詰まった!!
僕の窮屈な頭蓋骨の中身。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
緊張(あがり)
今日は副科ピアノの試験だった。

弾いた曲は、Chopinのop.23、すなわち「Ballade」1番だ。

この曲は、僕にとっては思い出の曲であり、いままでの僕のピアノを支えてきたような曲だ。

出会いは、小学5年生の春、全音の、ショパンピアノアルバムの本を、何か初見で弾いてみるか、と、偶然あけたページがこの曲で、この大曲を、1時間くらいかけただろうか、全部読み切った。

途中にでてくる枝分かれする音符をみて、二つ頭のある土筆でもみたような気がして喜んでいたことを、今でも鮮明に覚えている。

弾いてみたい、と思い、8ヶ月後の発表会にむけて、ひたすら練習を続けた。

8人のピアニストのCDを聞き、戦場のピアニストで見たりもして、とにかく8ヶ月、この曲に没頭した。小学5年生だから、届く音程も狭く、オクターブは白鍵でぎりぎり、黒鍵は届かないという状況だったから、省略して練習していたが、いつからか届くようになっていたような気がする。

発表会では、自分でも見事と思えるほどの演奏で(動画が残っているはずであるが、見当たらない)、今は亡き祖父にグランドピアノをご褒美として貰った。

それから、僕はこのグランドピアノが届くまでバラードを弾きつづけ、このグランドピアノで弾くことを楽しみにするつもりだった。

しかし、練習は途切れ、結局、このピアノでバラードは弾けなかった。

中学受験のさい、バラードを教えて下さった先生から別の先生に代わり、中学に入ると、音楽大学に入るわけでではないから、ピアノを楽しんで続けていこうということになった。

中学3年、軽い鬱で、ピアノを辞めることを考えたが、間一髪、辞めずにすんだ。
しかし、学校での成績は最悪、大学を考えると、暗闇しかなかった。

忘れもしない高校1年の1月5日、僕は人生を捨てる決心がつく。
勉強はできないし、何ひとつとして特技を持たない僕が、それまでの人生を支えてきたピアノに託するのも悪くはない。
しかし、音楽大学に入らないつもりで習ってきた僕はピアノ科に入ることはおそらく出来ない。親は国立以外は駄目という。

趣味であった作曲で入ることにして、高校2年の6月に、作曲を習いはじめる。
作曲の先生には、和声もできず、ピアノも弾けず、勉強もだめで、どうしようもないように見えたに違いない。

それでも、僕はフーガがとにかく好きという意地で受験に臨んだかもしれない。

大学に入って、ピアノの先生には、開口一番、
あなたはピアノを習ってこなかったのね?それでは弾いてることにならない。

友達には、下手過ぎる、乱暴、うるさい、本気で弾いてよ、と言われ続け、それでも、基礎から先生に習い続けた。
音色のことは、現代音楽ソルフェージュの先生が驚愕するほど指導してくださって、ピアノの可能性が広がり、一番衝撃的だったのは、
大学二年の秋に聞いたマウリツィオ・ポリーニのピアノリサイタルだった。
この演奏が衝撃的すぎて、2日間は他のピアノを聞けず、この時にアンコールで聞いたショパンのバラード1番が、僕の精神の全てを奪い取ってしまったようだった。

放心状態から立ち直るのに1週間かかり、ピアノをなんとかして弾きたい、本当の意味で、ピアノの音色を自分の指から出したい、と思った。ベートーベンのピアノソナタ7番を習っていたが、試験で大失敗。

こうして、大学生活も半分終わり、選んだ曲が、ショパンのバラード1番。
この難曲をなんとしても弾きたかった。

先生の丁寧なレッスンを受け、音色を鍛え、臨んだ試験。


暗譜が飛んだ。


どうしようもない演奏になってしまった。

ショックだった。小学生のときに弾いた栄光が、自分の音色に若干ついてきた自信が、ピアノに対するようやくついてきた自分との関係が、
また崩れてしまった。

僕は、立ち直らねばならない。このショパンのバラードを、なんとか完成させなければ。
小学5年生のときに出会ったこの曲を、10年経って、まだ縋(すが)ることすら出来ない。

直す面は、人前の緊張と、ピアノの技術そのものだ。

僕は一人相手にすら、緊張してしまう。緊張してもいい、その時に、しっかり、いつも以上に綺麗に弾けるようになればいいんだ。

経験をとにかく積みつづけ、いずれ弾かなければならない曲だ。このバラードという曲は、人生の節目としてもよいほどの曲だ。

未だに僕を魅了し続け、立ちはだかり続ける曲なのだ。

そういう曲に会えたことは幸せで、さらにピアノを続けていきたいと思う。
スポンサーサイト
copyright © 2005 詰まった!! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。