詰まった!!
僕の窮屈な頭蓋骨の中身。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
認めること。
自分が、必死に抗っても、自己に勝てないことがある。

本来の意味は違うだろうけど、「自分」というのを、自己の一部分とし、その部分とは、表面的に考える(計算をするような、言語にできる考え)ということにする。

フロイト的にいえば、自我は、超自我には勝てないということだ。
そのさらに深い、無意識については、ここでは関係ないとして。

自我が、超自我に勝てなかったことを意識するのは簡単だが、認識するのは非常に難しい。
意識する時点では、まだ抗っているように自我が働くが、認識とは抗うことをやめ、認めることであるから。

誰に負けているわけでもなく、悔しいことも恥ずかしいことも無いはずなのに、認めることは心理的な苦痛を伴うことがある。苦痛というほど苦しいわけでもないが。



・・・この文章の真意をわかってくれることは無いように書いているが、書いていることが誰かに真意を汲み取って欲しいことの現われかもしれないね。

また、このブログの真意をこめた文章の真意は、大抵、くだらないことであることが多いが。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 詰まった!! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。