いつもなら左にまがる道をまっすぐ進み、路地に入っていく。

ついてきている人はすでにKさん一人で、もうばらばらである。

すると、そこには地下に進む道がって、おおきなドアが。なんだかよくわからないが、もうダメでもともとで入る。

すると、そこはスーパーマーケットだった。

そこに、学校の先生がいたので、会わないようにするが、見つかる。無視して、エレベータが見つかったので、乗る。

まずは二階に行きたいところだが、Kさんが来ない。

もう時間がないので、無視して、エレベータのボタンを押す。

すると、すぐに閉まり、なんとどこまでも上がっていくではないか。

いつ止まるんだ?と思いつつ、上がっていく。

上の表示を見ると、3階の部分が光っている。なんと3階まで上がるらしい。

あわてて2階もボタンを押すが効果なし。

そして、3階に着いたら、そこは駅のホームだった。

ホームでOさんに会い、これからの計画を立てることにした

・・・覚えていれば続く。
copyright © 2005 詰まった!! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。