詰まった!!
僕の窮屈な頭蓋骨の中身。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホルントリオ
桐朋音楽大学に、野平先生の講座を聞きに行きました。
東京芸術大学でも、現代音楽技法という講座を聞いていたのですが、同じような口調ではありましたが、また違った先生の姿でもありました。

現代音楽技法は、構成や配列のような、構築していく過程を事細かに説明して下さっていたのですが、今回の講座は時間が短いこともあってか、おおざっぱな構成と、作曲の背景が中心でした。
といっても背景の話はやはりとても面白くて勉強になりました。

中心はリゲティのホルントリオと野平先生の、もう一つの・・・月、でした。
リゲティのホルントリオは本当に大好きで、CDも何度も聞いているし、楽譜は5ー6回借りています。大学1年の時に出会い、それ以来忘れられなくなって、暇があればつい聞いてしまう曲です。

演奏会もあり、ホルントリオの実演も聞くことができました。夢のようでした。

学生の演奏でしたが、レベルは高かったと思います。
細部を詰めるというレベルではありませんでしたが、僕自身はピアノはそこまで弾けないと思うし、アンサンブルも、ほとんど落ちることなく成功していました。
ホルンの守山先生が、こんな難しいの吹いたことない、等とおっしゃっていましたが、たしかにこの曲のホルンの難しさは恐ろしいもので、これに挑戦し、演奏会で吹くということにも、敬意を表します。

素晴らしい体験でした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 詰まった!! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。