詰まった!!
僕の窮屈な頭蓋骨の中身。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
露骨
「それは露骨だろう」

「うん、もちろん露骨だ」

晴れ渡ったある日のことである。それはあまりに露骨なことであった。

「どういう風に露骨かも露骨だよな」

「それ自身が露骨だからなぁ」

雨になった。しかし、それはそれで露骨なのであった。

「どうしたらもっと露骨になるかな?」

「その方法も露骨だと思うが・・・」

雪が降ってきた。雪に照らされ、さらに露骨になった。

「もっと露骨にしたい!」

「露骨にそう思えるなぁ」

雹が降ってきた。あまりにも露骨な出来事であった。

「ああっ、露骨に壊れてしまう」

「しかし、壊れても露骨だよな」

砂塵嵐が吹いてきた。その量は露骨だ。

「おい、これはちょっと露骨じゃないか?」

「うん、あまりに露骨すぎて、面白みがないな」

酸性雨が降ってきた。ちょっと露骨すぎる。

「これまた露骨だな」

「もう露骨に止めたほうが良いって感じがするね」

ピーひゃらひゃら。これぞラーメン屋さんの真髄である。

見たか?いや、見えないだろう。その芳香な味わいのごとく、今日もまた過ぎていく。

聞いたか?いや、聞こえないだろう。その感触は、また時間を送る。

ずっと昔に起こったことのときめき。急に薄暗くなった脳内。

そこに光は差すか?いや、差さないだろう。それにしてはあまりにも単純だ。

そして夢はあるか?いや、無いだろう。もっと傍にある話なのである。

現実を直視せよ!また、そこから逃げ出すことも、チョコレートチップラーメン?

あまり嫌な事はしないほうが、とんこつラーメン。

わかったか?いや、わからないだろう。所詮、そのような味わいなのだ。

美味しいか?いや、まずいだろう。誰もチョコレート入りのラーメンなど食べたくないはずだ。

「冴えないほど露骨だな」

「うん露骨だ・・・」


ここは、九州の江戸島の話である。1752年6月10日、関が原の戦いにおいて、藤原不比等が聖徳太子を破ったことで歴史に残る吉祥寺橋。

その日、雪がふっていた。それは猛烈な雪であって、いかに藤原不比等といえども立っていることは出来なかった。また、聖徳太子はそのようなこと気にせず、藤原不比等に立ち向かっていった。これが、関が原の戦いの全貌である。

このような波乱な歴史を省みよ。瞬く間に、あなたは天上の人となり、雷を操ることができるようになるだろう。

意味は、整合性から生まれる。

ここに整合性はあるか?もちろんある。

ならば意味はあるのか?当然のことだ。しかし、意味から整合性も生まれる。

そこにある矛盾は月曜日に禿げることは無いの法則によって、示されるのである。

心無い人々よ。しかし、あなた達は、また月曜日に禿げる可能性を捨てているわけではない。

ちっちっち、これぞ時計の音である。

時計とは不思議なものだ。

露骨じゃないかね?

「うん、もちろん露骨だ」

それは晴れ渡ったある日のことである。そこに出ている太陽は、夜の間も見ることができる太陽。

78℃の温度を保ち続けながら、今日もまた全てを露骨にしていくのである。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
なんて露骨な文章なんだろう。
理解も露骨だ。
2008/09/05 (金) 00:14:51 | URL | gobrin #-[ 編集]
そのコメント露骨すぎるよ。
何がかも露骨だ。
2008/09/05 (金) 00:15:34 | URL | えのき #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 詰まった!! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。