詰まった!!
僕の窮屈な頭蓋骨の中身。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
異常な夢を見た
ハっと気がつけば、牛丼屋?お好み焼き屋?ラーメン屋?といった感じの店に居た。
私は10人位が座っているカウンター席(席は20~30あった)に座っていた。
知っている人は誰も居ない。しかし、みんな妙に親しい空気が流れている。カウンターの中に居る人は35歳くらいのおじさんで、おにぎりをにぎっている。カウンターの席の後ろは畳がしいてあり、そこには階段があって、地下にいけるようだった。店の広さは20畳くらいの相当な広さで、長細い形をしている。ここはどこだかわからない。とりあえず隣の人がラーメンを食べていて、逆の隣の人はお好み焼きを食べている。私もそれにならってお好み焼きを食べた。すると、隣の人がデザートを頼んだ。私は何の違和感も感じなかったが、今考えてみると相当おかしなことを言っている。
「ミクロコスモスください」
そしてでてきたのは超巨大なデザート。
はっきり覚えている。
まず60cm×20cmの広さに高さ15cm位の水槽のようなものにケーキが入っている。
まず、下にスポンジがあってその上に、薄いピンクのクリームがあり、そのうえに大量のイチゴがある。その上にまたスポンジがあり・・・そして一番上は生クリームがしいてある。そして、右側にはブドウとサクランボ、木苺が並んでいる。ブドウはそのまま一つ乗っている。その奥には巨峰があったかな。そして反対側は私から遠いところだったのでよく見えなかったが、メロンが乗っていたような気がする。
印象的だったのは、真ん中に、二つ、コーンつきのアイスクリームが乗っていることだ(乗っているというよりも、生クリームにささっている感じである)。それもちょっと大きい感じがした。そして、果物とが乗っていない余白部分には、生クリームのデコレーションが少しだけあった。そしてついてきたスプーンは非常に巨大だったが、小さいのもあった。実際は50~60人くらいもしかしたら100人級のパーティーにあるケーキのようだ。だが、一人で食べていた。
ところで値段が気になるところであるが、値段はいたって普通。
もちろん
1525円である。
税込み価格だった。
異常な安さだが、私には高く感じた。私はラーメンやらお好み焼きやらを食べた。おそらく30皿は食べたと思われる。
そして最後にミクロコスモスを頼んだ瞬間

目が覚めた。

なんの夢だったんだろう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 詰まった!! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。