詰まった!!
僕の窮屈な頭蓋骨の中身。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スカートの丈。
今日、朝起きたら、ニュースみたいな番組で、新潟の女子高生のスカートの丈は短い!
みたいな特集をやっていた。

僕は自分の環境から言っても、こういう思想になる。・・・そんなのどうでもいいぢゃん。

教育委員会たちは、スカートの丈を長くさせようと努力、女子高生はそれに反抗し、いろんな手を使って、生活指導に見せる用と外を歩く用で使い分けてるとか。

さて、ここで、ニュースは中立の立場を取ろうとしていながら、規制の立場をほのめかす結果になってしまったのは、女子高生の説得力が足りないのか、そういう思想が入っているのか。

紹介された、規制したほうが良い理由。
健康に悪い。→平均気温2℃で素足を出すのは、足腰を冷やす原因となる。
犯罪被害軽減→淫らな姿に見えますよってことらしい。
もうひとつは覚えてないや。

規制しないほうが良いという理由。
昔から、こういうスタイルが主流だった。
今のうちにしかこういう格好ができない。
もうひとつは覚えてないや。

明らかに規制したほうが良いという立場のほうが、理論的に展開されている。
規制したくない側として、それは意見であって理屈ではない。これでは、説得できない。

ただ、これは、話す方の経験の差というものが、ですぎた形だろう。
さらに、教育委員会側には、それなりの場所で会見をしていて、何を話すか考える時間がある。
一方女子高生側には路上で聞いているだけ。

あまりにもアンフェアではないか。

健康と容姿は、個人の力で守るものだ。強制されるものではない。
健康は伝染病の時とかはしかたないかもしれないが、今回の場合はそういう問題ではない。
ただ、容姿にだけに気を取られているのはあまりよろしい傾向ではない。容姿だけが膨れ上がった意味を持ち、その人本来の性格と精神が成熟されなければ意味が無い。
性格と精神からでる容姿ならば、それはおおいに結構であり、規制するのは、その人に害するだけだ。

だて、規制したほうが良いとの理由で、こういう意見があったのが面白かった。

男性が、スカート丈の短い女子高生を見ると痴漢と間違われそうで怖い。

なるほど、もっともだ。

・・・理屈としては、女子高生は見せるためにやってるようなもんだから、それを見られて痴漢として訴えるなんてのは、これは筋が通らないが、エスカレーターなどだと、微妙なことになりかねない。

僕の思想としては、見られる側は、見られた時の責任ももってそういう格好をしなさい、なのだが、今度は、見るのが嫌な人の立場を考えなければいけない。
しかし、まあ、これはどっかの赤いしましまの家が景観を汚すとして訴えられた事件と似ている。
景観を汚すまでとはいえないのだ。個人の領域で、直接害を与えるわけではない何をしようと勝手ではないか。

ちなみに、僕はこれだけは仕方ないと思うのだが、校則で決められたならば、それは守らなければいけない。
その学校を、特に高校ともなれば、選んだの本人だ。選んでおいて、文句を言うってのは筋が通らない。

僕が校則をやぶってるじゃないか、とか法律をやぶってるじゃないか、とかそういう話は気にしない。
ようは理不尽な害を被る人がいなくてばれなきゃいいんですよ。


と、まあ、こんな話をし続けるのにもネタがなくなってしまったので、最後に。

僕はこのニュースを見て、東京の女子高生を見てみた。
なるほど、スカートの丈はやけに短い。・・・ニュースでみた新潟以上の人も結構いるぞ・・・。
しっかし寒そうだ。見てるこっちが風邪をひきそうだ。
・・・知り合いがこういう格好をしているときに、寒くないの?と聞くと、慣れた、と答える。長ズボンでも寒い寒いと言っている僕は考えられない。なるほど、健康な子供は風の子である。

子供は風の子元気な子!冬に素足をさらしたって、風邪なんかひかないんですよ!教育委員会の椅子に座り続けたおっさん達とはからだのつくりが違うんだ!



