詰まった!!
僕の窮屈な頭蓋骨の中身。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
順序
学校の科目で、現在、実技以外のもので私のとっているものは、
現代文
古文
漢文
英語
数学
地理
経済
物理
化学
と言った感じです。
好きな順番に並べると
数学
物理
化学
経済
地理
漢文
古文
現代文
英語
という順序になります。決して成績とは関係ありません。
やってて楽しい順番です。
なぜこのような順序になるかは分かってます。
上であればあるほど、広い場所で通用するのです。(下のほうの国語系は無視してください)
数学の通用する範囲は、全ての場所です。
この宇宙の外であっても数学は絶対的な学問になっています。
物理が通用するのは、この宇宙の中と一部の別の宇宙です。
力学などは別の宇宙では通用しない可能性があります。
化学が通用するのはこの宇宙の内部だけです。
他の宇宙には電子や陽子などが存在する可能性が低すぎる上、存在したとしてもこのような性質を持つとは考えにくいものです。
経済はこの地球上と、一部のほかの生命系で通用します。
緻密な経済構成はおそらくほかの生命系でも通用するところはあるでしょう。
地理はこの地球だけに通用します。
ほかの生命系は、その惑星と地球の物質が非常に似ていなければいけません。可能性は経済の範囲より狭いでしょう。
国語系は、ある一定の国でしか通用しません。
一番狭い範囲しかありません。
さらに、その学問が通用する時間が一番短いのも国語系でしょう。
だから国語は嫌いです。
せめて一番広い範囲で通用する英語が上に来ればいいのですが、
英語はだめです。
苦手で嫌いです。
そろそろ直したほうがいいのは分かっていますが。
実用生活で役に立つのは皮肉にも国語、社会、理科、数学という順番にならんでますからね。
悲しいことです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 詰まった!! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。