詰まった!!
僕の窮屈な頭蓋骨の中身。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うは、、誰にも利益ねえ
今日は日曜日、いつもの如く作曲の授業に通う予定だ。

朝8時ごろ起床。
まあ、12時25分の電車に乗ればいいか。
それにしても風が強い。
そういえば昨日電車が止まったらしい。大丈夫かな。

「風が強いから送ってあげるよ」
と母。
ありがたいことだ。
そのとき11時半。
姉も東京駅にいくらしいから、一緒にいくのかどうか聴いてきなさいとのこと。
「今すぐ出かけるなら、母さんが送ってくれるよ。どうする?」
「あと20分待って」
ということなので、部屋に戻り、ふと目についた携帯電話を取ると、電池がのこり少ない。
充電することにした。―これが後に、僕を大きく助けることになるとは思ってもみなかったが。

家族4人で、出かけたが、姉は途中で、DSが無い、と騒ぎ出す。とりあえず、僕を駅で降ろし、もう一往復することになった。
僕は駅で降りて、ホームに立つ。
電光掲示板を見ると、普段は、快速なのに、今日は普通だ。しかも、途中までの駅名が歌かれれている。
どうやら、風の影響である一区間が動かなくなっていたようだ。
駅員に、S駅までの止まっている区間を避けていく方法を教えてもらい、電車に乗った。
N駅で乗り換え。新宿まで行く。
ひと悶着あったが、無事S駅に着いた。
授業はいつも2時20分から始まる。今は1時50分。15分くらい時間をつぶそう。
そして、2時20分ちょうどに先生の家に訪ねたが、誰もインターホンに出ない。
急いでメモ帳を確認すると、場所が違うではないか。
H駅に行かなくてはならない。
遅刻だ。
連絡を入れなければならないが、あいにく、その場所の電話番号を知らない。
親に携帯電話で電話をかける。時間はかかったが、なんとか電話番号入手。
電話をすると、
「場所も間違えて、しかも時間は1時30分だろう」
と言われる。
メモ帳をもう一度確認。
しっかりと1:30と書かれている。
「夕方になったら電話しなさい」
ということで、私は、H駅まで行き、Mcで休憩。
その間に課題を一つやったりして、4時半に電話を掛けた。
H駅近くの場所には掛からず、S駅近くの先生の家も出ない。
私はここで推理を働かせる。
H駅近くの場所では、先生は居るはずなのに、電話に出ない。
もしかして、今自宅まで向かっている最中なのではないか?
そうだとすると、私はバス代210×2の犠牲はともかく、大変なくたびれもうけだ。
4時40分に連絡。両方とも出ない。
4時50分に連絡。両方とも出ない。
5時00分に連絡。先生の自宅に電話が掛かる。
「えっ、いまSにいるんですか」
「そうだよ。電話しなさいと言っただろう」
「今すぐに向かいます。どうもすみません」
「駅に着いたら電話しなさい」
この間に、電話の電池はもうぎりぎり。家でわずかな時間の充電が私の運命を救った。
駅に着いたのが5時30分。
電話をかける。
出ない。
1分おいて電話をかける。
「ついたか。きなさい」
私は走って先生の自宅まで行った。
「普段なら授業料だけとって、帰ってもらうところだよ。君のためにとんだ時間の無駄だ」
もちろん、私が全て悪い。授業をやってくれるだけでもありがたいというものだ。
そして、肝心の内容は、
和声課題4つめ
「何とひどい内容だ!君はもうすこし頭良いと思ってたけど、こんなに悪かったの。
音楽ってのは違和感が無いようにできてるんだから。
現代音楽で違和感があるようなやつがあるけど、それでも良い現代音楽には違和感は無い」
・・・本当に返す言葉がありません。
それでも、Mcにて休憩中の対位法課題はなかなか良かった。
授業が終ったのが6時30分。
今日はソルフェージュはもともと休みだったのだが、いつも授業後に行くソルフェージュが6時00に終る。
つまり、今日は、いつもより2時間30分早く帰れる予定でいたのだが、実際は3時間20分早く帰れたのであった。しかし、実際には、いつもより30分遅くなってしまうということに。

このようなミスはこれ以降絶対に無いようにしなくてはならない。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
大変でしたね。お疲れ様です。
私もよくレッスンの時間を勘違いしてしまいます。注意が必要ですね。
2008/02/24 (日) 22:37:48 | URL | えなじ~ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 詰まった!! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。