詰まった!!
僕の窮屈な頭蓋骨の中身。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日の答え?
昨日の記事にコメントが二つもあってビックリ。

一つ目は水中花さんですね。

>最後に生き残ってたほう。

>ちょっと軍事的に言うなら戦略目標を達成したほう。

いわゆる勝てば官軍的な考えですね。
一番現実的だと思います。
でも、日本の教育って、なんかいじめられてるほうが正しいみたいな方針ですよね。あれも謎ですけど。

次は17cmさんですね。敬称をつけてもいいのかな、この名前。

>こういうの好きだな・・・
>一つ目の話って宇宙人弱かったんじゃなかったのか・・・?
>この話を道徳的善悪で語るってことは、道徳の定義をどう設定するかによって結論がいくらでも変わるんだよね。
>例えば自分の自由を擁護しながらも相手側の自由も尊重した上でと協調することが善悪の境界線なら、この話喧嘩両成敗的にどっちも悪になったり。別に自分達の生物種を守るのが正義だってことになったら勝った方が正義とも捉えられるし、又自分達の種を守ろうとした両方が正義だとも考えられる・・・
>結局は人の思想によってこの問題の答えはいくらでも変わるし正しい答えも無い。
>ある意味不毛だが、こんな問題には世の中にも溢れてる、というか人の思想に関わる問題は大抵不毛だって法則が・・・
>でもだからこそ面白いんだが。

不毛な論議は承知の上です。
とらえ方によっては、どちらも悪になるし、どちらも正しくなるってことですね。

、、、あと、宇宙人弱いんじゃなかったのか、っていうのは、もともと弱かったけど、窮鼠猫を噛むみたいな感じで、まあ、共同の敵が出来たら団結力が高くなって強くなる、ってこともあるし。


私は、もはや道徳もなにも、宇宙の運命に従って動いているから悪も正もない、と感じるようになってきました。
果たして運命は決まっているのかな・・・。

運命を決める神はいないって誰かが証明してたような気もしたけど。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
>なんかいじめられてるほうが正しいみたいな方針

この国には判官贔屓という言葉があってですね(ry
国際戦略論とか軍事学の本ばっかり読んでたらこんな考えになっちゃいました。
2007/02/04 (日) 15:34:53 | URL | 水中花 #6jBViyn6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 詰まった!! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。