詰まった!!
僕の窮屈な頭蓋骨の中身。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
感覚的限界。
人間の計算能力にどうしても限界がでることはこの前示した。
宇宙が不連続であるかぎり、これは仕方のないことだ。

しかし、特定の文字数で示せる最大の数字はそう簡単には発見できず、日々改良が為されるのだ。

改良といっても、答えは1つしかないはずで、結局不完全なものか、完璧なものしかないのだけれども。

詰将棋の世界で、普通の詰将棋ならば、最長手数は今のところ1525手である。
もっともこれは常識となっているが。
今となっては驚くべきことは、1525手という超手数が作れたことではなく、13年間、この記録が破られていない、ということである。
さらに言うなら、これに一番近づいたのも1205手で、300手以上及ばない上、ミクロコスモスの発表から10年たって、この調子である。
詰将棋作成者の人数はたしかにそれほど多くないのかもしれない。
とくに、マニアの人達は、1000人にも満たないのではないか。
この人達全員が最長手数を目指してつくるわけでもなく、偉大な記録を塗り替えるのはたしかに滅多にないことだとは思うが。
しかし、最長手数というのは、もっとも素人判断であこがれるものである。
もう皆、1525手は超えられないとあきらめているのだろうか。
たしかに、200手以上の詰将棋を作れれば1人前だ、といわれるような世界で、莫大な時間と知能を要するもので、革新的なシステムを作り、何個も組み合わせないとこの記録に近づくのも不可能だろう。
詰将棋の初期配置を全て調べて、その中の最長手数が1525手であるのなら、これは仕方がないが、そんなことはないはずだ。

詰将棋作家は、同じアイデアを使って発表することを嫌う。
これは一種の意地のようなものでもあるが、しかし良い風潮でもあるといえる。
しかし、長手数に限って、同じアイデアでいいから、2000手に近づくようなものを作ってくれないものか、と願ってしまうものである。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 詰まった!! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。