詰まった!!
僕の窮屈な頭蓋骨の中身。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
現代音楽と戯れる
日記書く時、なるべく他者に読ませるレベルは維持したいですが、結局自己満足に終わり気味ではありますね。

3ヶ月ぶりのフルートレッスン、宿題ハインツ・ホリガーの(t)air(e)...だったのですが、無理だったので、バッハのソナタを持って行きました。
先生によれば、「いきなりかなり高度なことをしているけど、そのおかげでベーシックな技術も付いてきた」ということでありがたい限りです。

早めにレッスンが終わったので、作曲棟で練習、と思っていたのですが、寝てしまいました。昼休み、ひょこっとキャッスルでたむろしていたら、昼休みはホルンのレッスンがあったことをすっかりわすれていて、終わる10分前という時間に駆け込み、ホルンのもっとも古い楽器(角笛)を吹かせて頂いたりして遊んでいました。人骨トランペットもいずれ吹いてみたいですね。

3限はイタリア語
再帰代名詞でした。フランス語と構造は大体一緒みたいらしいですが、間接目的語の幅が広いみたいですね。

4限はフランス語、ちょっと中級にしては簡単すぎるのですが、、まあ簡単なレベルをしっかり身につけるのが今の目標なので、もしかしたら丁度いいかもしれません。

5限以降はアンサンブルイティネレールの公開講座。
去年、トリスタン・ミュライユが来たときよりもかなりフランス語が聞き取れて嬉しいですね。野平先生の訳とフランス語の相違も聞き取れて、勉強になったのと同時に野平先生の凄さが改めてわかります。
楽譜が見れたのはとても嬉しいことでした。また、演奏者に少しフランス語で質問できたのは光栄です。
演奏は素晴らしくて、情熱が感じられました。本当に現代音楽と向き合って演奏する、ということに日本ではあまり出会わないような気がしていましたので、かなり良い経験になりました。

その後、日野原先生と鈴木純明先生と3人で飲みに行きましたが、いろんな話を聞けて、やはりこれも勉強になりました。叱られっぱなしでしたが・・・、

今日はとても得ることが多かった一日だと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 詰まった!! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。