詰まった!!
僕の窮屈な頭蓋骨の中身。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
古典
ベートーベンピアノソナタ31番を趣味で練習始めた。

うむ、とてつもなく難しい。

ペダリングが感傷的になってしまったり、旋律が長くなりすぎたり短くなりすぎたり。

ピアノの先生に言われ、極力アーティキュレーションには気をつけているが、それでも、指使いの工夫や、ペダリングの工夫が足りないことが多い。

アーティキュレーションの点では、2楽章が恐ろしく難しい。
右手と左手のアーティキュレーションの違いや、急激な変化、細かいスラーとかテヌートスタッカートとか、それだけでも大変なアーティキュレーションが次から次へと出てきて、嵐が過ぎ去るような緊張感を持って全て表現しなければならない。
それも、和音が多く、旋律線と和声のバランス、バスの運動性や力性など、気をつけるところは枚挙に暇がない。

3楽章のアーティキュレーションも恐ろしく難しいが、何より難しいのは対位法的に、旋律的に歌うことだと思う。
全ての音が同等の価値を持っていて、全ての音に注意を払い、その音単独の音色と隣の音との関係性、主題の位置など、気を付けることが多すぎる。

こんな難曲に挑みたくなるのは、やはり、この曲が大好きだからで、ベートーベンらしい起伏や緊張など、古典曲らしくあり、らしくなくもあり、バランスのとり方も素晴らしいと思う。

コーダの右手と左手の開離は、信じられないような劇的な効果を出すし、和音などの配置の聞きなれない形ですら、いとおしく、また、身もよじれるような苦しみや、喜びが詰まっているようである。

最近は古典派の曲を弾くのが楽しい。

細かい音の音色の操作が必要であり、やりやすいから。

ただ、途轍もなく難しい。ただ弾いているだけではまったくおもしろくもなく音楽にすらならない。

だからこそ挑みがいがあるというものだ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 詰まった!! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。