詰まった!!
僕の窮屈な頭蓋骨の中身。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自由は必要か?そもそも自由とは何か?その1
とあるブログに、みんな同じようなこと(今日は勉強をあまりできなかっただの、テストの点数が悪かっただの)を書いていて、もはや不愉快だ、みたいな文章があった。
それに対するコメントに、そういうのを書くのは個人の自由じゃないか、みたいなものが載っていたわけだが、いろいろな事情により、転載はせず、アドレスだけ張っておく。

http://d.hatena.ne.jp/gobrin/

でだ、僕が議論の対象にしたいテーマは二つ、自分を卑下することによる自慢と、自由について、だ。
別に悪い奴が自分のことを嘆いてるだけだったら、自分の部屋でいつまでもやってろ、とそういうことなんだが、妙にできてる奴の癖に、そんな風に自分を卑下しつつ、自慢するのはどうなのか。
これは、(とくに僕と同じ学校の人に)よく自分に当てはめて考えて欲しい。
自分を卑下することによって自慢していることは無いか。
悪さ自慢をしたりするのとか、あきらかに突拍子も無い状態(昨日19時間しか勉強できなかった、これじゃあ勉強不足だーみたいな明らかに常識はずれな冗談)のような場合は別にいいとして、まさに上のブログに書かれているような状態になっているとするならば、改めたほうが良いと思う。
自慢したいなら素直にすること、ただし、それが本当に人が追いつけないようなものであることが条件だと思うが。

しかし、こんなのは、そこらへんのどうでもいい人間の本質をついただけの話であって、深く議論する対象ではない。

問題は自由である。
自由の問題はそこらへんにたくさん転がっている。
個人のブログに35過ぎたら羊水が腐るとか書いて非難を浴びすぎた芸能人や、家の周りをゴミで囲って市役所などからずっと勧告を受け続けているにも関わらずどかない人とか、児童ポルノの単純所持規制、および漫画などの規制とか、歩きタバコだとか、未成年者の深夜の外出だとか・・・、
規制されたほうが良いのに規制されなかったり、規制されるのがおかしいのに規制されたり、と個人が思うものはたくさんある。

日本の憲法では、公共の福祉を侵さない限りの全ての自由を許している。
これは、近代哲学が自由を追い求めて、それに賛同した結果ともいえるのだが、古代哲学では自由を悪とするのがもはや前提とすらなっている。

ひとつ例を挙げよう。
ネット界において、特定の人に不愉快な文章が掲載され、それを不愉快だと文句を言うと、そんなの見なければいいじゃないか、という風に言われる。もはや日常の風景であるが、全て自由が許されるならば、おかしいことが起こる。
まず、不愉快な文章が掲載されるのは、自由である。
不愉快だと文句を言うのも自由である。
見なければいいじゃないか、と言うのも自由である。
もちろん、不愉快な文章を見るのも自由であるが、自ら規制するのも自由である。
このような状態に文句を言うのも言わないのも自由である。
究極的に、喧嘩になっても自由、殴り合いになろうが、殺し合いになろうが自由。
これはおかしい。
少なくとも、喧嘩になる前にどこかに規制をかけないと、国家が崩壊する。
よって自由は全て許されてはいけない、ということが証明される。

その前に自由とは何か、考えて見なければいけない。
言葉の意味そのままに取れば、まあ僕なりにだが、

・自由の第一定理・
「自分の意思を実行(実践)することができる」

ということだと思う。もちろんこの言葉の姿だけを捉えなければならない。責任とか、節制だとか、そういうのはまったく必要としない。
責任を働かせないのも節制をきかせないのも"自由"である。
こう見ると、自由はどこまでも危険な存在だ。
自由を全て認めたら、全人類は欲望のままに走り、税金のゲーム理論の最悪系になる。

ex)税金のゲーム理論
選択肢
自分:①税金を払う②税金を払わない
国民:A税金を払うB税金を払わない
自分に最善は②A、次善は①A、次に②B、最悪が①B
(全員が税金を払わないよりは自分も払って国が安全なほうがマシ(よっぽどいい))
ゲーム理論では、自分は②を取るのが、国民がどっちの選択肢をとっても良い結果になる、が全員これを適用すると①Aよりも非常に悪い状態になってしまう。

