詰まった!!
僕の窮屈な頭蓋骨の中身。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
知ってます?
今夜は実は、サンタさんの夜なんです。


クリスマス=キリストの誕生日
ですが、日本ではあまりそういうことを気にせず、とにかくこの日を祝う、という風潮があります。

そんななかで主役となるのがサンタ・クロース
赤い服はコカ・コーラ社の宣伝によるものだそうですが、まあ、そんなことはおいておいて、

サンタクロースからプレゼントを貰うのは子供の特権です。
サンタを信じる人だけがもらえる、そんな特殊なプレゼント。

だいたい、小学2~3年にもなると、疑いはじめるんですよね。
誰だってそうなんです。

でも、私は、サンタの正体がわからないまま、小学5年生くらいになって、ふとプレゼントが途絶えたんです。
楽しみにしてたのに。

気づかないうちに枕元に包装紙があるちょっとした喜び、あれを感じることなく、あったのは、ちょっとした喪失感でした。
そのあとプレゼントを探したことを今でも覚えています。


・・・アホらしいことかもしれません。良い言い方をすれば夢を持ち続けているともいえます。
今、テレビ番組や、家族との会話で、サンタの正体が話されると、とてもつらくなるんです。
その場ではただ笑って聴いているしかありません。しかし、本心では、そのようなことを言ってほしくないんです。
いくら、もう純真な心がないと言っても、この夢だけは、そのまま残しておいて欲しかったのです。

今でもその話はちょっと好きではありません。

・・・でも年が経つにつれて、夢が壊れてしまうのは仕方のないことなのでしょうか。



12月24日は、いつも早めに寝てました。
上記のような理由があるからです。

今日、この時間まで起きているというのは、この日は初めての経験です。
もしかすると、本当に夢が消えてしまったのかもしれません。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
小学校5年くらいで疑念を持ち始めたところ、父が何をとち狂ったか
「いいか●●(私の正式名称)、サンタは~次元(~は2桁以上の整数)の世界から時空を越えてやってくるんだぞ」

みたいな事を言われて再び信じてしまった白痴です。
俺も父親も夢のあるヤツだったんですね、数年前は・・・
2007/12/25 (火) 09:30:56 | URL | 17cm #-[ 編集]
二桁以上の整数ってところがやけに高尚ですね・・・。
26次元?
2007/12/27 (木) 01:32:14 | URL | えのき #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 詰まった!! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。