詰まった!!
僕の窮屈な頭蓋骨の中身。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うぬぅ
今日の一度目の文章、文字数1800字強、原稿用紙5枚分。
結構短めに書いたつもりであったが、しかし、文字数で見ると多い。

今日、朝、同性愛者はどのくらいの割合でいるか、と聞かれて、
1割程度だ、という意味で答えた。
しかし、これは、なんとなく嘘のような気がしてきた。

フロイトによるところから解釈すると、愛情(恋心のほう)は次のような状況ではもうすでに芽生えているらしい。

自分より優秀な人を、嫉妬するはずなのに、尊敬の念を抱き、半ば盲目的に、その人の言うことにしたがってしまう状況
や、
自分より劣等な人を、軽蔑するはずなのに、自分より優秀であると見立て、尊敬してしまったり、したがってしまう状況、すくなくとも劣等であることを欠点として見れず、逆に利点であるように感じてしまう状況
など。

もちろん、これは本物の恋愛ではなく、恋愛の転移によるものらしいが、転移であろうとなんであろうと、それはまぎれもないものであることには違いないはずだ。

さて、心当たりは無いだろうか。
無い人のほうが少ないはずなのだが・・・。

なお、フロイトによれば、男子が父親に反抗するのは、母への恋愛感情からくるらしい。
母への肉欲を邪魔する最大の敵は父親であって(当然のことである)、そのことによって父親を倒したい、殺したい、というような感情を得るそうな。
なお、フロイト自身は、姉を母だと思い込んでしまい、姉の夫にたいする敵対感はあったらしいが、父親に対する敵対感は無かったらしい。どうにも不思議な現象である。
まあ、だから、反抗期は思春期と一致する、ということで、つじつまは合っているのだが、どうもイマイチピンとこないのは当然である。
こんなこと、道徳的に言っても、そもそも自分の信念からして、拒否したくなるのは当然で(しないほうがおかしいと思う)、だからこそ、フロイトは医学会からのけ者にされるのだが・・・。
しかし、母親への恋愛感情の抑圧は防衛機制によってまた説明できてしまうから、もう逆らいようが無い。

ということは、小学校低学年の時、女性の先生にむかって「お母さん」などと呼んでしまって恥ずかしい思いをした人も多くいると思うが、いい間違いは無意識でありながらも、ちゃんと無意識という意識化にあるものからの発生なので、母親から先生への転移が起きてしまっているため(この部分は納得できる)、先生への恋愛感情も起きているということに。
(長い一文だった)

小学校低学年に、恋愛感情などあるものか、ということもあるだろうが、フロイトによれば、3歳の幼児から、立派に性欲はあるそうな。


しかし、突き詰めると、性的なことにしかたどりつかないフロイトなので、抵抗する人も多いことは容易に想像できる。
だから、逆にフロイト分析でフロイトはそういうことを考える癖があったのだ、みたいなことになっているが、そのこと自身フロイトは気づいていて、すでに論文にしてあるし、多くの精神患者にあてはめているので、そんなことはわかっているワイ、みたいな感じなのかもしれない。
そして、否定するのは、どうせ防衛機制からだろ、みたいなことになるのでは・・・。

心理学おもしろー
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 詰まった!! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。