よって税金は払わなければならないように規制するのが、すべての国民に利益になる。
これによって次の定理が導き出される。

・自由の第二定理・
「規制されなければならないものが存在する」

最終的にどういう答えに落ち着くかは僕もわからないが、今日はここまで。続くかな?
スポンサーサイト
無言歌
メンデルスゾーンの無言歌をちょっと弾いてみる。
以外にピアニスティックな気もするが、弾きにくいっちゃ弾きにくいような気も。
なんというか、西洋音楽の一番基本をついたような音楽って感じかな。
歌ってだけのこともある。

↑は題名重複を防いだ記事。

バッハのフーガの技法と音楽の捧げものが良すぎる。
フーガの技法で、一曲全部鏡写しにしても大丈夫っていう曲が数曲ある。
完璧なのが18番、不完全なのが、16番と17番。
なんで成立するのか不思議である。
特に18番の終わり方が、音楽的に無くてもいい装飾、
正規版でバスがA G Fis G A- D -------
鏡写し版で、ソプラノが、D E Fis E D- A -------
というのがとても感動的だ。感傷的ではないが。

13番はカデンツァつきのカノン=フーガであるが、曲の偉大さに負けてこの2声の曲より充実したカデンツァを弾けないような気がするのだが、意外とすっと入っていけるような感触がとても良い。

19番は一番初めのバスから始まるフーガAと115小節め、アルトからはじまるフーガBとその二つを組み合わせた(対旋律も含め)三重フーガと、BACH旋律を使ったフーガCと、全部を組み合わせた四重フーガが何故成立するのか不思議―しかもBACHという和声音楽に使いにくい旋律を使ってまで―である。

だが、とても残念なことに、この四重フーガになった瞬間原稿が終わっている。
次にd-mollの属和音に入ろうというところで、、なんとも残念である。

ちなみにBACH音形はここだけに出てきているわけではない。8曲目の二つ目の対旋律を見ると、
AAAFGGGEFFFEDCis・・・
だが、
159小節めなどにあらわれるこの音形の移動された形
EsCisDDDHCCCABBBAGFis
これを逆から読むと、BACHが現れる。

こじつけのように思われるかもしれないが、もともとこの曲集は主題を回転させたりひねったり広げたりするのがテーマなので、これを考えていたことは十分に考えられるし、そもそも言われなくてもしっかりとBACHの逆と感じ取れるくらいである。

もはや人智の及ぶところではない。
ゆめゆめ
ここ2日、変な夢ばっかりみるもんだ。
昨日は気持ち悪かっただけだが、今日は冒険とアクションの爽快とスリルと夢だった。

学校の図書館の前の道の下に水族館があるというのがテーマ(七不思議の影響か?)で、変態と化した校長などと絡みながら謎を解いていく。

特に印象的な場面は受付の前でなにやらやっていたときに、後ろから普通のおじさんが来るわけだが、それは敵であると直感し、受付が終了すればすぐに逃げられるような体勢をとって、瞬時に逃げる。これがなんと成功し、相手の計画が崩れるというところだ。

また、裏門から逃げると、(ここは実際の地理と異なるので注意)前と後ろから自転車で敵が囲んでくるので、仕方なく塀を乗り越えて学校内に戻ったり、
3階から別の建物に飛び移ったり。

生徒室という本拠地があって、高一の5がそれにあたる。そこも敵に占拠されるのだが、最終的にはハッピーエンドを迎える。

最近の夢はスリルの後にハッピーエンドがくるという、珍しい(?)形式が多い。
copyright © 2005 詰まった!! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。