詰まった!!
僕の窮屈な頭蓋骨の中身。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
消えたターゲット
人をはめるためだけに作った詰将棋、いや、詰む将棋か。
解かなければ罰ゲームみたいなノリになって(解かれたらこっちが罰を被う)、
次の三条件を目的に詰む将棋を作ってました。
・解く気にならない初形
・誘い手が多い手順
・冗長な手数の長さ
誘い手が多いのはともかく解く気にならない初形っていうのがひどい(笑)
解けなかったら罰なんですから当然解けないような図を出すのは自然の摂理で・・・。
もちろん大道棋みたいな感覚ですけど、初形なんて全く気にしない。
で、同級生のB君を目的に作った問題があったのですが、
学校に来ない・・・。
このまま頭から図を抹消する前に、最後の輝きを見せようか、と。
ターゲット用

何手でしょう。実際のところ私にもわかりません。収束は余詰ばっかし。不詰ってことはないので安心を。どちらかというと玉側に注意。

おもしろいから張り続けてる→banner2.gif


昨日の解答
21手

▲7一金
△同玉
▲6一香成
△同玉
▲6四飛
△7二玉
▲6ニ飛成
△8三玉
▲8二竜
△7四玉
▲8四竜
△6三玉
▲6四角成
△6ニ玉
▲7三竜
△6一玉
▲5二歩成
△同玉
▲5三馬
△5一玉
▲6ニ竜
まで21手。
6六においてある歩がちょっと不自然ですが・・・。
初手角成はすべて際どく(?)逃れています。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 詰まった!! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。