・・・しかし、制服をちゃんと着るなんて偉いな。
お?
金がないので、リゲティの練習曲集を買った。

お?なんだこの曲は。

想像してた音と全然違うぞ・・・ってかはえぇ。

1巻1番はもっと歌うような曲かとおもったら全然野蛮だし、2番はだいたい想像通りだったけど、3番はもうわけがわからなくなってるし。

4番は、まあこんなもんだろ、って感じだが・・・。

まだ全部は聞いてないが、今のところ良さはわからない。

そうそう、批判するってのは実は勇気がいることに気づいていない人間が多すぎる。

あるものを批判するとき、その良さを完全に否定している、ということは、それが良いものであったとき、それを気づくだけの能力が無いということを自白しているにすぎない。

本当にくだらないものであったばあい、もちろん実際にはそっちのほうが多いのだろうが、それはそれで、その人のセンスが認められるが、このとき、その人には、批判する能力が要求される。

もちろん、これらに全部答えることができるのであれば、それはそれで良いのだけれども。

良い芸術は気づかれにくいことが多い。

それは、討論の中でにおいて、気づくことがまれにあるくらいではないか?

たとえ良い芸術を批判しても、それを超える芸術を作れば批判も筋が通る。

だが、それを超えているかどうかは、そのはるか高みにおいてしか見えない。

人類が永遠に気づかぬもののなかに、良い芸術というものは存在できるだろうか。

他人から認められなければそれは良いものとはいえないとはいえ、

大衆に認められず、良い作品は結構ある。

少なくとも、芸術的なセンスを持つ人が認めるようなものでなければ良い作品とはいえないのだろうけれども、芸術的センスってなんだ?ってことになる。

それは、創造する能力・・・独自的な考案をいくらでも思いつけるような人、マンネリ化しないひとで、人間的に、付き合っていて、影響を深く受けられるような人じゃないのかな。
風呂場は最高の実験場。
最近、風呂で遊ぶのに凝っている。

なにも思いつかないときは、考えているだけだが・・・。

昨日は、物を沈めたとき、なぜ渦巻きができるのか、ということだった。

腕をゆっくり前に押しながら、波をたてないように、指先まで丁寧に沈めていくと、相当大きい渦巻きができる。

理由をさぐるため、もっと大げさなものでやろうと、湯船の蓋を沈めてみた。

すると、周りから囲むように水が入ってきて、まっすぐに中央へ行こうとせず、回りながら水が流れ込んでくる。

そのまま巨大な渦巻きとなって、これは解決。

今日は、吸盤は大気圧によって押されて壁にくっついているのだから、水の中では、水圧になって、大気圧よりもよっぽど強い力で押されるはずだ。この検証。

まず、空気中で、吸盤を吸い付かせる。この時点でも結構強いちからを持っている。

次に吸盤を水の中にいれて、吸い付かせる。

これがなかなかうまくいかない。吸い付いてくれないのだ。

何度もやっていると、こんどは吸い付いてくれるようになり、前回のような現象が起こりにくくなる。
(なぜ?)

そして、水のなかでそれを力任せに取ろうとしても、全然とれないのだ!

途中で吸盤のプラスチック部分が壊れそうになったので、実験はやむなく終了。

これは結構うれしい。

ところで、壁にゴムは張り付くが、浴槽の中にゴムは張り付かない。ちょっとははりつくが、波が押し寄せるとすぐにはがれてしまう。

これは浴槽の表面に薄い水の膜は張ってるからでOKかな?

あと、もうひとつ、今日仮説をたてた。

波の速さより速い速度で指を水の表面を動かすと、どうしても泡がたってしまう。
それより遅い速度だと、うまくやれば、泡を立てずに動かすことができる?
偉大な効果
コメントの「http://」を禁止した瞬間、コメントが一切無くなった。
なんということだろう!これほどまでに絶大な効果があるとは!

だが、ちょっとさびしくなってしまったことも事実であるような気がしなくもないが、変なコメントが来るよりはまし・・・う~ん。

「~よりはまし」の「まし」ってなんだろう、増し?

