詰まった!!
僕の窮屈な頭蓋骨の中身。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ふう。。。
今情報の授業中~。

html文書書かされてる。懐かしいといえば懐かしいが、すでに知ってるものばっかりで、暇すぎるともいう。授業の意味がよくわからない。

あと40分もあるかと思うとぞっとする。さて、暇だから文章でも書こうか。

昨日(ってか日付変わってから今日だけど)、友達の家に泊まって、1時間前に登校、練習室でシャランのバス課題を弾いたりして、時間をつぶしていた。

2:00ごろから布団に入っていたのだが、ずっと話していたので、寝たのはおそらく2:30くらいだと思われる。

起きたのは7:30なので、睡眠時間は5時間、まあまあか。

慣れないところで寝るというのは少々疲れるものだが、結構快調な朝を迎えた。

今日は早めに(20:00くらいに家に着くように)帰ろう。

靴買わないといけないし、散髪もしなきゃいけないし・・・。

まだあと37分もある。なんか語ることないかな~。

何にもないな。話題はあっても、それをまとめるだけの能力がない。

最近1日ひとつは文章を書かないと何となく落ち着かない。それは、mixiを更新しなきゃいけないとかそういう罪悪感からくるものではなく、むしろ、習慣として。

しかし、口語調で書くことが多い。すると、しっかりした文章が書けなくなってきているのではないか、という危機感があったりする。

僕は、文章をでっちあげる能力を自慢にしてきたのに、それを奪われるのはつらいことだ!

それから、最近英語調の文章を書くようになってきたかもしれない。

英語の翻訳のような文章はそれはそれで効果的だったりして、好んで使っていたのだが、それが、普通になってしまうと、日本語として不自然な文章になってしまう。

とにかく美しい文章を書き続けられるようにしたい。しかし、推敲しない僕としては、かなり神経を使うことで、毎日続けるのは少々無理そうだ。

だから、現状維持でよい。今、時間をつぶすために、文章を書き続けているが、こうやって文字数を引き延ばす技術というのも、中学高校で得た大きな技術の一つだ。

さて、文章を書き始めて10分、ついに、あと授業は30分となった。

もう少しの辛抱だ!

この前情報の授業中にyahoo将棋をやったりしたが、あれは案外時間が危なくなったりするので、あまり好ましくないものだった。
yahoo麻雀とかやってみたいが、あれはもっと時間が怖い。

ところで、昨日友達と話していたことだが、運の要素が高いゲームに実力の入り込む余地がどれくらいあるか、ということである。

運の要素が全くないゲームというのは、基本的にはないが、ほとんど無いゲームというのはある。
たとえば、将棋囲碁チェスオセロなどなど。完全情報二人ゲームともいうな。
しかし、これは本当に運の要素が先手後手だけなのだろうか。
相手が何をさしてくるか、というのは運の要素に入らないのだろうか。
事実、将棋が先手後手以外の実力100%のゲームであったら、少しでも強い人が、毎回勝ち続けることになるように思われる。
ただし、実際はそうではない。
もちろん、未来に、コンピュータなどが将棋の全手順を解析して、そのなかで、それらに戦いを挑んだら、実力100%かもしれないが。
実際指してみるとわかることだが、将棋は実力100%のゲームではない。
自分の中の二者択一を心の中のコインを投げて決めることもある。

よく誤解されそうなことだが、7並べは運の要素がほとんどだ、というのは嘘だ。
手順によって、かなり勝敗は偏る。
もちろん、初期カードが、A23JQKあたりしかなければ何も出せないまま勝負が終わってしまうこともありうる。だが、こういう極端な運の悪ささえなければ、ほとんど実力によって勝敗は決まってくる。たぶん、上級者と初心者がやれば、どんなに多く見積もっても5回もやれば、上級者が勝っていると思う。

ましてや麻雀は、1回の勝負の中に、何回もの運の配りなおしが含まれていて、勝敗に運が入り込む余地はほとんどない。
天和二連続とかそういうことにならなければ、おそらく上級者がまず勝つ。

運の要素が入るゲームというのは、大体の場合、全く同じ状況というのがありえず、その場での対応が重要視される。
それは、ゲームへの根本的な理解が必要で、将棋の定跡を暗記するのとは少々違う。

ということで、ほとんどのトランプゲームや、麻雀とかそういうゲームも実力がほとんどの世界だ。よっぽどの不運に見舞われない限り、負けは実力の無さ、勝ちは実力が相手を上回ったものと見てよい。もちろん、相手にもてあそばれている場合は別かもしれないが。

とくにわかっていない人が多いが、(僕の高校同級生にそんな人はいないと思うが)ポーカーは運の要素が全くないゲームと言ってよい。
どうしても、100回200回、それどころではない回数をやるポーカーは、全く実力だけの世界だ。
トランプの強さもほとんど関係ない世界で、運の要素がどこにある?という疑問を投げかけてしまう。

やってみればわかる話だが、ほどほどに。

さて、そろそろ授業が終わりそうだ。それではまた。
スポンサーサイト
copyright © 2005 詰まった!! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。