詰まった!!
僕の窮屈な頭蓋骨の中身。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
倍音を極めた・・・!?
今日、また訓練をつんだので、電子ピアノではどれくらいになっているかを確かめる。

あー11倍音うるせー、これじゃあ集中して13倍音聞けないよ。

とか言ってたんだが、途中から、あー13倍音うるせーというところまで発展。

逆に7倍音とか9倍音とかのとり方を忘れたが、追っていけば簡単に取れる。

あるとき、

ボーンと鳴らすと、上のほうで、とーーっても小さな音で、シャーンというクラスターにも似たような音が聞こえた。

そのなかから特に響いてくるのが、17倍音と思える、Des音

良く聞くと、明らかな22倍音や26倍音もある。

13倍音の音の大きさに負けないように、注意深く何度も聞けば、不思議なことに、やはり、上のほうでクラスター。

あまりにも間隔が狭すぎてつかめないが、17~30あたりの倍音が一気に聞こえる。

おそらく、普通の楽器だったら、どんなものにも存在するであろう、倍音のクラスター、これが聞こえるようになれば、倍音は完璧なはずだ!


・・・気のせいじゃない、、、はず・・・。

しかし、重要なものがとれていない・・・15倍音である。

追記:22:14
倍音を固定することができると、基音で旋律を流したとき、複調のようになって、高いところで別の調の旋律が聞こえる。
実際にやってみるとわかるが、ピアノは相当難しい。
クラリネットの3倍音が一番らくだろう。
だが、倍音マスターになるためには、ピアノでそうとう高次の倍音の複調を聞かなければ。
3倍音は楽。
5倍音も楽。ラヴェルのボレロを思い出す。
7倍音も楽。っていうほどでもないが楽。連続七度が汚くていい。
9倍音はぎりぎり聞こえる。7倍音が下のほうで聞こえるのに、9倍音がその3度上っていうのがいい。
11倍音まではなんとかなった。13倍音はまだ試してないというのもあるが、ほぼ無理。
メシアンが11倍音まで聞けたっていうのは、このレベルのことなんだろうか。
13倍音は訓練で聞けるようになる。暇があったらやってみるべし。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 詰まった!! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。