増しって益しって漢字も書くみたいで、それっぽいけど、でもなんとかよりは悪くないっていう悲観的なものの否定って感じがして、より良いっていう意味では使わないよなあ。

はましはましはまし・・・って続く文章できないかな、と思ったけど無理だった。
これで文章作るのは僕の得意科目なんだけどな。

やっぱり、その基本となる文字すべてが接続詞になるようなものでないと結構きつい。

「え」と「へ」、「は」と「わ」は変換されてもいいような感じがするし、「ー」は入れてもあまり気にならないと思うが、
はえはへーわへ栄え葉へは経ない(蠅は平和が発展し、葉っぱを経由することはない)
というのは少しきついかなーと思ったり、でもこれはこれで言葉にしてみれば結構言葉遊び的な感覚は得られるとも思い、どこまで難しさを追究するか、というのは問題である。

4文字になると、ちょっとこれまた変かなあ。たとえば・・・
現る粗はルアー等、貼る粗春露になる。(粗が現れたとき、それはルアーなどである。これを貼ると春に明らかになる)
しかし、これは音的には、
あらわるあらわるああらはるあらはるあらわになる
となって、あまり繰り返した気がしなくなってしまう。これはあまりよくないな。
ひらがな的には
あらわるあらはるあーらはるあらはるあらわになる
こっちのほうはあまり感じないが、それは読み方がそうなのであって、ひらがなてきには繰り返した感じがしない、これは失敗作といっていいと思う。

思うをもう主、魚も羽主とする(私はもう思うのを主体とする。さかなも羽を主体とする)
こういう意味のわからないのもあまりよろしくない。

今日は不調だなあ。

今日の京都と東京都の教頭の共通語は共同
みたいなのを小学校のときに作ったことがあったが、こういうのもまあいいと思う。

うらにわにはにわ・・・はめちゃくちゃ長くなる優秀な語句。前にもこのブログで作ったことがあったような気がしたが、もう一回挑戦しよう。

鶏が裏庭には二羽に、埴輪庭に埴輪には二羽、庭には二羽。庭に鰐は二。埴輪庭には二。埴輪庭★に鰐埴輪二。鰐埴輪には荷、鰐は二。鰐は庭には二羽鶏がいるので食った。
(鶏が、裏庭には二羽、それに埴輪がおいてある専用の庭の埴輪には二羽、そして庭には二羽います。庭に鰐は二匹いて、埴輪庭も二匹います。埴輪がおいてある専用の庭に、鰐の形をした埴輪が二つあります。鰐の形をした埴輪には、じゃまなものがあります。それは二匹の鰐です。その鰐は庭には二羽の鶏がいるので食べてしまいました。)
うむ、おそらく前回よりは長いはずである。★マークのところに煮鰐埴輪二、鰐埴輪二、と伸ばすことがでいるが、煮た埴輪というのは、僕はみたことがないので使わなかった。
しかし、裏庭や埴輪庭も庭にふくまれるのに入れているところをみると、いれてもよかったかなあ。
もちろん鰐埴輪とは鰐の形をした埴輪である。

鰐埴輪二、埴輪二、とすれば結構のびるのだが、これは埴輪に鰐埴輪が含まれるだろうので、ここは退去。
さて、ひらがなだけでならべてみよう。
にわとりがうらにわにはにわにはにわにはにはにはにはにわにわにはにわにはにわにはにはにわにわにはにはにわにわにわにはにわにわにはにわにはにわにはにわにはにわにはにわにわとりがいるので食った。
うむ、これだけで解読できるひとは奇跡である。
面白い場所。
今日久しぶりに、某マクドナルドに入った。学校の近くではない。

