詰まった!!
僕の窮屈な頭蓋骨の中身。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
作品を書くに当たって
ようやく、作曲の授業で、自由に曲を書かせてもらえる段階まできたのはいいものの、なかなか難しい。

束縛は、バイオリンとピアノでかかれたもの、というところだけ。
暗黙の了解として、バロック~ロマン派に則った、つまり、和声構造がしっかりしている曲ということもあるだろう。(印象主義的なものは書いても仕方ないだろうし、現代~前衛音楽は論外)

で、いろいろバイオリンソナタを聴いてみたのだが、学校で借りてきたベートーベンのバイオリンソナタ全集は[disc2]がない!!(!!?)
一番聞きたかったバイオリンソナタ5番「春」が聞けないのでは借りた意味も半減というものだ。

仕方ないので、後期のを特に念をいれて聞いてみたのだが、なんかバイオリン独奏にピアノが雰囲気をつけているという感じがする。
かと思えば、バイオリンとピアノが同等に奏でたり、その対比はさすがベートーベン。

そして、バイオリンで思い出すのが、フランクのバイオリンソナタなわけで、これは前回の記事に書いたとおりなのだが、最後に聞いたのは、修学旅行(去年の10月)の帰りの飛行機の中。
一回目のループは聞き逃し、着く直前に聞き始めた、と思ったら、全部聞けてうれしかった。
ほかにショスタコービッチの序曲?もあったのだが、それもちゃんと聞いておけば良かったなあ。

某ブログに反応して、
カノンは、対位法の究極的姿であると言われることがある。
まさにその通り。
対位法とは旋律の組み合わせで、非常に高級な感じがする。
音楽の一番の見せ所は、やはり旋律であって、それが一度に二つも三つも楽しめる。対位法のすばらしさは語りつくせないほどだ。
思いついたもので言えば、バッハ:シンフォニア1番、マタイ受難曲1.「来たれ、娘たちよ、われとともに嘆け、ショスタコーヴィッチ:弦楽四重奏3番、ジェフスキ:ノースアメリカンバラード4番「ウインズボロ製綿工場のブルース」など
そして、対位法の各声部に統制をもたらし、一音たりとも無駄な音を作らない、究極の美しさを持ったものがフーガだ。
フーガは、始めに旋律を歌い、その後5度移調したものを歌い、主調で歌い、と順次声部を増やしていくのだが、その彩の変化は感動的である。
あらゆるところに主旋律が出てきて、それが変化しながら緊迫して開放されるというのは、まさにフーガならではのもので、これ以上にないほど感動的である。

フーガよりもさらに統制をもたらしたのがカノン!
ある旋律を歌い、少し遅れて同じ旋律を歌い始める。
じつは、まともなカノンをあまり聴いたことがない。
バッハのインベンション2番はたしかに前半は完璧なカノンだが、1声の部分、2小節間でひとつの物語が終わってしまっていて、カノンらしくない。パッヘルベルのカノンも同じ。こちらはさらにひどい。(だからといって音楽的に劣っているというのではない。音楽的には両者ともものすごく良いものだと思う)
やはり、カノンならゴルドベルク変奏曲なのだろうか。しかし、ゴルドベルク変奏曲を聴いても、カノンだという喜びが感じられない(なぜだろう。聞き方がわるい?)。
カノン風はいくつもあって、その導入は大好きなのだが、(アルカン:Op.65-6「舟歌」など)導入だけで、他は全く違うのが残念である。
というわけで、これぞカノンというのは、フランクのバイオリンソナタが始めてなのかもしれない。(ちなみに、ゴルドベルク変奏曲を聞く前にこの曲に出会っている)
カノンのすばらしさは、わかるのだが、身をもって経験したことがあまり無いため、いまいちぱっとしない。

だれか良いカノンの曲を教えてください。

ところで、対位法につきものの声部の独立。
これは、次のようなものによって阻害される。
平行進行
融和音程
あまりに三度の連続で動きすぎても一度にいくつもの旋律が歌っているという感動は覚えないし、
完全八度や完全同度で歌われても、二つの声があるとは思えない(完全五度も昔の人はそう思えたらしい)。
だが、僕は次のようなもので、声部の独立が際立つと思う。
音色の違い(歌詞の違い)
音量の違い
とくに音色の違い。
完全八度や同度で音色が違っててもそれはたしかに独立とは言えないが、少なくとも連続五度くらいは音色が違えば許される気がする(フランクのバイオリンソナタを見よ!!)。

まあ、音の3要素に同等の力を与えただけである。

それにしても音色を連続的に変えられる楽器ってないなあ。
音色って何次元に表せるものなんだろうか。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 詰まった!! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。