詰まった!!
僕の窮屈な頭蓋骨の中身。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カードゲーム
僕の高校は他の学校に比べてカードゲームが強い、みたいな記事があった。

そうだと思う。トランプに限って言えば、

大富豪
ハーツ
7並べ
ポーカー
ダウト(特に将棋部ルール)

大富豪とハーツは僕はルールを知ってるだけなので、そこまで強くないが、したの三つなら、同級生とまともに張り合う自信がある。

おそらく他の学校の人たちに比べて研究量も勝負量も桁はずれに多いはずだ。

高三の受験シーズン(12~3月)ですら、すくなくとも週に一回はトランプに触ってたからね。

7並べはおそらく他校生相手には殆ど負けないだろう。もちろんカードが悪ければ一回も出す暇もなく負けてしまうことがあるが、むしろそういう状況になるまで打ち続けた人がどれほどいるか。
少なくとも、運の要素が50%以上あると思ってる人には勝てる。
(究極的には全員最善手なら運だけの戦いになるが、それほど強い人は見たことがない)

ポーカーは他校生相手には絶対負けないだろう。カードが毎回ひどくても勝てると思う。
まず打ってる量が半端な量ではないし、殆どの状況の数学的な確率と勝率を知ってるのはもちろんのこと、相手の表情、交換枚数による相手の手役の限定、レイズの癖などを見抜く力は圧倒的である。
さらに、金額に圧倒されない力も相当なものだと思う。

ダウトは、このルールで打ってる人がほとんどいない以上たぶん圧勝だとは思う。
しかし、もともとのダウトがクソゲーだからしかたない。

そうそう、上には書かなかったけど、ババ抜きはただ単に運のゲームじゃなかったようだ。
同級生と打ってたら、みんな呑気に手札をどこにしまったかの情報を見せてくれるんだから。
とりあえず、これを読んでれば負けない。

基本的にみんな研究量がすさまじいんだよな。
だからこそ打ってて楽しいんだけど。
やはり他を寄せ付けないような能力に立ち向かっていくのは楽しい。

またそういうのと研鑽しているうちに、自分の力が上がっていくのを感じるのも楽しい。

一段上の境地から見下ろす快感はやみつきだ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 詰まった!! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。