詰まった!!
僕の窮屈な頭蓋骨の中身。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
明後日はいません。
今日二度目の更新となりました。
明日は親戚の家に泊まるので、明後日、家にいません。
でもブログは携帯電話から更新しようかな。

今日は、3時に出かけて11時に帰ってきました。
いった場所は東京芸術劇場。
中国の女性にピアニスト、チェン・サって人が演奏、
演奏した曲は以下のとおり
ベートーベンピアノソナタ23番(通称:熱情)
ショパンの幻想ポロネーズ
ショパンのワルツ全19曲

技術的に飛びぬけて難しい曲ではないため、逆に実力差がでやすい曲が多いですね。
ベートーベンのピアノソナタは、私が想定していた完成図とはちょっと違っていましたが、まったく癖はなく、聞きやすかった。
3楽章でリピートがなかったのが残念。
幻想ポロネーズは初めて(じゃないかな?)聞いたので、なんとも言えませんが、音が響きすぎてるような・・・。会場の問題だと思いますが。
ワルツは知っている曲が9曲位だったので、半分は知らなかったわけです。おかげで、次の曲にいつ行ったのかわからなくなったり。
つなぎやすい曲は、1秒の休憩もとらずそのまま次の曲にいってしまったりして、混乱したりする。
でも、その順番に違和感はなく、順番の組み方はすばらしいと思った。
弾き方は、優しく弾いてる感じがした。でも癖はない。

震える曲が3曲あった。
ピアノソナタと、幻想ポロネーズと、ワルツのイ短調。
イ短調といっても絞りきれないかな?
非常に簡単な曲なんですけど、ちょっと思い入れがあったりして、感動した。
思い入れがなかったら、ただ単にやりすごしていたかもしれないけど。
でも感動した。

以上。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 詰まった!! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。