ここはとにかく、周りの人達の会話を聞くのが面白い。

悪趣味だと思われるかもしれないが、これがまたすごい話に満ち溢れていたりするのだ。

今日は、隣で大声で歓談している人達がいたので、その3人の話を聞いていた。

まず、こういうのは、どういう人達なのかを理解するところからはじまる。

次の情報で結構確定する。

話しているのは男2人と女1人で、全員20代っぽい。

男Aはすでに成人式を迎えていた。

男Aより女のほうが年上であった。
男A「(女の名前)も嫌いじゃないけど、俺は年下のほうがいいからね。でも(女の名前)のおかげで年上も悪くないな、と思ったよ」

女より男Bのほうが年上、もしくは同い年。
年下ではない、みたいなことが話されていた。

男Aは結婚にあせる年齢ではない。
女「まあ、まだ結婚するって時期じゃないんだし、遊んでていいんじゃない?」

男Aは結構いろんな女性と付き合っている。
男A「俺は結構一途なんだよ。熱しやすくてさめやすいけど。冷めたら、また次探せばいいや、みたいな。」

男A、男B、女は大学からの付き合いみたい?
男A「はじめて会ったときは(女の名前)もいいなと思ったけど、年上は恋愛対象にならないからね」
男B「実はさあ、俺も(女の名前)も好きだったことあったよ」
男A「なんだよ、それ!」
女「もうこの話はやめようよ、なんか暗くなるから」
このときの微妙なニュアンスでね。

男Aは家族と一緒に暮らしているみたい。
母にまつわるエピソード。

男A「俺がさあ、大学の入学式の時に一目ぼれした女の子がいてさあ、合唱祭のときに、女の子がピアノ弾くっていうから、俺は指揮をするって名乗り出たんだよ」
女「うわ~露骨だね~」
男A「それで、彼女がピアノのレッスンに行くっていうから、俺が指揮の練習もしたいから、って言ってついていったんだけど、帰るとき、彼女を家まで送っていくことになったんだ」
女「展開早いね!」
男A「すると雨が降ってきてね、俺は傘を自転車に差しておいて持ってなかったんだ」
女&男B「謀ったようになってきたねえ」
男A「それで、彼女が傘を差し出してくれてさ、それで彼女の家まで行ったんだけど、彼女がもっと話ししたいって言うから、お邪魔することにしたんだ。だからもしかして俺のこと好きなの?って思うじゃん」
女「相手が自分を好きかもしれないって思ったら危険信号だけどねー」
男A「で、彼女の家に入っていったんだけど、
・・・ここでなにかあったらしいが聞き逃す・・・
気づいたら深夜の0時過ぎててね。で告白してるときに、ポケットのなかで携帯電話がブーブーなってるわけ」
女「出るわけにはいかないねえ」
男A「それで、きっとお母さんだろうな、とおもいながら、無視しつつ告白したんだけど、後でみたら、やっぱり母って書いてあって、6通とかになってるわけ。それで1時に帰ろうとして、お母さんに電話したら、「何してるの!お父さんに言うよ!」」
女「そういう時って大抵もうお父さんに言ってるもんだけどね」
男B「まあそうだねえ」
男A「で、俺は「いや、好きな女の子のところに行っててさあ帰るのが遅くなったんだ」って行ったら、お母さんが急激に態度が変わって「ああ、それじゃあ仕方ないわね、早く帰ってらっしゃい」って急にやさしくなったんだ」
女「うわー、正直に言ってよかったねー」
男A「うん、それで
・・・ここらへんは集中して聞いてなかったので聞き逃す・・・
女「そのお母さん、いいね!いいキャラしてるよ!」

他にも男Aのお母さんにまつわるエピソードがあったが、覚えていない・・・。

とまあ、こんな風に人の素性を考えたり、物語を想像するのはけっこうおもしろいのです。

他にも、強烈なやり取りがあったりして面白かったが、まあ、あんまり書いてもアレゲだし、ここらへんで終わろう。
重要なお知らせ。
重要なお知らせです。

最近、1日に3回ほどの広告コメントがきます。

どれも非常に気分を害するものばかりです。

よって、「http://」の書き込みを制限しました。

URLを書くときは、hを大文字にするなり消すなり、あるいは他の方法を工夫してください。


ユニークなのを期待してたりします。
でも面倒なのはやめてくださいね。
さーて、二月ですねー
二月ですよー。もう早いですねー。

グーグルに不具合があったそうですねー。

アルカンのエスキスの楽譜が出版されたそうですねー。

2500円くらいだそうですねー。

昨日は更新できませんでしたねー。

昨日帰納機能が帰農のため働きませんでした。

一昨日音と意をと問い音とイオ尊い弟によれば関係ないそうだ。

訳:一昨日、僕は弟に、音と、音に関する意味を問うてみた。弟は、(木星の衛星である)イオと弟は関係ない、これが音に関する意味だそうだ。
copyright © 2005 詰まった!! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。