詰まった!!
僕の窮屈な頭蓋骨の中身。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
不思議な感覚
アムランのプレリュードとフーガのフーガ部分だけを両手で弾いたときに、すごく不思議な感覚にとらわれた。

もしかすると、弾けるかもしれない。

そんな感覚。

今はまだまったく及ばない、曲まですごく遠い場所にいるのだが、確かに完成形が見えるような、そんな感覚。

いつも難曲と呼ばれるものを弾くたびに、こういう感覚にとらわれるが、アルカンの短調の練習曲10番や12番を弾いたときに感じた感覚よりも、さらに遠い感じだ。

小学生のときに、ショパンのバラード1番を初めて見たときの感覚に似ている。
結局曲として成立するまでに7ヶ月もかかったものだが、もしかするとこのフーガも、半年の練習を経て、曲らしくすることができるのかもしれない。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 詰まった!! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。