詰まった!!
僕の窮屈な頭蓋骨の中身。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
授業(3)
授業(1),(2)から先にどうぞ。

Yさんに
「君は科学ってなんだと思う?」
理科っていうイメージ、という答え
「理科好き?」
いいえ
「一番好きなのは?」
・・・(略)
「理科で感動したことってない?たとえば磁石が引き寄せあうこととか、あたりまえ?」
あまり感動したことが無いとのこと。
「僕は鉛筆が落ちたらその重力という力だけで感動したことがある。そういう経験ないかな?
山登りをしたときに、なぜこういう風景がひろがっているのか、その風景に感動したことは?
宇宙の話を聞いたときに、このように広い世界が広がっていて、太陽や地球が存在することは不思議に思わなかった?
もっと身近なことでは、消しゴムで鉛筆の文字が消えることすら不思議じゃない?」
消しゴムの例だけなぜか賛同された。
「別に感動を強要してるわけじゃない。それは個人の興味と感覚の範囲だから。でも、身近なことや、あたりまえのようなことでも、不思議であるという感覚は大事だと思う」
身近なことを不思議に思うってあんまりしたことないですけど、必要ですよね、というので
「別に、身近なことじゃなくたっていい。科学館とかで、不思議な体験をしてもらったこととかないかな?」
科学館には行った事がないらしい。
「今度行っておいで」

「さて、今回の例では、山登りの人が、経験的に、天候や危険を察知することができる、という話だったよね。これが科学とどうからんでくるのか、そろそろ文章にできてこないかな?」


次、Hさんを見ると、8行くらいの文章が書かれていた。恥ずかしいので声には出し読まないで、というので、僕は黙読。
それにしても、前でやってる話楽しそうですね。鉛筆を落として重力を感じる楽しさとか私大好きな話です、などと言われたので、重力に関してちょっと話す。

Hさんの文章は、僕との対話がまとめられているものだった。僕は、論理の抜けや、倫理的な矛盾を次々と突いていく。

Yさんのほうも、文章の要約が3行ほど書かれているだけだった。やはり、考えというのは、文章化するのは非常に難しいらしい。

「君自身がどう思ったか、というのを書く必要がある。もちろん、これには慣れや、語彙力が非常に必要になる。でも、今回、その考えるという事に対してヒントはいくつかあげられたと思う。じっくり自分で考えてみて」

授業終了。

YさんとHさんは友達だったらしく、Yさんは悪、哲学に興味があったらしく、Hさんは、科学のほうの話にも参加したかったとのこと。

二人でお互いに考えたことを話し合ってみて、と最後のアドバイスをして、授業が終わった。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 詰まった!! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。