詰まった!!
僕の窮屈な頭蓋骨の中身。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はまる。
やはり、フーガの技法ははまる。

音楽の捧げものよりも好きだ。

フーガの技法は音を重視していて、音楽の捧げものは形式を重視している感じがする。

もちろん、フーガの技法の鏡像フーガなど、普通の人には思いつけないし、思いついたところで書くことはできないものではあるが。

音楽の捧げものはいかに厳しい条件でできるか、ということをバッハが楽しんでやってるという気がする。

特に曲集最後のカノンは調性音楽ではありえないような趣向だ。それを見事に音楽にしてしまったのだからすごい。

しかし、さらに驚くべきことは、バッハは消すことができる鉛筆で書いているわけではないということ。

またその時代、紙は高級品だから、あまり多用することもできなかったはず。

清書用紙だけを渡されて書くようなものである。

とても信じがたいことだ!
スポンサーサイト
copyright © 2005 詰まった!! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。