詰まった!!
僕の窮屈な頭蓋骨の中身。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日書きたかったこと。
昨日書きたかったことのもうひとつ、思い出した。
ボロディンの、ФАЛЬШИВАЯ НОТА(不協和音)っていう歌。
はじめから最後まで、8分音符でF音が鳴り続ける。
ってアルカンのFa(Op.38-2)と同じ構成じゃん。しかも6/8拍子だし。

っていうことだった。
ただ、調整は、ボロディンのほうは、Des-durなのに対し、アルカンはa-moll。
Fは、ボロディンのほうは、3度音に対し、アルカンは6度音。どちらも使いにくい音には変わりないが、3度音のほうが融通が利かないかな。

まあ、それだけ。アルカンもやる人だなあ、と。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 詰まった!! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。