詰まった!!
僕の窮屈な頭蓋骨の中身。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
理論→実践
理論は楽しい。実践は難しい。
そういうものだ。

たとえば語学を習っているとき、文法や単語を覚えていくのはとても楽しい。緻密で自由な世界が広がっていることを感じたとき、人間の知恵というものに感動させられる。

だが、話そうとか、書こうとかしたときはもうそんな緻密さとは言ってられない。いかにはやく感覚的なものにするのかが問題で、考えることはほとんど要求されていない。

最近ジャズピアノを独学で勉強してみている。
どこまでものになるかわからない。師匠は本とCDだけ。
理論は面白く、また興味深いものだ。コード記号が覚えられずに苦しんではいるが。
しかし、1時間かけて学んだ和音も打つのはせいぜい一秒程度。
思い出すのに何十秒もかけてしまっては、4つか5つ和音を打つだけで曲が終わってしまう。
実践はとにかく感覚というものが必要で、それがどのくらいあっているのかは、その道の人に聞いてもらうしかないと思う。まあ録音なんていう方法はあるだろうけど。

まだ実践ができた喜びを味わったことがない。
作曲は所詮永久に理論で、リアルタイムなものはない。
数学は楽しいが、これもリアルタイムではない。
一番近かったのは将棋だろうけど、感覚で指しはじめると負ける。

結局僕は理論の人間で実践がかなり苦手な部類にはいるのだろう。

また練習をしないものだから余計救いようがない。

ただ、実践へのあこがれはある。単純にかっこいい!
かっこよくなりたい!

というわけで、ジャズをいろいろ試してるけど、やっぱり難しい・・・。
スポンサーサイト
copyright © 2005 詰まった!! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。