詰まった!!
僕の窮屈な頭蓋骨の中身。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
音楽の記憶
僕が持っている一番古い音楽の記憶・・・、なんだかわからない。どれが一番古いのかわからない。こんな光景。

ピアノの椅子が高い。よじ登れない。アップライトピアノの鍵盤を見ることもできない。でも鍵盤の構造は知っている。手を伸ばせばぎりぎり届くし音を鳴らすことはできる。多分黒鍵も。自分で鳴らしたい音を捜し、自由に、自分が思った通りに弾く。曲を弾いていたのかどうかはわからない。でも楽しい。まだ幼稚園にも行ってなかった頃だろう。一日中ピアノで遊んでいた。

五線紙がある。全音楽譜出版社の楽譜を見よう見真似で写したり、加線が好きで、何本も引いていた。メトロノームの最速が208だから208をよく書いていた。数字があれば必ず足し算もする。調号には何か規則があるらしいとは思いながらも、それはわからないので、適当に書く。良い曲が書けると信じていた。
部屋にいて、二段ベッドの下でお母さんがいる。お母さんは椅子に座ってCDをかける。ヘス編曲のバッハカンタータ147番のコラール。「主よ、人の望みの喜びよ」という題名も好きだった。短調になるところがすごく切なくて、身がよじれるような感覚。それからショパン。ノクターン、バラード、ずっと好きだった。

先生について、40分のレッスンのうち、半分は楽譜を書く時間。防音室のなかにグランドピアノがあって、引き出しのような机。弾いたり書いたり。終わったら姉のレッスンを待つ。火燵の中でぬくぬくと。防音室から聞こえるピアノの音でうたた寝。


どれも4歳で幼稚園に入る前の話。ひらがなも知らない頃。頭の中は、ピアノと数字でいっぱい。ピアノは大好き。数字で遊ぶのも大好き。五線紙を前にすれば一流の作曲家になったつもり。将来はピアニストか算数博士になりたいと思っていた。宇宙にも出てみたかった。

自分のことが大好きで、この世界も大好き。外に出て、優しい太陽の光と、涼しい風。地面に顔を付けて、蟻と同じ視線で蟻と遊ぶ。隣の家の庭の花を一つ失敬して蜜を吸う。庭の草をじっと眺める。

家の床の模様に規則を発見しようと必死。床にビー玉を転がしたりする。飽きたら数字かピアノ。ふと思い付いたら五線紙。犬と戯れたりもする。

犬に乗ろうとしても逃げられる。散歩で引き合いになったら良い勝負。

近くの公園で高いところから町を臨む。

隣町の鉄道が見える。近所はほとんど草村。だってまだ新しい町。家も人も少ない町。知っている人は家族と隣と向かいだけ。

こっそり祖父母の部屋に入って、遊んでもらう。麻雀牌を使った簡易な遊び。

床の模様、壁の染み、土、昆虫、草、そういう小さなものが、どこまでも大きく見えて、どんな小さな世界が広がっているんだろうと想像。いくら見てもまだ先の小ささがある。

星を見ればその神秘と不思議さに圧倒される。

夜は祖母の語る物語

もしくはCDで聞くピアノ

布団の中に入って、世界で一番幼い自分。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 詰まった!! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。