詰まった!!
僕の窮屈な頭蓋骨の中身。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
走り回り
朝、ドイツ語のラジオで起きる・・・多分ドイツ語だと思う。

動詞を始めに持ってくれば疑問文になりますから簡単です、とか言ってた。夢だったかもしれない。

と、気付けば何故か既に9:00、何故?

学校まで2時間弱かかるのに、10:40から授業。しかも先週も寝坊、出席も危うい・・・。
急いで支度すると、親が病院まで行くとかで、今すぐ行けるんだったら駅まで送るとのこと。実に起きてから出発まで8分くらい。

結果割と余裕で学校に着き、途中で買ったおにぎりをぱくぱくしながら授業が始まるのを待つ。
教員が、生徒に静かにして欲しそうにしているのだが、素直に言えないらしく、皮肉で弱く、「質問でもあるんですか!」とか言うので、質問してあげる。これ、やってみたかった。

で、昼休みは久しぶりにフルートでも練習して、
3限イタリア語、4限フランス文学

フランス文学はヴェルレーヌを中心にやっていて、最近は辞書なしでも割と読める。ボードレールやマラルメにくらべて語彙は単純だからかもしれないが。

5限は尺八。
といっても水道管。
音は割と簡単になり、ふうふうやってたら、尺八習ったほうがいいんじゃない?とか言われる。嬉しい。
調子乗って、指穴から息を吹き込んで音鳴らしたりして遊んでたら、そういう奏法はないが、やる人はいる、とか言われて、怒られたりはせず、そして、クラス中に広まってしまった。

尺八を抱えたまま、洗足学園に、アコーディオンのゴルトベルク変奏曲のリサイタルを聞きに行く。先着200名にCDプレゼントと聞き、それを目指して20分前に着くように学校を出たのだが、、、
溝の口で迷い、歩けど歩けど学校には着かぬ。
走って捜し周り、結局5分遅れて学校に到着したのだが、探せど探せど前田ホールには着かぬ。
結局守衛さんに聞いて入った時にはすでに10分遅刻、汗だくで演奏中に3階から入り、流れてる曲は妙な和声の現代曲。あれ?ゴルトベルク変奏曲じゃないの?とか思っていると、聞き慣れたゴルトベルク変奏曲が。
1曲~3曲おきに現代曲が挟まれながら演奏されるという、ずいぶんマニアックな演奏会であった。
知ってる部分で何回か暗譜飛び、ミスタッチと思われる部分があったが、それにしてもアコーディオンという楽器は美しい。
結局はパイプオルガンなのだが、音量の調節が出来、しかも呼吸するが如く歌えるというものだ。ストップによっていろいろな音色が出せ、いわば、究極的にロマンチックなオルガンと言える。
特に掛留によってもたらされる2度の美しさは比類ない。クラスター的な和音でさえ美しく響く。
一瞬で虜になり、ミスタッチに少々ヒヤヒヤさせられながらも、心から拍手を送ることができる演奏であた。
アンコールでテーマが演奏され(なぜアンコールに?と思われるかもしれないが、これは極めて必然であった)、聞けなかったもっとも美しい部分を味わい、帰ることができる、とおもいきや、パンフレットの裏に3桁の数字が書いてある方にはCDのプレゼントが、というアナウンス、パンフレットを裏返せば160という数字が!
ありがたく握手とCDを頂戴し、演奏会を知らせて下さった守山先生とも挨拶をして、無事帰宅中である。それにしても水道管尺八をもちながら知らない町を走り回り、足が大変なことになっている。

さて、明日までにフランス語の宿題をやらなきゃなー。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 詰まった!! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。