詰まった!!
僕の窮屈な頭蓋骨の中身。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
音楽に関すること
今日、昼休みに久々に学校のピアノを弾いた。
曲目はアルカンの大練習曲(Op.76)の2番「右手のための」
もはや2ヶ月ぶりくらいでだいぶ記憶から吹っ飛んでた。
楽譜を見る余裕もない曲は暗譜が重要なので、結構大変だった。

それから、友達の弾くベートーベン変奏曲をいろいろ聴いたが、音楽性としてソナタには遠く及ばない気がする。
それにしても33の変奏曲の8変奏と10変奏の譜面がスッパリ飛んでいて、白紙だったのだが、これはいったい如何なることか。
しかし、出版されたのは昭和48年じゃあ、もうどうしようもないか。

一昨日の記事、HesではなくBではないか、という指摘を受けた。
たしかに正しい。しかしながらHesも正しいと感じる。
C Ces D Des E F Ges G As A Hes H
と並べると、Bという文字が出てこないので、相当違和感を感じるのは確かだ。
しかしながら、私の持っている楽典の本には、Hesと書かれていて、Bの文字はどこにもない。
ただ、記憶によれば、
B-durはよく聞くが、Hes-durはあまり聞かない。
よってやはりBなのか。

大練習曲3番を家で弾いたが、本当にゆっくりと弾いた。
指定速度の4分の1くらいだろうか。
しかし、この速度だといい練習になるな。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 詰まった!! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。