詰まった!!
僕の窮屈な頭蓋骨の中身。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
当地の人は大変かもしれないが。
今日初めて知ったことだが、ジンバブエが面白すぎる。

今のところ、インフレ率が、年間100000%(1000倍)になってるとか、一部の情報では、150000%になってるとか。

1USA$($の記号は数字の前につけるのが普通だが、この記事は日本人にとって直感的に、数字の後につけることにした)は40000000(4000万)ジンバブエ$(以下Z$)が今のところのレートらしく、
10000000(1000万)Z$札が発行されたそうな。
wikipediaでは、為替レートを通常のグラフでは表せず(表すのを適当とせず)、対数グラフで書いている。
それでも大体加速度的に上昇している。(それも3次とか4次関数的な)

卵ひとつが5000000(500万)Z$、レストランで食事をすると、1000000000(10億)Z$にもなるとか。
もっとも、1000000000(10億)Z$を日本円に直すと、約2500円、0の数に圧倒されるだけで、たいしたことはないんだが。

白人の激減によって、産業は成り立たなくなり(経済成長率-14%)、国民の生活はもう大変。
石油1ℓを買うのに、ちょっと前まで150000000(1億5000万)Z$だったのに、すぐに900000000(9億)Z$になったとか。

政府は、政治家に払う給料を作るために、お金を発行し(この発想が神)その額、1000000000000(1兆)Z$
もっとも1000000000000Z$といってもたいした額ではなく、$25000、日本円にして、2500000(250万)円である。政治家一人を半年も持たせられない。
大統領は、さらに、1000000000000(1兆)D$を発行すると言ってるようだ。

大統領選は目前らしいが、何しろ現在年率100000(10万)%のインフレ、そして、年率も加速度的(1年前は年率1280%くらいだった)に増えているのだから、もし1年たったら、1$=1000000000000000(1000兆=10^15)Z$くらいになるのは、自明である。
もし、新しい紙幣を発行しないと、最高の紙幣が10000000(1000万)Z$であるから、
ただでさえ、レストランで食事をするのに100枚の紙幣を並べなくてはいけないのに、一年後は、500000000(5億)枚の紙幣が必要となり、紙幣の厚さを0.1mmとすると、50kmの高さを積み上げなければならず、これをレジ代の上に置くのは不可能である。
紙幣に使われる木の伐採も半端な量ではない。
もっとも木を1本切り倒すのにかかる費用が絶対に木の体積より大きくなるから意味がないのだが。

笑えるのは、最小単位は1ジンバブエセントであるということ。

もっとも使うわけには行かず、(レストランで食事するときに、これだけで払うと1000億枚、重さは1枚2gとして、200kt(20万トン)も支払わなければならないのだから。)このセントは、カジノのコインとして使われているらしい。

現在にもそんな国があると思うとびっくりだ。

なんと数学的な国であることか!

(面倒くさいのは承知で、0を並べた。実際のジンバブエの店の感覚を味わっていただきたかったのだ)

追記:このジンバブエドルは、実は数年前まで、USAドルよりも価値が高かった。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
なんか記事の修正ができなくなっているので、コメントで
追記2:最強のインフレは、US$1=460000000000000000000000000000ペンゲーらしい。
あと3年ジンバブエが変わらなければ、US$1=10^(40~50)に及ぶはず(もっと高いかな)だから、US$1=14.6×10^29ペンゲーよりは高くなれる。
見てみたいが、当地の人は見たくないだろうなぁ。
2008/03/30 (日) 10:37:04 | URL | えのき #-[ 編集]
超インフレやばいな
そういうのって新しい貨幣単位を作ったりしないんだろうか
2008/03/30 (日) 14:04:56 | URL | えなじ~ #-[ 編集]
すでに、新ジンバブエドルというのを作ったそうだが、それでも追いついてない。上の話は新ジンバブエドルの話
2008/03/30 (日) 17:13:04 | URL | えのき #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 詰まった!! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。