詰まった!!
僕の窮屈な頭蓋骨の中身。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夕の素描III
III
      赤い光が射してくれば
せつなくさんらんする幻…… またふっと
だれか彼岸花を捧げていった
……闇の冷えそめる庭々で
水滴はしたたり打ってゐる しとった泥を
声よさびしい声よ
すこしづつ
すこしづつ
ぼくのからだが侵されてゐる


2/4の日記の夕の素描から3つめ。
すばらしい日本語で、読めば読むほど感動してしまい、今、虜になっています。
こんなに綺麗で美しい日本語があったのかと、心から感動したのが、
「せつなくさんらんする幻」というフレーズ。
「赤い光」という描写は、夕焼けのイメージよりはむしろ神聖で無機的なイメージを呼び起こします。
その直後にくる、「せつなくさんらんする幻」という、ひらがなで優しい世界、ぼやけたような世界が一気に広がり、読者を未体験の地平線に連れ去ってしまうようなそんな感覚。
この文の視覚的イメージもすごい。
……の使い方・・・、「赤い光」の配置、ブログでは縦書きで書けないですから、ここから本当の文の形状の美しさは感じとっていただけないのが残念ですが、このはじめの空白と、……が、どうしようもなく幻影的で、夢のような表現です。
そんな遠大で非現実的な幻想・・・そこに、「誰かが彼岸花を捧げていった」という現実的で鮮明な描写。
そして「闇の冷えそめる」と背景の色が一気に暗くなります。もはや時間芸術の領域で、2次元的な時間を高いところから見下ろしているような浮遊間を受けます。
「水滴」「しとった泥」と、さらに世界は小さいほうに拡大され、誰かもわからない声…実際にある声ではないような、「さびしい声」
その後に関しては僕は分析も何もできません。「僕」が誰かもわからない。侵されていると言われてもそれはわからない。
ただ、この詩の美しさ・・・寂しさ・・・そういうものに、僕がその世界に侵食されていくのがわかるようです。

「せつなくさんらんする幻」

この日本語の美しさに出会えたこと・・・
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 詰まった!! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。