詰まった!!
僕の窮屈な頭蓋骨の中身。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
娘?
今朝の夢、自分に娘がいた。血がつながってるかどうかは不明。(拾い子&養子の可能性あり)

それはともかく、最近の夢は、全部二部形式になってるなぁ。

核爆弾がおちるやつは、
①爆発を未然に防ぐ
②3発おちる
の二部だし

まぁ、いろいろと。

今日の夢はおそらく2分くらいの短いストーリー

前置きはあったのですが、わすれました。
多分、親戚の家かどこかにいたのですが、その後、自転車で、眼鏡屋に行くんです。途中の道がややこしくて、知らないような場所なのに、どんどん進んでいくと、眼鏡屋がありました。
そこの繁盛具合がやばくて、眼鏡を直す?列がすごーく長いんです。
そこで、順番を早くしようと、知り合いのところに割り込み合戦です。
私は目の前で2回割り込まれたので、私自身が、母親のいるところまで割り込みました。

このあと何したのかな?

眼鏡屋から出て、かえるとき、母親と一緒に自転車に乗って帰ります。
途中で、母親を見失いました。
そして、私を呼ぶ声が聞こえます。
大きい木の上から母親が呼んでいました。

そこで、父親とであい、いっしょに家に帰ります。
帰る途中、何かを話したのです。

父親は、ひどく怒っているのですが、誰を対象にしているかというと、私の娘?に、なんです。
しかし、父親は、自分の娘であるかのような言い方をしていました。

家につくと、私と父親は、私の娘?の部屋に入っていきました。
彼女はTVゲームをしていました。
父親は、自分の部屋?に私の娘?を連れ込んでいき、
殴ったりしていました。
4の字固めとかしてました。
すこしやりすぎだったので、私は諌めたのですが、聞くような状態じゃなかったので、私が、父親を殴ってとめました。
しかし、そんなことは気にせずに父親の攻撃は続いていました。
娘は仰向けに倒れて泣いていました。
そして、泣くのをみて、父親が攻撃をやめます。

娘「私を泣かせたかったの?」
父親「その通りだ」
といって軽く娘を殴ります。
娘がまだ首を起こしていると、父親がまた軽く殴ります。
ここで、父親が、「死んだ振りをしろ」
といいだします。
・・・ここで覚えていないが、言葉の応酬があった・・・
そして、娘が死んだ振りをして、終結しました。

私は父親をひどく憎んでいたのか、娘をかわいそうだと思ったのかしりませんが、そのときに、私は(現実世界の)母親に起こされました。

このままおきてしまっては、なんとも娘がかわいそうなので、
私は(現実世界の)母親に怒鳴って、5分間夢にもどる時間を貰いました。(謎)

しかし、もうそこで興奮してしまって戻れませんでした。
しかし、夢に非常によくにた仮想世界に入っていきました。
夢と非常に似た感覚で、視覚、聴覚は夢とまったく同じでしたが、
違うのは、物語を操作できてしまうことでした。
私は、娘を慰めましたが、それは、本当の夢ではありませんでした。
そして、後味の悪い終結を見せて、私は学校に行く準備を始めます。


今日は第三番Li
No.3,リチウム曲:最も軽い金属
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 詰まった!! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。